オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

婚活難民体験談・こうして僕は7年も婚活してやっと結婚できました

困る、不安 婚活の心構え

7年婚活して結婚した元難民からのリアルなアドバイス

婚活難民の最大の後悔は時間とお金の無駄遣い

お金

時間とお金は人生において限りある資産です。婚活が長期化することにより、この資産を消耗してしまうのです。

例えば出会ったばかりの相手であれば、通常デートは週に1回しかできません。

  1. 相手を見つける
  2. デートする
  3. 別れる

このサイクルを繰り返すと、あっという間に1年、2年と時が経ちます。さらにデート費用も馬鹿になりません。

長期化するとお金に困り、婚活が続けられなくなる可能性があります。本来であればあなたの時間とお金は、将来の家族に費やすべきなのです。2度と出会わない相手のために浪費している場合ではありません。

僕の婚活が長引いた最大の原因は高望みしなかったこと

婚活パーティー、デート
目的もなく婚活を始めていろいろな相手と出会う間に、女性に対して目が肥えてしまった。

振り返ってどうしてあんなに婚活が長引いたのか、理由はコレだと思う。

「あの時のあの相手が良かった…」と過去の相手を比べてしまい、現在つながりのある目の前の女性を軽視してしまうのです。僕はモテるわけでもないし、いい男でもないしハイスぺでもないのに、マイナスの意味で婚活で女性に慣れて出会いを日常の作業の一部にしてしまいました。

一度この泥沼にはまると、婚活は長期化するでしょう。

また次々と新しいお相手に出会ううちに、異性への目が肥えていきます。相手に求めるハードルが上がる一方で、あなた自身は歳を取ってしまいます。5年、10年という月日が経つと、あなたを取り巻く環境も次第に変化していくのです。

  • 老化により見た目が衰え、モテなくなる。
  • 婚活をする体力が落ちていく。
  • 持病の発症や両親の介護により、婚活の時間が取れなくなる。

こうして「自分の条件が次第に落ちる一方、異性へ求める条件が上がる」という泥沼にはまります。“もっともっと病“とも呼ばれるこの症状は、婚活が長期化する最大の要因といえます。

1度この悪循環に陥ると、そこから抜け出すことは困難です。だってプライド(と年齢が)高いし自分を変えられないのです。イタイですよね。仕事のミスじゃないので、誰も指摘はしません。

長期化しない最大のポイントは沼にはまる前に終わらせることです。

婚活難民の8つの特徴

1.理想のお相手がイメージできていない

料理

あなたはどんなお相手と出会いたいですか?「なんとなく」で婚活を始めてしまうと、いつまで経っても1人に絞り込めなくなります。

具体的にお相手の条件をイメージしておき、「この人だ!」と思った相手に全力でアピールして下さい。ここで理想のお相手をイメージする方法をご紹介します。

  1. 異性に対する理想の条件を紙に書き出す。
  2. その中で優先順位を付ける。
  3. その上位3つの条件を満たす相手を探す。

これだけです。

絶対に譲れない3つの条件を絞り、それ以外は目をつぶるのです。

譲れない条件を10個、20個と増やしていくとそれだけ結果が出るのに時間が掛かります。あなたがそうであるように、完璧な人間は存在しません。

完璧な女性は存在してもあなたとは結婚しないでしょう・・。

婚活では思い切りの良さと決断力が重要になります。

自分を過大評価している

男性の服装、鏡

自分を過大評価してしまい、自分に見合わない相手を追い求めてしまうと婚活を卒業することが出来なくなります。

恋愛は、自分と釣り合う相手としかできません。

婚活でも市場原理が働くため、ラッキーで自分に不釣り合いな異性と結婚する事は無いのです。

自分を謙虚に捉えましょう。「選ぶ側」ではなく「選ばれる側」になる気持ちを持ってください。選んでくれたことに感謝する事が大事です。

編集部より:婚活女性から10歳20歳年上の男性から申込が来て気持ち悪いという声をよく聞きます。仮にスペックが高くても気持ち悪いそうです。

減点方式で相手を評価してしまう

LINEの返信に悩む

これは女性に多いパターンです。

お相手がミスをするたびに減点をして「●●じゃない人がいい」と欠点に目が行くのです。

些細なミスでもこじつけるように言い訳をして、交際を終了してしまうのです。

これを繰り返すと、いつまで経っても婚活は成功しません。加点方式で考えて、相手の良い所を引き出してあげましょう。

すぐに怒ってしまう

あなたが周囲にすぐ怒ってしまうタイプなら要注意です。

怒りを抑えきれない人と付き合いたい人はいません。

初対面であれば尚更です。

  • 交際相手
  • 店員
  • 仲人やスタッフ

例え失礼な振る舞いがあったとしても、その場ですぐに怒ることは避けた方が良いでしょう。婚活において怒りは自分の首を絞める事になりかねません。

例えばあなたにアドバイスをくれる人に対して怒りをぶつけてしまうと、その後適切なアドバイスが受けられない可能性があります。

婚活のアドバイスの多くは耳に痛い場合が多いのです。婚活が長期化している方であればなおさらでしょう。

積極的にアプローチしない

スマートフォン・スマホを見る男性

理想の相手に出会うためには、自分から積極的に攻める姿勢が重要です。特に恋愛の経験が乏しい人は、自分からアプローチできず失恋を繰り返します。

例えばマッチングアプリで、プロフィール写真を映りの良いものにしていますか?「写真詐欺だと思われたらどうしよう・・」と思って映りの悪い写真を使っていると、良いお相手と出会うのに時間がかかります。

プロフィールの文章も謙虚すぎる人がいます。例えば「人見知りですが慣れたら冗談も言えます」みたいなものです。

「他の商品と比べてイマイチですが、気が向いたら購入してください」

というテレビCMを見たことがあるでしょうか?欠点があるのは誰しも同じです。自分の良い部分をアピールしましょう。

服装や髪型は整っていますか?婚活を行う間だけでも身だしなみには気を遣って下さい。もしあなたが「オシャレを頑張っていると思われたら恥ずかしい」と考えているのであれば、その考えは改めましょう。完全な自意識過剰です。

眉毛やヒゲ、顔の産毛にも気を付けてください。異性と会う直前にはトイレへ行き、自分の姿を確認しましょう。

あなたがもし婚活の中で好意を抱いた相手がいたら、相手にその事をはっきり伝えるべきです。

私は婚活の中で、好意を言葉に出して伝えるように心がけました。自分は相手のことを良いと思っていても、意外に気持ちは伝わらないものです。出会って数回の相手が何を考えているかなど分かりません。

気持ちをはっきり伝えないと、相手はあなたをその他大勢の1人と考えて離れてしまいます。

選択肢が多すぎる

連絡先交換、モテる、イケメン、パーティー

出会いがたくさんあれば、その分すぐに結果が出ると思っていませんか?実際はそうとも限りません。

選択肢が多いと、「もっと良い相手がいるかも知れない」と欲が出てしまいます。

その結果いつまで経っても1人の相手に絞りきれなくなるのです。

実は、昔モテたような恋愛経験が豊富な人やハイスペックな人ほど婚活長期化の泥沼にはまりやすいのです。

あなたが高年収や、社会的な地位が高い場合はそれだけたくさんのお相手が寄ってきます。現在つながりのある相手と別れても、ハイスペックな方にはきっと新しい出会いがあるでしょう。

一方で条件の悪い人にはそもそも選択肢がありません。今のつながりを切ってしまうと、次に出会える保証が無いのです。だからこそひとつひとつの出会いを大切にします。

「次に出会う相手の方が良いかも・・」と迷う余地が無いですからね。

既に長期化している

カレンダー、デート予定

あなたが結婚相手を探して婚活をしているなら、1年以内には婚活を終わらせるべきです。理想をいえば3ヶ月以内に良い相手を見つけて婚活を卒業した方が良いです。

長期化して良い事はありません。

それでは既に長期化している人はどうしたら良いでしょうか?

答えは「次に少しでも良いと思った人と結婚する」という覚悟を持つ事です。

一度長期化すると、文句の付け所がないお相手と巡り会う事は不可能でしょう。「次に出会った相手と結婚する」と心に決めてください。

結婚が怖い

結婚式、神社

「このままだと出会いが無い!」と考えなんとなく婚活を始めたものの、結婚を目前にすると不安が芽生えるものです。

  • 現状の生活環境が大きく変わる
  • 相手を1人に絞り込む
  • 経済面の負担が増える
  • 自由な時間を失う
  • 他人との共同生活が始まる

いわゆる“マリッジブルー”です。1人のお相手に絞り込み、新しいステージに進むにはリスクがあります。

結婚は決断力と思い切りの良さが大切です。

しかしどこかで決断をしなければ婚活は永遠に終わりません。

婚活難民を卒業して幸せを手に入れよう

たくさん出会えばいい相手に巡り合えるのは大間違いです!

私は長く婚活をやっていれば、その分良いお相手に巡り会えると考えていました。今思い返すと早期に婚活を終わらせる事が賢い選択だと思います。

婚活は長期化すると、時間と金銭面で大きな負担がかかります。私の場合は7年の婚活で数百万円を使いました。

婚活を短期間で終わらせるためには、1人に絞り込む決断力と勢いが大事です。上手に乗り越えて幸せな生活を手に入れましょう。

僕も婚活ブログを書いているのでよかったら読んでください。