オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

セフレどまりの女と本命になれる女の7つの違い

起こっている彼女・奥さん 婚活の心構え

セフレからでも本命になれることってあるの?

忘れられない女になって大逆転を狙おう

体は合っても心が通い合わないと、セフレから本命になることは難しいでしょう。

都合の良いときだけ愛される女がいつも愛される女になるためには、相手にとって忘れられない女性になるのが一番です。ですが、忘れられないポイントも男性によって異なるため、大逆転を狙うのもそう簡単なことではありません。

そこで今回は、本命にのし上がる可能性があるかどうかをチェックするために、セフレどまりの女と本命になれる女の違いについてご紹介したいと思います。

セフレで終わる女と本命になれる女の7つの違いとは?

1.教養があるかないか

男女のお見合い

本命の彼女であれば、いずれは結婚して二人の間に子供をもうけることになるかもしれません。そこで大抵の男が望むのが、自分の彼女には賢くて素敵な母親になってほしいということです。

飛び抜けて美人というのであれば別ですが、並の容姿であれば、教養があるかどうかを重視する傾向にある男性が多いでしょう。例えば、箸の持ち方が変とか、食べ方が汚いということで可愛くても本命に慣れないことも。

そのため、本命の彼女になりたいと思うなら、最低限の教養や常識は身につけておきたいですね。

関連記事

2.共感力があるかないか

男女の楽しそうな会話

女性なら、誰にでもある程度は備わっていると思われる共感力。ただし、セフレで終わってしまう女性は、共感力が人並み以下である場合があります。

例えば、不倫の恋に溺れているときなどには、相手と自分のことしか目に入らず、相手の家族の気持ちまで考える余裕がないのではないでしょうか?

卑怯なことかもしれませんが、不倫を迫るタイプの男性の場合、どうやらこの共感力が欠如している女性を狙って近づくケースが多いようです。

一方、共感力のある女性は、自分の欲望を優先させるよりも、他人の気持ちに敏感なタイプの女性です。そのため、セフレになって周りの人たちを傷つけるくらいなら、その相手との付き合いをキッパリ断る傾向にあると言えます。

関連記事

3.押しに弱いかどうか

カラダ目的・ヤリ目の男性

「もうひと押しすれば落ちる!」と男に思わせるような、隙だらけの女の子はセフレになりやすいのではないでしょうか?

ダメだとわかってはいても相手に嫌われたくないという思いや、いつかはセフレから本命に変わることができるのでは?という思いがあると、ズルズルとセフレの関係に引きずりこまれてしまいます。

反対に、本命として愛される女性は、男性からの誘惑や押しの強さに押し切られるといった弱さを見せることがありません。

もしも、自分が押しに弱いタイプであると自覚しているのなら、狡猾な男の餌食になってしまわないように注意したいですね。

4.「だらしない」か「きちんとしている」かの違い

モテない女性の外見

セフレどまりの女性は、すべてにおいてだらしなさが付きまといます。モラルも金銭感覚も、生活全般がゆるい感じにまとまっているのではないでしょうか。

一方、本命になれる女性は自己抑制を働かせることができるので、あらゆることにおいてきちんとしているという特徴があります。

結婚を前提に付き合うなら、家計を安心して任せることができる、きちんとした女性と付き合いたいとふつうの男なら考えるはず。

もしも、自分のゆるさが大らかさという美点だと勘違いしているのであれば、意識改革しない以上はセフレの関係から抜け出すことは難しいかもしれませんね。

5.中身のある人間かそうでないかの違い

男性がきれいな、かわいい女性に憧れる

体があればセフレになれますが、本命の女性は中身がなければ本命の女性にはなれません。中身があると一概に言っても、中身のぶ厚さによってはセフレと本命の分かれ道に立たされることになるでしょう。

セフレどまりの女性に関しては、極端に言ってしまえば男にとっては体がすべてで、ペラペラな中身はさほど重要ではありません。

しかし、本命になる女性であれば、中身も外見と同様に男性にとっては重要なポイントになると言えるでしょう。

6.将来について考えているかどうか

若い女性を羨ましがる30代

いまを楽しむ生き方と言えば聞こえはいいですが、刹那的に生きるタイプの女性は、セフレの関係を持ちかけるのにちょうど良いと男性から思われることがあります。

それは、関係を持った後も、あと腐れがない関係のままでいられるかでらでしょう。

一方、将来のことを真剣に考えている女性は、セフレからはじめる恋愛がふつうの恋のようにうまくいかないことを理解しているのではないでしょうか。例えば仕事に対しての意識や、親から精神的・経済的に自立しているか等。

仕事は非正規雇用や昇給のない事務職でいつか結婚するからキャリアプランなんて考えていなくて、娯楽に散財している女性は遊び相手としては楽しいかもしれませんが家計を共にする相手としてどうでしょう?

そのため、男の本命になれる女性は、少しでも自分にデメリットになるような関係は築かない賢明さがあると言えるでしょう。

当たり前ですが今より若くなれることはありません。年相応の人生経験があるのか、誰かに頼りきりではなく大人として自立しているのかというのは結婚相手として、いえ、結婚以前に大事なこと。

7.お金に執着しているかどうか

デート会計時の割り勘

お金が大好きな女性は、セフレどまりな可能性が高い場合があります。もちろん、男性から本命扱いされる女性であったとしても、お金が大好きだという女性は多いでしょう。

しかし、お金に異様に執着している女性は、男にあさましい印象を与えてしまいます。「もしかすると、ぜんぶ吸い取られてしまうかも?」と、身の危険を感じることもあるでしょう。

ですから、もしも「金の切れ目が縁の切れ目」なら、いっそのことセフレなどの浅い関係で終わらせるほうが気が楽なのではないでしょうか?

セフレから脱出して本命になるために

人間として成長していけば可能性はあり?

実際のところ、セフレから本命になるのは、至難の業と言っても過言ではありません。なぜなら、すでに世間一般で、まっとうと言われている恋愛の過程を踏み外してしまっているからです。

残念なことに、男は簡単に落とせた獲物にはすぐに興味を失ってしまうもの。そして、すぐに落とせた女性に対して、あまり高い評価をつけることはありません。

そのため、セフレになってから本命になろう思うのであれば、相当の努力が必要になります。また、本命からただのセフレに脱落しないためにも、いつまでも自分磨きを忘れないことが大切でしょう。

ですから上記のポイントに気をつけ、魅力的な人間として成長を続けていくのであれば、たとえセフレの関係からはじまった恋だとしても、大逆転の可能性はなきにしもあらずなのではないでしょうか。

安全に出会えるおすすめ婚活サイト12選

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活の心構え
シェアする
【この記事を書いた人】

世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。
勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。
いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。

有島ユウキをフォローする
まりおねっと