不安な女性
婚活の心構え

「婚活しても後悔しそう」不安で疲れた33歳独身女性が止めるべき事

この年なら普通に結婚していると思っていた33歳独身女性向け。モヤモヤして漠然と不安だけれど、何をするか決められない。35歳までには結婚したいけれど、20代の時のようにはいかない。そんな時にどうすればいいかを男目線で解説。自分を責めてしまいがちな真面目な33歳の方はぜひ読んでください。きっと勇気と元気が出ます!

一生独身?まだまだ大丈夫の間で揺れ動く33歳独身女

苦しいのはよくあること!あなただけじゃない

30代になったら結婚すると思っていたけど、いつの間にか時間がすぎ、気付けば35歳が目前という33歳。周りでは何回目かの結婚ラッシュがあり、SNSを見れば友達の同級生の花嫁姿や子供との写真が流れて、祝福したいけど素直に喜べない時もありませんか。

何度か婚活のイベントに参加したものの、いい出会いに恵まれず、このまま一生独りなのかと不安に思うこともあるでしょう。今回はそんな33歳の独身女性がどのような心構えで婚活に取り組めばいいのか、男性目線から説明します。

ぜひ、一つでも自分の婚活に活かしてください。

男が「もったいない!」と思う33歳独身女がやりがちなこと

33歳はまだ大丈夫だけれど女子気分では危険な年齢

実は女性が思っているほど、男性は結婚する相手の年齢に関してシビアに考えていません。30歳も33歳も、男性からすればさほど変わらないのです。しかし、婚活アプリなどの場合、30歳までで検索されればもちろん表示されることもないので、その点で不利なことは理解しておきましょう。

33歳だからといって気にすることはありませんが、20代の女性とは男性から求められるものは違います。20代の女性であれば、見た目や一緒にいて楽しいかなどが重要になってきますが、30代ともなるとそうもいきません。20代前半のように一緒にいて楽しいからというよりも、結婚してからちゃんと夫婦生活を送れるかなどをイメージしながら判断する男性も増えてきます。

それは決してマイナスなことではなく、しっかり結婚後の生活をイメージさせれば、どんな女性でも男性に選ばれる可能性が高いことにもなります。

20代の女性に引け目を感じるのではなく、33歳の自分の魅力は何かを考えてみてはどうでしょうか。

35歳で結婚しなければという義務感を手放そう

国の調査により、35歳の独身女性が5年以内に結婚できる確率は12.6%、つまり35歳の独身女性が10人いれば40歳までに結婚しているのは約1人という結果が発表されました。そのため、35歳までに結婚しなきゃと焦る33歳や、周りからのプレッシャーに苦しむ33歳もいることでしょう。

35歳までに結婚すると目標を決めて頑張ることは悪いことではありませんが、タイムリミットに追われて焦っては婚活もうまく行きません。焦って選んで結婚後に後悔していては本末転倒です。目標を明確にするのは大事ですが、なぜ結婚するのか目的もしっかり明確にしましょう。「結婚しなきゃ」という義務感でなく、「結婚したい」という願望で楽しく婚活に取り組んではどうですか。

関連記事

30代独身女性の多くは真面目で優しいのに自分のことを後回し

怒る女性

外見も性格も悪くないのに結婚できない、そんな33歳の独身女子の中には、自分を大切にできていない人が多いです。人当たりがいいので性格がよく見られますが、自分の幸せのために具体的な一歩が踏み出せません。結果、自分の婚活が上手くいかなくなるのです。

そういう女性は、小さいころから優等生タイプで、周りに迷惑をかけないようにと教育されてきた方が多いです。自分よりも周りを優先してしまい、結果的にストレスをため込むことも珍しくありません。

本当の意味で周りを幸せにしたいと考えるなら、まずは自分を幸せにすることを考えましょう。あなたが誰かを幸せにしたいように、誰かもあなたの幸せを願っているのです。そんな人のためにも、婚活を機に自分の幸せについても考えてみてはいかがですか。

婚活をするのは恥ずかしい、モテないという思い込みを捨てよう

生活感のあるカップル

婚活をしようと思っても、いざ行動に移そうとすると様々な思い込みが邪魔してきます。最も多いのが「いい歳して必死に婚活するのは恥ずかしい」という思い込みです。女性から積極的に話しかけたり、連絡先を聞くのが恥ずかしいと考えている人もいますが、そんなことはありません。自分の幸せのために一歩を踏み出せないことの方がよっぽど恥ずかしいことです。

また、「自分はモテない」という思い込みも大きなブレーキとなります。あなたがモテる、モテない、どちらの思い込みを持つこともあなたが選択できます。多くの人が過去の経験から思い込みを作っていきますが、やろうと思えば今この瞬間から思い込みを変えることもできるのです。どうせ思い込みなら「自分は愛されて当然」と自分に言い聞かせましょう。

周りと比べないで。あなたが結婚したくなったら婚活をすればいい

スマホを見る女性

人は誰でも隣の芝生が青く見えるものです。婚活で苦労している女性を苦しめているのも、実は周りを羨むその人自身の気持ちです。SNSで友達の幸せそうな投稿を見ると、「なんで自分だけ不幸なんだろう」と思ったことはないでしょうか?

人の幸せは誰かと比較できるものではないのです。結婚している友達とあなたが入れ替わっても、あなたが幸せを感じれるかは分かりません。SNS上では幸せに見える友達も、独身のあなたの方が幸せだと思っているかもしれません。

誰かとの比較ではなく、あなたが幸せを感じていられるか、自分の気持ちにフォーカスしてみましょう。あなたの幸せのために結婚した方がいいと思ったら、婚活を頑張ってみてはいかがでしょうか?

独身を恥じない。まだ33歳かもう33歳かは全てあなた次第

結婚は周りに認められるため、自慢するためにすることじゃない

結婚する年齢が上がってきたり、3組に1組の夫婦が離婚するなど、今は結婚に関しては暗いニュースばかりが流れています。昔のように結婚したら幸せ、勝ち組といった価値観は崩壊しているといってもいいでしょう。

そんな現代だからこそ、なぜ結婚するのか、自分にとっての幸せとはなんなのか立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。周りの目を気にして、焦って結婚して不幸な夫婦生活を送っていては本末転倒です。もし義務感にとらわれて婚活しているのなら、一度冷静になって考えてみましょう。

子供が欲しければ早く結婚した方がいいでしょう。しかし、子供を作ることも義務ではありません。子供は欲しいけど、いない人生でもいいという女性はもっと余裕を持って婚活ができます。

あなたが人生で本当に求めているものはなんですか?その求めているものが、結婚の先にあると分かればきっと結婚する相手がすぐにみつかるはずです。

Suzuki Kohei
婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。