相席、合コン
婚活のノウハウ

相席居酒屋に一人で行っても出会える?知っておきたい3つのコツ

出会いを求めて相席居酒屋に男性一人で行こうとする場合は、お店の選択に注意してあらかじめ戦略を持つことが大切です。相席居酒屋は「うまくいけば男女の出会いにつながる」場所です。過剰な期待はせず、「出会いがあったらいいね!」くらいの感覚でいてください。

出会いを求めて相席居酒屋に男性一人で行こうとする場合は、お店の選択に注意してあらかじめ戦略を持つことが大切です。相席居酒屋は「うまくいけば男女の出会いにつながる」場所です。過剰な期待はせず、「出会いがあったらいいね!」くらいの感覚でいてください。

話題の相席居酒屋に一人で行く前に攻略法伝授!

人気な相席居酒屋のシステム・口コミ独自調べ

最近増えてきた「相席居酒屋」ですが、評判がいいようで全国あちこちに出店されています。相席居酒屋は男性有料、女性無料が原則で、女性の飲食費は男性が支払い、全くの初対面同士がその場で話して、感じがよければ連絡先を交換して出会いにつながるというものです。

男性はチャージを支払い飲み放題、また料理については一部食べ放題以外、都度の支払いとなるお店が多いです。女性無料入れるところが多いです。一品料理は有料のところもありますが(食べ放題に含まれない)、まさか女性に払わせる男性はいないでしょうから、結局料理についても男性が払うことになります。

要はキャバクラに近いシステムですが、そういうギャル系ではなく、全く普通の女性と婚活パーティーのように知り合えるのが相席居酒屋の魅力で口コミも増えています。「婚活!」と前のめりにならない自然な出会いが魅力です。

結論は同性二名で入店のお店が多い

相席居酒屋ってどんなシステム・料金なの?

相席

システム

  • 男女が相席になりお話をします。
  • 30分以上経過すると席替えになり、その際に連絡先の交換をすることができます(ただし任意です)。

料金

  • 男性 30分 1500円~2000円 延長は10分500円(曜日や店によってやや異なる)
  • 女性 無料 いつまでいても無料

男性の平均客単価 男性1時間5000円前後

営業時間

  • 17:00~翌日5:00
    お店によって多少異なるので要確認

店舗

全国29の都道府県に出店。東京だけで20店舗以上あります。
店舗のホームページはコチラ

店舗一覧はこちらから

基本は同性ペア(あるいは三人くらい)で行き、二対二や三対三でお話をします。もし「このグループとは合わないなー」と思えば、時間にならなくても席替え可能です。

連絡先の交換や意気投合しての二次会はあくまで当事者の自発的意思によって行われるものなので、婚活パーティーのように誰かの番号を書かないといけないということはありません。いい人がいれば出会いにつながる、という気軽さから、婚活よりもハードルが低く、利用者は増えています。

男性もよく考えると一時間で3000円~4000円、これなら婚活パーティーと変わらないか安いくらいです。しかも飲み物(お酒)がついてくるわけですから、コスパが悪いわけではありません。ただし、その人のコミュ力がより問われるシステムになっています。

基本は同性ペア(あるいは三人くらい)で行き、二対二や三対三でお話をします。もし「このグループとは合わないなー」と思えば、時間にならなくても席替え可能です。

連絡先の交換や意気投合しての二次会はあくまで当事者の自発的意思によって行われるものなので、婚活パーティーのように誰かの番号を書かないといけないということはありません。いい人がいれば出会いにつながる、という気軽さから、婚活よりもハードルが低く、利用者は増えています。

関連記事

相席屋に一人で入店はできない理由

一人でスマホ

相席居酒屋の中でも最近急激に店舗数を拡大しているのが『相席屋』です。分かりやすいシステム、専用のスマホアプリなどがあり、効率的に異性とお話しすることができます。料理が食べ放題というのもポイントが高く、男性が料理の料金も負担するというストレスもありません。

一期一会の出会いに特化した、新時代の出会い居酒屋で、盛り上がっています。しかし、この相席屋、一人だけでの入店はできません。それには理由があります。

  •  女性がひとりで来ることはまずないから

男性と違い女性の場合一人で相席屋に行こうという人はまずいません。無料だからこそ、どんな男性がいるかわからず、変な男性に引っかかるのは避けたいですよね。男女一対一の席にはまずならないため、男性客のおひとりさまもお断りということです。

  •  お店が儲からない

男性からの支払いで成り立っている相席屋モデルでは、一人用の座席を確保するスペースがありません。四人掛けの席に一対一で利益が上がらないんです。男性一時間3000円ということは男女で1500円平均、居酒屋の単価としてはもうギリギリなんです。

以上の理由により『相席屋』では一人客をお断りしているようです。

しかし2017年にできた相席屋の新しい業態フィックスラウンジは一人でも入店できるようです。まりおねっとの取材記事があるので詳しくはそちらもご覧ください。

(1)一人で行きたいなら相席カフェを利用しよう

相席カフェロハス

相席屋のシステムは上記のとおりですが、相席システムを取っているのは相席屋だけではありません。例えば相席システムを採用する『相席カフェロハス』というお店が銀座と池袋にありおすすめです。

「お酒が出ない相席屋」という感じで、コーヒー紅茶などソフトドリンクとケーキが基本料金に入っています。こちらは、男性だけではなく女性からも若干の入店料金をいただくのと、一人でもお店に行くことができるのが特徴です。

料金

  • 男性一人参加:一時間2500円
  • 男性二名参加:一時間2000円
  • 女性一名参加:時間無制限600円
  • 女性二名参加:時間無制限400円

アクセス

  • ロハス銀座店 東京都中央区銀座6-4-12 KNビル4階
  • 電話03-6280―6637
  • ロハス池袋店 東京都豊島区東池袋1-7-10 鳥駒第1ビル4階
  • 電話03-6914-3543

となっています。

30分交代で席替えになりますから、かなり長時間話せる婚活パーティーのようなイメージでいるといいかもしれません。

女性完全無料ではないので「飯目的」はいませんし、飲むだけならばカフェチェーンのほうがコスパいいですから、出会いを(それとなく)求めている人が来ていますので、マッチングのチャンスが多いのと、男女ともに身分証明書の提示が必要なのでアヤシイ目的の人は排除されます。「ロハス」という響きも、ミネラルウォーターみたいでオーガニック、健康志向の女にマッチングするかもしれません。

公式ホームページはコチラ

(2)相席バーのORIENTAL LOUNGE

オリエンタルラウンジ

東京、大阪のほか名古屋、福岡、札幌などにも出店している相席バー「オリエンタルラウンジ」も一人で入店ができます。

高級ホテルのバーのような高級感がある店内です。

システム

  • 営業時間18:00~翌5:00
  • 入店ジャージ料 男500円 女500円
  • 飲み放題 男10分200円 女無料 (一部有料ドリンクもございます)
  • 相席平日 男10分600円 女無料 (気になる女性がいたらスタッフに声をかけると相席にできます)
  • 相席金・土・祝前日 男10分700円 女無無料

 お店のHPはコチラ

(3)一人ならほかの男性を誘って相席屋に行こう

男一人

相席屋は一人での入店ができませんが、二人以上ならば入れますし、そのペア(あるいは三人~四人)が「恋人がいない未婚者」でなければならないということはありません。

つまり恋人がいる男性や既婚者でもOKなんです。

「それはよくないのでは?」と思われるかもしれませんが、事情は女性陣も同様です。余裕がある彼女持ちや既婚者にサポートをお願いして行ってみるという方法があります。

これが使えるのは相席屋(相席居酒屋)だけで、婚活パーティーなどでは独身証明書の提出まで求めることは少ないですが、バッチリ身分証明書で本人確認をします。

でも相席屋では本人確認を行いません。なぜなら居酒屋だから。20歳に見えない人には免許証の提示を求めるかもしれませんが、明らかに大人の人にはそれはないですよね。ただ、女性の飲食費を男性が負担してその場で連絡先交換OKの人が来ているだけです。

 口コミから分かる60 分勝負

二次会

相席居酒屋、あるいは相席屋は長時間いれば出会いにつながるかというと、そうでもないようです。口コミを見てみると、相席居酒屋攻略は60分で行うべきというものが多いみたいです。理由は以下の通りです。

①相席居酒屋はあくまで「一次会」

その場で連絡先を交換しても、そこで別れればまず次はありません。婚活パーティーでさえ、マッチングした人たちで(強制的に)連絡先を交換しても、結局やり取りがなくなり終了、というケースが多いです。

だから、相席居酒屋で仲良くなって、「二次会」別の店に行き、そこで一対一に持ち込むのが基本です(友人も別の女性と一対一になるわけです)。そうなれば交際のルートに乗ることができるかもしれません。

②メシモク女性の排除

女性無料の居酒屋ならば出会いを求めていない「飯目的」の女性を完全に排除できません。そういう女性に引っかからないようにするためには、一組あたりの時間を短くして「次のお店行きませんか?」とか「連絡先教えてください」と展開を早くします。

メシモク女性は次の展開を望んでないのですから、「もう少しここで」とか「連絡先はまだ・・」とかいうはずです。そういう女性ペアに遭遇したら速攻切って次の女性の席に行くこと、だから、短い時間で効率よく回転させるために60分です。

キャバクラに行っているわけではなく出会いを求めているわけですから、どんどんテンポよく行きましょう。

異性紹介業ではなくあくまで飲食店であることを逆手にとって、協力できる同性の友人、知人を誘ってみましょう。彼らも「面白そう」と反応してくれるはずです。

誰か男友達を誘って行ってみよう

期待はほどほどに。タダ飯目的の若い女性も多い

相席居酒屋あるいは相席カフェは「婚活!」と身構えるお店ではなく、カジュアルに「出会いがあればいいな」程度の感覚で行くお店です。

今回紹介したのは「婚活」の前に「飲食店」であり、既婚者や恋人持ち、メシ目的など本当に出会いを求めるならば、様々な駆け引きや経験値が必要になります。

だから、過剰な期待をして行くよりも、飲食したら出会いがあったら的な「棚ぼた感」で、ともかく友人を誘って女性と出会うための行動を起こしてみる、でいいと思います。

真面目に真剣に出会いたいなら初めから1対1で会う婚活サービスがおすすめ

相席居酒屋は連絡先交換をしてそこから次にデートに誘わなければなりません。もし、真面目に付き合える相手をもう少し効率よく探しているのであれば、初めから1対1出会える婚活アプリがおすすめでしょう。

ネットで知り合うことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。リクルートが運営する「ゼクシィ縁結び」なら初デートを仲介してくれるサービスがあり、会ったことがない方に連絡先を教えなくてもデートができます。

ゼクシィ縁結び 公式ホームページ

相席屋の出会いも婚活アプリも、メッセージのやり取りでデートまで自分でこぎつけなければなりません。そこが苦手なら結婚相談所に入ってしまう方が効率的でしょう。プロフィールを見て双方が「会ってもいいな」と思ったらメッセージのやり取りは省いて即お見合い日程調整に入ります。当たり前ですが女性もお金を払って登録しており本気で出会いたい方ばかり。

「え~!そこまでして結婚したいわけじゃなくいい人がいたら結婚したい」ぐらいの方も多いでしょう。結婚相談所は昔は入会金が10万円ぐらいする本気で結婚したい人が入る場所でしたが、今はフィットネスクラブに入るぐらいの費用で始めることができる結婚相談所もでてきました。

人材総合企業のエン・ジャパンが運営しているエン婚活エージェントは店舗がなくネットで完結する結婚相談所で入会金9,000円、月謝12,000円です。

エン婚活エージェント 公式ホームページ

松田謙太郎
旧姓松本。婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。かつては、お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆。研究の甲斐あり、2017年に見事に結婚。