メモを取る男性
婚活のノウハウ

独身証明書って何?どこで発行してくれるの?

『独身証明書』とは結婚相談所などで婚活する際に、法的に「婚姻関係」が生じていない人(つまり独身)であることを対外的に証明する書類です。取りに行くのが恥ずかしい人は、郵送でも発行してもらえるので気軽に入手できます。

独身証明書とは?なぜ必要なのか

本籍地の役場で発行してもらう手順を解説

『独身証明書』、聞きなれない人もいるかもしれません。その名の通りその人が「独身」であることを証明するものです。婚活する場合、ひょっとすると既婚者が遊び目的や怪しいビジネス目的で紛れ込んでいるかもしれません。

『独身証明書』の提出が必要な婚活では、少なくともその人が「独身」であることが公的に証明されますから、より真摯に結婚を考えている人が集まる結果になります。婚活サイトなどでは任意に提出することもできます。ただ、「恥ずかしい」という人もいますからここでは郵送等での発行方法についても書きます。

独身証明書を取得する方法

独身証明書の提示はなぜ必要なのか

調べる

婚活は「出会い系」ではありませんから、結婚を望んでいる独身の男女だけが行わなければならないものですよね。要は既婚者がいると婚活の前提が崩れてしまいます。だから、結婚相談所などフォーマルな婚活の場合、「私は独身です」という証明書を提出して、既婚者ではないことを最初に証明しないといけません。

「実は結婚していました」と発覚すれば、その人と交際している人のショックは甚大ですし、その人を紹介した結婚相談所等の信用問題にもなります。

かつては「戸籍謄本」の写しを結婚相談所などに提出していたようですが、戸籍には知られたくない情報も書かれています。実子ではない、親に離婚歴がある、あるいは「門地」の問題等。結婚すれば相手に打ち明けなければならないことですが、結婚相手とは関係ない人(

婚活関連業者)に知らせる情報ではありません。

「その人は独身である」ことだけが証明できればひとまずいいはずで、そのため「独身証明書」という様式が新しくできたという経緯があります。

関連記事

独身証明書を発行してもらう手順と用意するもの

調べる

独身証明書は「戸籍」に結婚していないと書いてあることを証明するためのものです。したがって、自治体の役所(区役所、市役所、町村役場)や出先機関(○○出張所)に行って請求、取得するのですが以下注意してください。

  • × 現住所(住民票がある場所)
  • × 実家の住所
  • 〇 本籍地

です。本籍=実家の住所という人も多いですが、違う人も結構います。これについてはご両親などに確認してください。現住所の住民票にも記載があります。これならコンビニで取れますからすぐに確認できます。

※かつては運転免許証に本籍の記載がありましたが(住所の下)、ナイーブな情報なので府現在は削除されています(そもそも運転に必要ないですし)。

ちなみに私の場合、実家の住所は

長野県松本市○○○

ですが、本籍地は

長野県松本市▲▲▲

で、いずれにせよ松本市なのですが、本籍地は聞いたことがない番地だったりします。

独身証明書は「本籍地がある自治体の窓口」に行って請求します。

請求方法ですが、住民票や戸籍謄本と同じく、本人確認書類(免許証、パスポート、個人番号カード)などを添えて申込書に記入します。住民票はマイナンバーのICカードがあればコンビニでも入手できますが、独身証明書は窓口に行かないと入手できません。

あと、独身証明書の申込書には「本籍」を書かないといけません(そうでないと自治体の人が戸籍を探せない)。実家の住所の人は問題ないのですが、私のように実家の住所とも違う人はあらかじめメモしておきましょう。

あとは、住民票の取得のケースと同様に、必要事項を書いて捺印すればすぐに発行されます。

様式は自治体によって異なりますが、 氏名・生年月日・本籍地(市町村まで番地等はない)

「~上記の者が婚姻するに当たり、民法第732条(重婚の禁止)の規定に抵触しないことを証明する。」

ということが書いてあり、自治体首長の押印がされています。

独身証明書を郵送で請求する手順と用意するもの

書類

独身証明書を手に入れるための大まかな流れは以上ですが、本籍地から離れて住んでいる場合、役所に行けない場合もあります。家族に内緒で婚活している人もいますからお願いできない、あるいは小さな自治体なので窓口の人に知られると恥ずかしいという人もいるでしょう。

そういう人のために、独身証明書は郵送で請求することができます。

本籍の自治体HPを見てください。そこに、独身証明書だけではなく各種証明書の郵送請求のページがあると思います。

例えば私の本籍地の松本市ならばここです。

松本市に請求する場合

そこから申請書をダウンロードします。

松本市の申請書

必要事項を記入して「独身証明書」欄に必要枚数を書きます。

  • 申込書
  • 独身証明申請書(次の章で詳しく解説します)
  • 申請料(300円前後。自治体によって若干違う。郵便為替、ないし定額小為替というものを郵便局で購入する)
  • 返信用封筒(切手も貼る)
  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなどのコピー)

を同封して、本籍地の自治体の窓口に郵送すればOKです。繰り返しますが、実家の住所ではなく本籍地です。
ややめんどうくさいのが郵便局で買う定額小為替。窓口の人に伝えると、発行してくれるでしょう。手数料として100円とられます。
ご結婚が決まった際にも、本籍がある役場から戸籍謄本を送ってもらいますので、独身のうちに覚えておきたいですね。

私であれば「松本市役所 市民課」に郵送します。1週間以内に独身証明書が送られてくるはずです。

独身証明書申請書の書き方

何だろう?

郵送で独身証明書を申請するための書類ですが、各自治体HPからダウンロードできるもの以外に、結婚相談所のHPからもダウンロードできるところもあります。

エン婚活エージェントのHPにありましたのご紹介します。
独身証明書申請書の見本ダウンロードはコチラ

などでも大丈夫です。

住民票などの場合と書くことは変わらないのですが、注意すべきこととして

  1.  本籍地を書く(繰り返しますが実家の住所でない可能性もあります)
  2. 戸籍筆頭者名を書く(たいてい、両親や祖父母ですが家によって異なります)

ことが必要です。これはご家族に聞くか、住民票で確認してください。迷うことはまずありませんので、上記①②をしっかり書ければOKです。この2つは婚活の先にある結婚時にも必要な情報なので(婚姻届けに書く)この際控えておきましょう。

独身証明書がいらないおすすめ婚活サイト

婚活サイト

結婚相談所は基本的に独身証明書が必要ですし、婚活サイトの中にも任意で提出できるところがあります。「独身です」と公的機関が戸籍を見て証明したものですから、遊び目的ではなく真摯に婚活をしています、という本気度は確実に伝わるでしょう。

個人的にはこのくらいで「恥ずかしい」「めんどくさい」と言っていては婚活はできないと思うのですが、そうはいっても「ちょっと・・・」という人もいるでしょう。その場合、独身証明書がなくても活動できて真面目な会員が多い婚活サイトとして以下を紹介します。

ちなみに、任意で独身証明書を提出できるサイトもあります。この場合提出すると、印がつくので本気度が伝わります。もし活動して、真面目な人が多く本気でやりたいと思えば、あとからでも独身証明書を提出しましょう。

 マッチ・ドットコム

アメリカ生まれの世界最大のマッチングサイトです。運営がしっかりしていて、アメリカでは結婚した人の数割がここで出会ったとも言われています。

独身証明書:任意

 ゼクシィ縁結び

リクルートが運営する婚活サイトです。リクルートと親和性がある層=キャリア志向でハイスペック、高学歴ですから、真面目でしっかりした人が多いと言われています。

独身証明書:不要

 YAHOOパートナー

Yahooが運営する婚活サイトで国内では歴史があり信頼度が高いです。Yahooアカウントなど事前準備が必要になりますが、ユーザアビリティーはさすがです。

独身証明書:任意

既婚者じゃない証明。出している方はそれだけ本気

恥ずかしいなら郵送でも送ってもらおう

婚活サイトで独身証明書が必須でないところもありますが、提出すればやはり「本気度」が高い人なのだということが伝わります。

手間もお金もあまりかかりません。婚活をするうえでもっと手間もお金をかかりますから、この段階でこういうことを避けていてはうまくいかないと思います。

恥ずかしいならば上述のように郵送でも簡単に請求できます。本籍のある実家に住んでいても郵送請求は可能ですから、まず独身証明書を手に入れて「婚活するんだ!」という動機づけにしてみましょう。費用対効果を考えたら、独身証明書を提出した方が絶対にプラスです!

松田謙太郎
旧姓松本。婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。かつては、お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆。研究の甲斐あり、2017年に見事に結婚。