服装、ワンピース
婚活のノウハウ

王道が正解!ひとめぼれさせるお見合いファッション10選

お見合いは一発勝負。限られた時間の中で自分をアピールできないと、次のステップへつなげることはできません。自分の魅力を最大限に引き出してくれる服装をセレクトできるかが人生を左右するといっても過言ではないのです。相手を惹きつけ、「この人と交際したい」と思わせるためのお見合いファッションを見ていきましょう。

服装が第一印象を決める!結婚したいと思わせる服装とは?

お見合いファッションに個性は不要!王道で行くべし

男女の出会いにおいて第一印象は何よりも重要。まさに服装選びが運命を左右するのです。お見合いの場では、個性の表現よりもTPOに応じたセレクトができるかのほうがはるかに大切です。

服装を通して女性らしさや上品さをさりげなく印象づけ、「こんな妻がほしい」とお相手に思わせることができれば大成功です。お見合いに着ていくべき鉄板の王道スタイルをチェックしていきましょう。

お見合いの服装は控えめ、上品、フェミニンが鉄則

1 柔らかいピーチカラーは誰にでも似合う万能色

お見合いの服装の鉄板と言えばやはりワンピースです。お見合いの服装にはある程度のフォーマル感が必須ですが、ジャケットとスカートのセットだとどうしてもお仕事感が出てしまいます。

その点、きちんと感と女性らしさを両立させられるワンピースは問答無用で選びたいアイテムといえるでしょう。ピンクや白は抵抗があるという方には、あざとくならずフェミニンな印象を与えられるピーチ色がおすすめです。

出展元

関連記事

2 白のレーススカートで清楚さと色香を演出しよう

エレガントなレースのスカートを好きではない男性はこの世にいません。上品でありつつ、女性らしい曲線をさりげなく強調するタイトなラインやレースの透け感がほんのりとした色気を感じさせます。

ネイビーやブラックのレーススカートはオシャレですが、ダークカラーはお見合いの服装にはしっくりきません。やはり清潔感と清楚さのある白が断然オススメです。

出展元

関連記事

3 シンプルなラインが女性らしさを強調する

お見合いの服装は男性が好むテイストであることが重要ですが、男性の好みを誤って把握していると大失敗になりかねません。男はリボン、レース、フリルが好きだと思い込んでいませんか?

実は過剰なガーリー要素を苦手とする男性は多いもの。シンプルで上品な服装のほうがはるかに男性に好まれるのです。洗練されたデザインのワンピースは大人の女性にこそ似合うものですよ。

出展元

4 清楚可憐な花柄ワンピースは最強のお見合いスタイル

花柄×ワンピースという二大フェミニン要素を合体! 繊細なカラーと水彩画のように淡いタッチの一着を選べば、甘くなりすぎずどこまでも上品です。

テイストがフェミニンな分、余計な装飾のないすっきりとしたシンプルなデザインを選ぶのがポイントです。スカート丈もミニでは幼くなってしまうので、大人女子は上品な膝丈を選んでくださいね。

出展元

5 お見合いの服装では、ダークカラーは1点まで!

お見合いの服装では、明るい色味が大原則です。黒やネイビー、カーキ、グレーなどダークカラーはファッショナブルではあっても、お見合いの場にふさわしい色味ではありません。

出展元

どうしてもダークカラーのアイテムを取り入れたい場合は、1点のみに絞りましょう。暗い色味のアイテムは、ビジューが付いたデザインやレース、シースルー素材を選ぶなど、華やかさを出すことを意識して。

6 ロングスカートは軽やかさが命!

ロングスカートを選ぶ場合は、全体的に重い印象にならないよう工夫が必要です。チュールやシフォンなど、風に揺れる軽やかな素材のものを選んでください。

ダークカラーだと見た目の印象がどうしても重くなってしまうので、白やパステルカラーがおすすめ。カジュアルすぎる印象にならないよう、上半身はコンパクトにまとめましょう。

出展元

7 白×花柄のお嬢様コーデは好感度MAX!

白のトップスはレフ板効果で顔を明るく綺麗に見せてくれます。清潔感やピュアさを演出するのに、白は最も効果的なカラーでもあります。

全身を白でまとめるのは抵抗があるという方には、涼しげな色味のスカートを合わせて白の印象を中和するのがオススメです。白の入った花柄を選べば、トップスとボトムスがバランス良くまとまり、花柄でも落ち着いた上品な雰囲気に。

出展元

8 シフォン素材×ワンピースも色を選べば大人女子もOK

ふんわりしたシフォン素材に淡い花柄をほどこしたワンピースは女性らしさ抜群。長めの袖丈、膝丈で露出を抑えたデザインはとても上品で、大人の女性にもぴったりです。

フェミニン要素が詰まったワンピースを選ぶ際には、カラーまでフェミニンだといささかトゥーマッチです。ピンク系よりオレンジ系を選べば、甘いワンピースでもしっとり着こなすことができるでしょう。

出展元

9 白のワンピースにはあえてのかっちり感をプラス

白のワンピースを着ればどんな女性でもエレガントかつフェミニンに見えます。ただし、フリフリしたデザインやドレッシーな素材のものを選んでしまうと、お見合いの席では若干浮いてしまうでしょう。

白のワンピースを着る際には、ツイードなどハリのあるしっかりした素材を選ぶのがコツです。スカートのボリュームが出すぎると子どもっぽくなってしまうので、直線を意識したデザインがお見合いの服装にふさわしいでしょう。

出展元

10 セットアップでワンピとスーツのいいとこ取り

スーツのきちんと感とワンピースの女らしさ、両者の美点を併せ持つのがセットアップです。がんばりすぎという印象にならず、お見合いの場にふさわしい上品さを出せるのが魅力。

一揃い持っていれば、合わせる小物次第で様々なTPOに対応できる万能アイテムと言えるでしょう。カジュアルになりすぎないよう、ツイードやラメ入りなど特別感のある素材を選ぶのがオススメです。

出展元

あざとくてOK!お見合いの服装は男ウケ狙いこそ正解

男心をくすぐるお見合いファッションで良縁をつかめ!

お見合いの場では、個性の表現よりTPOに合わせた服装を選ぶ必要があります。「この人と結婚したい」と思わせるには、男性の好みのツボを押さえた服装をして好印象を与えることが重要です。

お見合いの服装としては、花柄や明るいカラー、ワンピースなどフェミニンなアイテムがおすすめです。色が甘い場合はシンプルなデザインのものを選ぶなど、トゥーマッチにならないよう上手に引き算することが大人女子の服装選びのコツです。

CeCe
都内在住ローンウルフ型webライター。得意分野は人間関係やライフスタイル、カルチャー情報などなど。現在は女性向けメディアを中心に執筆中。男女の複雑な心理の綾を明快に解き明かす手腕には定評がある。