オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

結婚相談所の料金が高い理由はなぜ?いい人はいるの?

お金、結婚 婚活のノウハウ

結婚相談所の料金の仕組み

結婚相談所は高いからいい人と結婚できるわけではない

お金

結婚するためにいろんな出会い方があります。友達の紹介、学校の同級生や同僚であれば無料です。

婚活サービスでも婚活パーティー、マッチングアプリ等は数千円で利用できます。女性なら無料のマッチングアプリもあります。

そういうリーズナブルな出会い方と比較すると結婚相談所は登録料が10万円前後で、月会費1万円前後、成婚料10~30万円と桁違いに料金が高いのです。

料金に関する誤解

  • 「こんなに高いから、いざとなったら結婚相談所に登録すれば結婚ぐらいできるだろう」
  • 「こんなに高いから、登録したらいい人に出会えるのだろう」
  • 「こんなに高いのだから、いいサービスなのだろう」

高いのでその分の見返りを期待して、高いから結婚できるとかいい人に会えるとか、サービスの満足度が高いとか思いがちですがこれは全くの誤解です。

結婚相談所のコスト=労力がかかるポイント5つ

1.集客コスト

スマホを持つ女性

結婚相談所が高い理由の最たる理由は、集客にコストがかかるからです。結婚相談所は高いですし、マッチングアプリと違って気軽に登録する方はいません。

事前に入会を検討している方は、複数の結婚相談所に話を聞きにいきます。それでも、結婚相談所は同時に2~3入会する方はいません。

入会検討中の方に時間をかけて説明しても、実際に入会するのは数人に一人ですし、問合せ事態ほとんどない結婚相談所もあります。

結婚相談所を利用する人は徐々に増えていますが、結婚相談所の数は5年で倍増しているので結婚相談所間の競争も激化しているのです。他業種から参入する場合もあれば、副業で開業するケースもあります。

個人経営の小さな結婚相談所のほとんどが会員が在籍している会員が5人以下だそうで、結婚相談所の売り上げで生計を立てているわけではないようです。さらに、結婚相談所を開業しても3年続く事業所事態も半分もいないそうです。

大手の結婚相談所でも、入会前に話を聞きに行ったらしつこく勧誘されたとか、資料請求をしたら電話がたくさんかかってきたなんて話も実際にあります。

会員を集めないことには会えませんし、ユーザーの満足度は低いでしょう。広告等、資料作成、ホームページ作成、SNS運用こうした労力があるから結婚相談所は高いのです。

2.入会時の手続き・登録の面談やプロフィール作成

結婚相談所

結婚相談所は登録後にも手間がかかります。マッチングアプリならばユーザーが一人ですべて登録します。提出するのも免許証などの身分証の写真をアップロードするだけです。

結婚相談所の場合は、独身証明書、所得証明書、学歴証明書、身分証などの証明書が必要になりそれらはすべて人が確認します。

「手厚いサポート」をウリにする高い結婚相談所の場合、プロフィール作成も担当者が介入します。ヒアリングをもとに紹介文を書いたり、写真撮影に同行したりします。

ただし、高い料金を支払っているから人気があるいいプロフィールになるとは限りません。もちろんプロフィールが上手な結婚相談所もありますが、あまり会員数が多くない結婚相談所はプロフィール作成の経験数が少ないのです。

3.開業コストや連盟に納める料金

結婚相談所を開業する際は、結婚相談所連盟というところに加盟金を支払います。結婚相談所連盟は10ぐらいあります。各結婚相談所のホームページに「IBJ」「良縁ネット」「BIU」等とかいてあるのがその結婚相談所連盟です。

加盟金は連盟毎に異なります。

会員1人が登録するたびに、連盟に登録料も支払います。

IBJ加盟の結婚相談所は比較的料金が高いですが、それはIBJが加盟金や定期的に本部に納める料金が他の結婚相談所連盟よりも高いからです。IBJの場合開業は個人160万円、法人300万円~です。

初期投資を回収するためにも結婚相談所料金は高めになっていることが多いでしょう。

4.お見合い調整の手間

男女のお見合い

結婚相談所とマッチングアプリは似ています。マッチングアプリはマッチングしたらメッセージのやり取りをして会う約束をします。

ここはマッチングアプリ利用経験がある方の中で結婚相談所に登録した方が「すっごく楽」と感じるポイントだと思います。

結婚相談所の場合はプロフィールを見て双方が「会ってみたい」と思ったらメッセージのやり取りはなく、初デートの集合場所、日程を決める一連のやり取りを結婚相談所が代行します。

IBJ等の仲人型結婚相談所の場合、担当者が会員に都合がいい日を聞いてお店を探します。場所もホテルのラウンジ等高級感があるところを使います。

リーズナブルな結婚相談所はシステムに都合がいい日程を入力して、システム内でお見合いを調整します。待ち合わせ場所も駅の改札前などを設定して、近くのカフェに入るカジュアルなお見合いでもよい場合ところもあります。

5.相手探し代行や距離感を縮めるためのアドバイス

デート、会話

結婚相談所では担当者が相手探しを代行してくれるところもあります。相手探しを代行するタイプの結婚相談所は成婚料もあり、料金も全体的に高いです。

リーズナブルな結婚相談所は希望条件を入力するとコンピューターが自動で条件に合う人を紹介してくれるデータマッチングという仕組みです。担当者が相手探しをする場合だと「塩顔が好み」という条件検索ではつかめない希望で探すことも可能です。※ただし、探すことはできても相手から「会ってみたい」と思ってもらえなければお見合いは成立しません。

結婚相談所の方のお話を聞いていると、「この人おすすめですよ」と言ってもほとんどの会員がすんなりあってみようと思うわけではないようです。

結婚相談所を使っていい男、いい女に合えるわけではありません。自分と釣り合う相手に会えるだけなのです。

担当者と相性がよくて、好みもくみ取ってくれるのなら結婚できる確率は上がりますし、早く成婚できるでしょう。相性のよしあしは結婚相談所の料金とは比例しません。

知らない異性と出会って距離を縮めていくためのアドバイスもしてくれます。

結婚相談所は安いから質が劣るわけではない

お金、コスパ

何度も繰り返しになるのですが、結婚相談所はいい相手と結婚できるから高いわけではありません。高い結婚相談所に入ったから、結婚できる確率が高いわけでもありません。

安い結婚相談所であっても、身元の確認をしっかりして、メッセージのやり取りがなくても相手と会えます。理想の相手の条件を入力すればコンピューターが自動で毎月条件に合う人を紹介してくれます。

「結婚相談所って高いな。どうしようかな」

と思っている方であれば、まずはリーズナブルな結婚相談所に登録してみることをお勧めします。人材総合企業エン・ジャパンが運営するエン婚活エージェントは登録料10,780円、月会費14,300円、お見合料・成婚料0円です。

それでも条件に合った相手を毎月6人以上紹介してくれ、気になる相手も毎月10名申込できます。こういうオンライン型結婚相談所は徐々に増えておりますが、エン婚活エージェントはオンライン婚活の先駆けです。

まとめ

自分に必要なサポートが整理されてから高い結婚相談所利用も検討してみては

リーズナブルなオンライン結婚相談所に登録してみたけれども、やっぱりお見合いは緊張するし、何を話したらいいか分からないとなればお見合い立ち合いサポートやお見合い練習を行っている結婚相談所に入りなおしてもよいかもしれません。お見合い立ち合いやお見合い練習といったサポートもある場合、料金は高いでしょう。

自分に必要なサポートが何か分かってから、高額な結婚相談所利用も検討してみてはいかがでしょうか。

高いからいいところと思って、自分に何が必要なのかも整理しないで登録するとお金を無駄にしてしまいやすいです。