婚活の心構え

普通そうなのになぜか彼女ができない男の行動パターン

婚活をしていると、一見普通に見えるのになかなか彼女ができないという男性が以外にも多くいます。今回はそんな、普通に見える男性が結婚できない理由と改善策を紹介します。本人はもちろん、周りにそんな男性がいるという人はぜひ参考にしてください。

モテそうなのに彼女ができない男性をタイプ別に特徴を解説

彼女ができない理由と改善策もお伝えします

彼女が できない 本人としては 、 自分に自信があるというほどではないにしろ、ここまで結婚できないのはなぜだろうと悩んでいることでしょう 。

一口に普通に見える男性といっても、彼女が できない理由はいくつかあります。

今回紹介するタイプに、自分がどれに当てはまるか自己分析してみましょう。それぞれのタイプに解決策も紹介しているので、できることから始めて婚活を成功させてください。

非モテ診断・彼女ができない原因はここにあった!

大学生の時に彼女いなかった出遅れタイプ

実は大学時代の恋愛経験というのは、その後の恋愛観・結婚観に大きな影響を与えます。学校の縛りが強い高校時代までの交際に比べ、大学生になると時間的にも経済的にも余裕を持って交際できます。一人暮らしをしている学生であれば、同棲や半同棲を経験する人 も多いことでしょう。

この時に、たくさん失敗をしておくことが大事。その失敗が「こうすると女性は嫌なんだ」「こういう女性は向いていない」と経験として積み重なる時期なのです。

そしてこのぐらいの年齢の失敗は「若気の至り」で済ますことができます。

この若い時に彼女ができない と、社会に出ても女性と どう交際を始めればいいのか、交際してからどうすればいいか分からず大事な一歩が踏み出せなくなります。また交際できたとしても、うまく女性をリードできずに結婚に至らないこともあります。

自分もそろそろ結婚したいと思う頃、気が付けば同い年は皆結婚。いまさらなにから「分からない」といったらいいかもわからない状態になります。経験を重ねて女性に慣れるという 解決策もありますが、まずは交際経験がない、少ない自分を受け入れましょう。

この場合の問題は、実は交際経験が少ないこと自体ではなく、そういう失敗を避けがちな自分にコンプレックスを持っていることにあります。しっかり自分を受け入れさえできれば、婚活の場では大きな問題にはなりません。

関連記事

仕事だけで出会いの場に行かない行動してないタイプ

仕事が忙しいことを言い訳に婚活をしない男性もいます。暇な男性が魅力的なわけがありません。頭の中では婚活をしなきゃと思いながらも目の前の仕事や趣味を優先してしま います。

もちろん行動を起こさなければ彼女ができないのも当たり前です 。そんな仕事人間は、もっと長期的な視点 で なんのために仕事をしているのか考えてみましょう。

どんなに仕事で成功して 、 経済的に余裕ができたとしても、最後に孤独になっていては本末転倒です。会社に人生を捧げても、会社は私生活の孤独を癒しません。自分の人生において何が重要なのかを明確にし て、 重要なことから優先的に行う習慣をつけましょう。

イケメンに多い。自分から告白しない・褒めないタイプ

怒る女性

若い時に女性にモテて、恋愛経験が豊富な男性こそ婚活で残っていることも多いです。労なく女性が寄ってきた経験からプライドが高く、与えられてきてばかりで相手に与えることを知りません。それでも外見はいいので、婚活をしても交際まではできますが、中身がないので相手にすぐに見切られます。

外見はそれほどじゃなくても、思いやりがあり褒めてくれる居心地がいい男性を女性は最終的に選びます。

このタイプはなかなか自覚できませんが、交際が長続きしないという人は要注意です。まずは相手がなにを求めているかを考え、それを与える努力から始めましょう。

これは結婚してからも大切になってくるので、すべての婚活男性が意識して身に着けるべきです。

関連記事

彼女作りじゃなく合コン参加が趣味化するタイプ

相席

真剣に婚活するのと遊びで女性に会うのは実は紙一重です。はじめは婚活のために合コンや出会いの場に参加していたにも関わらず、いつの間にか刹那的な楽しみを優先し出す男性もいます。結婚に向いている女性よりも、その時一緒にいて楽しい女性を優先してしまうため、真剣に付き合う彼女ができないのです。

目的がぶれてしまうというのは決して意思が弱いからではなく、目的が曖昧だからです。なんとなく結婚したいぐらいの思いであれば、目の前の楽しさを優先してしまうでしょう。婚活を始める前に、なぜ結婚するのか自分にとっての意味付けを明確にしましょう。

新常識!結婚したい男性の条件「3低」の低姿勢を極める

背が高い

かつて日本では結婚したい男性の条件として「高身長」「高学歴」「高年収」という「3高」がありました。しかし時代が変わりいつのまに「3低」に変わり、「低依存」「低リスク」「低姿勢」が求められるようになりました。

自分のことは自分ででき、高い年収よりも先行きが見通せるキャリアを積み、妻の言うことをしっかり聞ける男性のことです。

亭主関白な家庭で育った男性は、亭主関白的な価値観を持ちがちですが、時代とともに、求められる男性像も変わったことを受け入れましょう。

出会う数を増やして慣れよ。女子との会話は共感だけでいい

話す

結婚できない男性の中には、女性の前に立つと緊張してしまうという人も多いです。普段は普通に話せるのに、婚活の場で女性に会うと上手く話せとないというパターンです。

緊張しないためには、出会いの数を増やして慣れるのが一番です。何を話せばいいか分からないという人は、無理に面白い話をしようと思わなくても大丈夫です。

話そうと思うよりも相手の話をしっかり聞くことを意識しましょう。威圧感を与えないように相手の目をしっかり見て、相手の話を促すような相槌や質問を投げかけましょう。

相手に9割話させ、あなたが1割話すのが理想です。女性とのやり取りを繰り返し、自分のものにできれば女性と話す恐れや緊張が和らぐでしょう。

ポイントを押さえれば明日からモテる!

女性は男性からアプローチされたい生き物

女性の社会進出や肉食女子など、女性が積極的になってきたという話題が多いですが、基本的に女性は男性からのアプローチを待っています。もちろん誰でもいいわけではなく、ナンパされたいわけでもありません。

適切なタイミングで適切な方法でアプローチをすれば 、 基本的には 受け入れられ る はずです。最初はポイントを抑えるのが難しく感じるかもしれませんが 、 慣れるまで繰り返してみましょう。

全ては自分から始まっていると考え、人任せではなく、自分からスタートを切ってください。あなたが思っている以上に、女性はあなたからアプローチされるのを待っているのです。

Suzuki Kohei
婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。