好きかも、いいかも、上目遣い
婚活のノウハウ

結婚できた人が婚活の会話で気をつけていたこと5つ

「異性と何を話したら良いのかわからない」という人に向けての情報です。たとえ初対面の相手でも好感を持ってもらえる会話術を5つのポイントに絞って紹介します。とくに婚活中の方は、初対面の異性と会う機会が多いでしょうから、是非参考にしてください。

無理なく続く婚活の会話術

会話が弾まず緊張して沈黙が怖いのを克服する

会話があまり上手ではない人が婚活をするケースも多いですよね。異性との会話に緊張を感じてしまい、なかなか自分の良さを相手に見せるのが難しい人も多いでしょう。緊張の連続では婚活自体が嫌になってしまうかもしれません。

ここでは、婚活中のあなたが無理なく異性と会話できるように会話スキルアップの秘訣を5つに絞りました。

恋愛や占いの仕事で異性の本音を数多く聞いてきた筆者が、本当に求められている「婚活での会話」をお伝えします。

婚活は初対面の出会いの繰り返し

1.男女の違いを知り異性であることを理解する

考えるカップル

女性は会話に共感を求めることが非常に多いです。とくに女性が自分の経験談を話している時は、第三者の視点で話を聞いてしまうと相手との温度差が生まれてしまいます。

女性の経験談を聞く時には、あたかも自分が経験しているかのように話を聞くと良いです。そうすれば、相手が欲しがっているリアクションを取りやすくなります。女性がすすんで話をしている時には、まず共感することを意識していきましょう。反論や議論、冷静な意見などは求められていません。

逆に女性が男性の話を聞く時には、なるべく興味深く話を聞くのがお勧めです。少し体を前のめりにして、いかにも「相手の話に夢中になっています」とポーズをとるくらいで良いです。

男性がすすんで話をする時は「笑ってもらいたい」か「感心してもらいたい」のどちらかであることがほとんどなので、望まれているリアクションをしてあげれば好感度は上がります。

このように会話に求めるものが男女によって違うことを知っておくと、話題選びから変わるかもしれませんね。

関連記事

2.「つまらない」会話は話しすぎている

話す男性

会話が苦手な人ほど、会話が続かないことに恐怖を感じています。とくに婚活では相手が初対面のため「何か話さなくちゃ!」と焦ってしまい、苦し紛れに話題を提供することも多いです。このような流れで出てくる話題は、総じて「つまらない」話題であることが多く、二人の雰囲気を悪くしてしまいます。

また、苦し紛れで出した話題は、話に脈略がないことも多いです。話があっちに飛んだりこっちに飛んだりといった印象を相手に与えてしまうのも良くありません。

婚活中の会話は、量が多ければ良いというものではありません。内容のない10の話題よりも、相手の心に引っかかる3つの話題をした方が、はるかに相手からの印象は良いです。後者の方が「また会いたいな」と思ってもらえますよ。

3.個室は緊張する。緊張しにくい場所でお見合いしよう

食事

婚活で初対面の相手と個室で二人きり……これでは緊張しない人の方が少ないでしょう。たとえ普段は会話上手な人でもこのようなシチュエーションならば、持ち味が発揮されるかどうか怪しいくらいです。たしかに、婚活やお見合いでは静かな場所での会話が望まれがちですが、場所の影響で会話が続かないことはよくあります。

個室は初対面の相手で使うのではなく、ある程度仲が深まっている男女がさらに仲を深めるために使うもの、と考えておいた方が良いでしょう。とくに男性の中には「親しくなりたい女性とは個室で会う」という間違った常識を持っている人が多いので注意です。

では、どのような場所ならば、婚活中でもあなたの緊張が薄れるのでしょうか?

それは、あなたにとっておなじみの場所です。婚活で飲食店を利用する場合は、過去に何度も訪れたことのある店が良いですね。勝手を知っている分、余計な心配をする必要もありません。

いくら婚活とはいえ、初めて訪れる店で初対面の異性と会う……これって「初めての連続」ですよね。これでは緊張しない方がおかしいのです。

関連記事

4.会話の中に共通点を盛り込むようにする

好感度

婚活で初めて会った相手でも共通点が見つけると会話は一気に楽になります。たとえば、同じものに興味を持っているとわかればその話題で盛り上がることが可能でしょう。ただし、二人の共通点を探すために相手を質問攻めにするのは、良くありません。一つ質問をしたら、そこから話題を広げるのがベストです。

そのため、質問内容はどのような答えだったとしても話題が広がるようなものを選ぶべきでしょう。そして、相手の答えから共通点を見つけて会話を広げます。

では、どのような質問が話題を広げたり共通点を見つけやすかったりするのでしょうか?

  • 出身地
  • 休日の過ごし方
  • 学生時代の部活・サークル
  • 家族構成
  • 好きな食べ物「無難過ぎる」と感じてしまうかもしれませんが、このあたりの話題ならば広げやすく、かつ共通点も見つけやすいのでお勧めです。

    もっと相手に聞きたいことが他にあるかもしれませんが、共通点のある話題で一旦親しくなってからでも良いでしょう。

5.何人かと出会い練習して慣れ自然に話せるようになる

友だち止まり

婚活を通じて結婚をした人達は、結婚に至るまでにほとんどの人が10人以上の異性と会っています。50人以上という人も珍しくはありません。逆に、5人以下としか会わずに結婚に至ったケースは、かなり珍しいと言えます。

だから、婚活は最初から多くの異性と会うことを大前提とした方が良いです。婚活で会う最初の数人は、それこそ「練習」と考えるくらいで良いのではないでしょうか。

初対面の異性との会話はもちろん緊張しますが、数をこなすうちに段々と慣れてきます。大事なのは同じ失敗を繰り返さないことです。その意識さえあれば、少しずつ初対面の異性との会話もこなせるようになっていきますよ。

婚活はみんな初めて。初対面の会話はみんな緊張した

会話の内容より笑顔や気遣いが印象に残る

いかがでしたでしょうか。ここでの情報は婚活での会話の参考にしていただければと思います。ただし、あまりテクニックに溺れないことも大切です。

実際のところ、会話の内容よりも表情や会っている時の気遣いの方が、相手に好印象を与えることも少なくありません。とくに、笑顔が多い人ならばあまり会話が弾まなくても「また会いたいな」と思ってもらえることも多いようですね。会話術は表情や気遣いと併せて使ってこそ、大きな効果があるのです。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。