結婚式
婚活のノウハウ

婚活アプリで3名の男性と出会って結婚した女性にインタビューしました!

婚活アプリなんていい人に出会えるの?そう思う方はいませんか?まりおねっとではペアーズを使って結婚した女性にインタビューしました。

Pairsで出会った男性と結婚した女性に話を聞いてみた

25歳で婚活開始!会った人数はたったの3人!

花嫁、婚活成功、結婚式

最近では結婚相談所以外にもパーティやアプリなど、様々な形の婚活がありますよね。アプリで出会って結婚することも一般的になってきました。

まりおねっとでは、アプリで旦那さんと出会ったというTさんにインタビューをすることにしました。たぶん、呑気に「いつか結婚できるだろう」と思っていたら30代になってしまった人が読んだらハートが粉々になるかもしれません。

正座して、心して読んでください!

編集部

「どうして婚活をしようとおもったのでしょうか?」

Tさん

「私はもともと結婚願望が強い方で、25歳から街コンや婚活パーティーに出席したりと、婚活を行なっていました。流行っていたし、いいかなと思って婚活アプリに登録したんです」

編集部

「どのアプリでしょうか?」

Tさん

「pairs(ペアーズ)です。pairsを始めたところ、今の主人と知り合うことができました! 」

編集部

「何人ぐらいの方と実際に会ったのですか?」

Tさん

「主人を含めて3人です」

編集部

「え!たった3人!」

Tさん

「はい」

Tさんがその時婚活アプリで知り合った3人の男性のことや、結婚に至るまでをお聞きしました。25歳から婚活してペアーズ出会ったのはたった3人!その時点で、いろいろ反省することは多い人はいると思います。

現在婚活中の方の参考になれば幸いです。ぜひ、よんで!

ペアーズ公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

pairs(ペアーズ)の1人目〜お堅め公務員さん

編集部

「ペアーズで初めに会ったのはどんな方ですか?」

Tさん

「ペアーズで最初に知り合ったのは、5歳年上の公務員のAさんでした。お堅い職業ということもあり、メッセージも終始真面目な内容で好印象でした」

編集部

「そうなんですね。女性だとたくさんの男性からメッセージが来ると思うのですが、その方と会ってみようと思った理由はなんでしょうか?」

Tさん

「メッセージをしている内に、最寄り駅が同じであることが分かったんです。そこから『あの店は美味しいんだよ』とか『あそこの公園は花見の穴場スポットだよね』みたいに、地元の話題で盛り上がりました。

そこで私の方から『家も近所ですし、1度お会いしませんか?』と提案したところ、すぐにOKしてくれました」

編集部

「なるほど~。お近くだったのですね。どんなデートだったのでしょうか?」

Tさん

「私から『どこに行きましょうか?』と質問したら『では、朝9時に◯◯駅の西口に集合はどうでしょうか。美味しいモーニングでも食べに行きましょう』と提案されました。

美味しいモーニングに心を奪われた私は「ぜひそれで!」と返事をしました」

編集部

「それでそれで?会ったらどんな人でしたか?」

Tさん

「駅に現れた公務員さんはメッセージの文面通り、真面目そうな人でした。

お互いにはじめましてと挨拶を交わし、『こっちです』と案内してくれたのはなんと最寄り駅近くのパン屋さんだったんです!

もうこっちは(ん?パン?モーニング食べる前にパン食べるの?) と混乱しました」

編集部

「モーニングって言ったら喫茶店とかカフェをイメージしますよね」

Tさん

「そうなんです。彼は『ここ、ちょうど朝9時に焼きたてのパンが出るんですよ!さあ行きましょう』と促されて。

慣れているのかササっとパンを選び、店内のイートインスペースへ先にいっちゃって」

編集部

「まさかモーニングってイートインで!?」

Tさん

「私も衝撃でした! そこのパン屋はレストランが併設されているわけではなく、イートインスペースと言ってもこじんまりとした、コンビニのイートインスペースと同じくらいの広さのところです。

婚活アプリで知り合った男女が初めて会う場所としては、あまりにも不適当なのではないでしょうか。

この時点でこの人とは合わないと判断し、とりあえず狭いスペースでパンを食べ、適当な理由をつけて帰りました」

編集部

「そうですよね。会話だって周りに丸聞こえだろうし…。焼き立てパンが美味しくてもイートインに初対面の人をお連れするって失礼ですよね」

Tさん

「そう!何も高級なレストランに連れて行って欲しかったわけではなく、喫茶店やなんならファミレスでも良かったのですが…パン屋のイートインスペースは、私の中ではナシでした」

編集部

「その公務員の彼からは連絡はあったのですか?」

Tさん

「帰り際の私の態度で察したのか、その後Aさんとやりとりすることはありませんでした」

Pairs(ペアーズ)2人目〜メッセージと態度が違う男性

メッセージ

編集部

「次はどんな方に会ったのでしょうか?」

Tさん

「次に出会ったBさんは7歳年上の会社員の方でした。

最初から『めちゃくちゃ可愛いですね!タイプです』『早くお会いしたい!』とガンガンくるタイプでした。私は好意をしっかり示してくれないとリアクションができないタイプなので、そういう男性が嫌いではなかったです。

割と早い段階で会うことになりました。会うまでにも頻繁にメッセージのやりとりをしていて、それなりに盛り上がっていたと思います」

編集部

「その方とはどんなところで待ち合わせだったのですか?」

Tさん

「前にAさんとのことがあったため、場所はお互いの中間地点にあるカフェを指定しました」

編集部

「実際に会ったらどんな方でしたか?」

Tさん

「待ち合わせ場所に現れたBさんは中肉中背で、険しい表情をしていました。店に入り、挨拶を済ませるとBさんは下を向いたまま無言になっちゃって、もしかして、実物の私が写真と違い過ぎて機嫌が悪いのかな?とか不安になりました」

編集部

「え!メッセージではガンガン言ってくるのに、全く話さないのですか?」

Tさん

「そうなんです。とりあえずその場を繋ぐため色々話を振っても『はい』『そうですか』と素っ気ない返事で会話のキャッチボールが成立しないんです!

しかも目すら合わせてくれませんでした」

編集部

「辛いですね…その時間」

Tさん

「辛かったです。さすがに心が折れ、30分ほどで解散しました」

編集部

「お疲れさまでした。彼から連絡はあったのですか?」

Tさん

「私と別れてすぐに

『先ほどはありがとうございました!とっても楽しかった。もっと一緒にいたかったです(笑)』

というメッセージが来たんです!」

編集部

「気持ち悪いですね…。一緒にいたかったって…全然喋ってないくせに」

Tさん

「そうなんです。喋ってくれなかったじゃんと思いました。困惑して、なんと返事をすれば良いかわからずメッセージを放置してしまいました。

ネットの出会いだしメッセージと実際に会ってからの印象が違うのはありがちなことかも知れませんが、彼の場合は差があり過ぎでした。こちらが一生懸命話しているのにほぼ無視に近い態度はあんまりだなあと思います。

その後もやりとりする気にもなれませんでした」

Pairs(ペアーズ)3人目〜温和な同い年

待ち合わせ

編集部

「次にペアーズで知り合った男性がご主人ですか?」

Tさん

「そうなります。夫は3人目に知り合った相手で同い年でした。比較的近所に住んでいて、同い年ということや、音楽の趣味が合うということですっかり意気投合しました。

ただ、彼の仕事が忙しく実際に会えるまでに少し時間がかかりました」

編集部

「そうなんですね。どんな初デートでしたか?」

Tさん

「初めてのデートは彼の希望で近所の花火大会へ行きました。実際に会ってもとても温和で優しそうな男性だなと思いました。

会う日が決まるまで毎日メッセージをしていたため、お互い特に緊張せずおしゃべりできました」

編集部

「よかったですね。どんな話題で話したのでしょうか?」

Tさん

「盛り上がったのが、2人の共通の趣味である音楽の話題です。なんとかなりマイナーなアーティストがお互いに好きだと分かり、最早花火そっちのけで語り合いました。

自然と居酒屋へ行く流れとなり、そこでも終電ギリギリまで盛り上がりました」

編集部

「順調ですね!自然と2回目に会う約束できたのですか?」

Tさん

「はい。その後はライブや飲みに行ったりとデートを重ね、3度目のデートの帰りに『彼女になってください』と告白されました!」

編集部

「お~。ペアーズで知り合った相手ですが何か懸念点などありませんでしたか?」

Tさん

「夫に関してはプロフィールと第一印象が同じで、3回会っても初めのイメージ通りいつも優しい人でした。話していて癒されていたし、はもちろんOKしてお付き合いすることとなりました」

1年記念日にプロポーズ!

結婚式、プロポーズ

編集部

「付き合ってからどんなことがありましたか?」

Tさん

「楽しいし幸せでした♡」

編集部

「のろけですか!」

Tさん

「彼と付き合いだして、周囲の人から『最近綺麗になったね!』と言われることが増えたんです」

編集部

「ニコニコしててかわいい方だと思いましたよ~。Tさんも旦那様もまだ20代でお若いですがどんな流れで結婚することになったのですか?」

Tさん

「特に喧嘩することもなく普通に1年が経ちました。1年記念日はちょっと良いお店でディナーをすることになって、メインの料理を食べ終わり、デザートを待っている間、急に彼がそわそわし始めて、

『1年付き合って思ったけど、結婚するなら君以外にいない。幸せにするから結婚して欲しい』

と指輪と共にプロポーズされました」

編集部

「うわ~!指輪と一緒のプロポーズ!羨ましい!」

Tさん

「正直、結婚の話は今まで全くしていなかったため結婚はまだ先だろうと勝手に思っていました。

なのでびっくりしましたが、私も彼以外とはあり得ないと思っていたので、もちろんOKで、結婚することとなりました」

ペアーズ公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

いい人なんていないかもと思わず登録してみては?

たった一人の素敵な人さえ見つかれば

編集部

「読者の方に伝えたいことってありますか?」

Tさん

「正直、アプリでの婚活は本当に良い人と出会えるのだろうか…と心配がなかったわけではありませんが、結果として素敵な方と結ばれることとなり、利用して良かったなと心から思っています。

今の婚活アプリは本人確認なども徹底しているので、あまり構え過ぎずに試してみても良いのではないでしょうか」

編集部
婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部