オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

経験者が教える!私は出会いのきっかけをこうやって作った

カップル 婚活のノウハウ

自分のいう「出会い」の意味を考え直す

出会いのきっかけが増えればいいの?と問いただしてみて

学生時代はクラス替えがあったり、サークルやアルバイトがあったりと出会いは山ほどありました。ですが会社に入るとそれほど人の入れ替わりが激しくもないでしょうし(例外はあるでしょうが)、社内でちょっといいなと思う人がいたとしても恋愛に発展するのが難しいこともありますよね。

大事なのは「出会いのきっかけがない」と嘆く時、「単純に母数が欲しい」のか、それとも「自分にマッチした人との出会いがほしい」と思っているのかをよく考えてみることです。

『とにかく出会いたい!』派と『効率よく』派は方法が違う

とにかく出会いたいなら数は足と手で稼ぐ

とにかく色んな人に出会いたい、という時期が人生の中で何度か来ることでしょう。日々の生活にマンネリを感じていることの現れかもしれません。

もしくは女性に慣れたい、どんな女性が自分にあうのかわからない、などという理由から出会いのきっかけを増やしたいという人もいるでしょう。

そういう方の場合はとにかく足と手で数を稼ぐことを意識してみて下さい。その方法は人が集まる場所に行くことと、アプリやネットを使ってとにかく自分から働きかけることが重要です。

では具体的にその方法をご紹介しましょう。

街コン参加するだけでは顔見知り以上になるのは難しい

よく出会いの場としてあげられる「街コン」。参加者の多くがその場で知り合った人と「顔見知り」「知り合い」以上になることが難しいはずです。

その場では「趣味は?」「どこ住んでるの?」「仕事は何してるの?」など当り障りのない話をしますから、それなりに楽しく会話ができたとしても、その人の核の部分は見えてこない。

また多くの人が「初対面の人用」の仮面をかぶった状態のまま人と接するんですよね。いつもよりノリのよい、テンション高めのやつ。初めて会った時はテンション高いけど、次会うと前の時どんなふうに過ごしていたか忘れてしまう、という方はいませんか?

だから次に繋げるアクションをきちんと行っておかないといけないわけです。連絡先を聞いても「この人、誰だっけ?」と後から顔と名前が一致しないこともしばしば。

できるだけ二人きりで話す時間を取り、その場で次会う約束を取り付けておく。もし忘れそうであれば、その場でLINEの会話をしてみるのも面白くて印象に残るはずです。

これは街コン以外でも同じなので、こういう集まりには、『参加したらきちんと獲物を捉えてくる』というつもりの意識で参加してみてくださいね。

じっくり探したいなら社会人サークル

私は社会人サークルに入っていて、そこでかなり多くの気の合う友人と知り合うことができました。

一回限りではないので先述した初対面用の仮面をつけないで済むし、そもそも同じサークルに集まってきている時点で少なくとも1つは同じ趣味を持っているのです。それは距離を縮めるにはいいツールですよね。

サークルの中には恋愛禁止というところもありますので(私の聞いたところではフットサルサークルで恋愛禁止のところがあったはずです)、そのあたりはきちんと見極めて。

ただ1つ懸念なのが、もし男女関係で何かあった際にはそのサークルもやめる可能性が出てきてしまうということ。なので、本当に自分がずっと好きだった趣味、というよりは、「やってみようかな?」と思ったものに初めてトライする方がいいかもしれません。

出会いは意外なところにも潜んでいる

他にも出会いのきっかけは日常に落ちています。

実は私の場合、毎週図書館に本を借りに行くのですが、そこで顔見知りになった男性がおり、その男性とは今いい関係を築いています。

また、以前の職場の近くのカフェで、いつも同じ時間帯で同じ場所にいたら「いつもいますよね」と男性に声をかけられたこともあります。

どんなところにでも、意外ときっかけって落ちているものなんですよね。最近はスマホばかりみていて全然周りを見ていない人ばかりです。

もっと視野を広げて、「あの人いいな」と感じたら自らアクションを起こしてみることが一番重要なのではないでしょうか。

最後に1つだけ女性に対してアクションを起こす時の注意点

よほど何か問題のある女性でない限り、男性の多くが思っている以上に男性から声をかけられたり、男性に怖い目に合わされたりしている人が多くいます。

そのために警戒心が強い女性や、男性から好意を寄せられることが怖いと感じる人もいることは事実です。

こちらからアクションを起こすことは重要ですが、きちんとお互いの関係性や距離感をわかった上で、相手が嫌がっていないか、内心本当に良いと思っているのかなどをきちんと判別できるようにしておいて下さい。

最悪の場合、トラブルに発展する場合があります。そうなれば女性側もそうですが、こちらも傷つきますよね。

ことを急がずに、また世の中でよく言われている女性像や迷信などに惑わされずに、きちんと一人の人間として相手を尊重しながら親しくなるようにしてあげてくださいね。それだけで、女性からの見え方も変わってくるはずです。

出会いのきっかけ作りと能動的アクションは必ずセット

数が欲しければ印象を残す、確実さが欲しければ慎重になる

とにかくたくさんの人と出会って女慣れしたいという人も、一人ひとり真剣に向き合って本当に自分似合う人を探したいという人も、やり方や過程に違いはあれど、まずは行動に踏み出して、素敵な人に出会えたと思ったら自分からアクションを起こすということは共通。

数が欲しければ、その数の中に埋もれてしまわないように自分なりの工夫が必要ですし、ちゃんと自分にあった人を探したいというのであればそういう人を探す目を持つことが重要なのです。

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活のノウハウ
シェアする
【この記事を書いた人】

理系クリエイター&ライター。ライター歴6年でコラム(恋愛、自己研鑽、ビジネス)、求人原稿、ゲームシナリオ等を執筆中。コラムでは感情論理にフォーカスし『本当に使える』記事を書くよう心がけています。

千鶴をフォローする
まりおねっと