デート、カップル、夫婦
スペシャル婚活のノウハウ

結婚相手との出会いの割合は?みんなどこで出会ってる?

結婚したいのに、社会人になって出会いがないと悩む方も多いでしょう。実際に結婚する人はどこで出会っているのでしょうか?どうしたら出会えるのかも踏まえて、最近再婚した女性ライターが詳しく解説します。

結婚相手との出会いはどこにあるのでしょうか?

社会人に自然な出会いは皆無です!

通勤、独身会社員

現代は恋活・婚活に関するツールが満載で、自由恋愛からの結婚がメイン。 ひと昔前のようにお見合い結婚をする男女だけではなく、様々なケースで結婚相手との出会いに繋がっています。

中には、学生時代や職場などで、自然に結婚へ結びつくケースもありますが、ほとんどの人は社会人になってから一気に出会いの数が減ってしまいます。

とはいえ、結婚する男女が一定数存在するということは、彼らたちの行動に結婚相手との出会いのヒントが見つかるかもしれません。 みんなはどこで出会っているのか?また、その中の結婚相手との出会いの割合について、解説します!

結婚相手との出会い方は4つに分かれる

1.自然な出会いで結婚する人

交流会、サークル

出会いには2つあって、婚活目的ではない場所で自然に結婚相手と出会う人と、自ら出会いを探しに行く人に分かれます。 自然に結婚相手に出会える男女は半数以下で、ほとんどが社会人になってから婚活をして結婚相手を探します。

まず、自然に出会えるパターンは、理想の相手と出会う条件が揃っている環境に身を置くことができた人。 学生時代や職場で好みの異性を見つけて交際に発展し、その後も結婚に向けて順調に進んだ結果です。 結婚相手を探し回る労力が不要なのでとてもラッキーですね。

ただしデメリットもあって、自分で探しに行って見つけた相手ではない為、狭い範囲の異性しか知らないという点と、何よりも運任せです。

自然に出会いたいと思っても、自然な出会いを期待して願って気が付いたらアラフォーという方もおります。目の前の異性だけを対象として決めつけずに、自分が求める結婚相手の条件を模索する機会を作ると良いでしょう。

2.もう出会っているかも?人脈の掘り起こしを!そこから結婚につながるご縁に発展するかも

すれ違う、職場

自然な出会いは期待できないし、でもいきなり婚活はハードルが高いという方もいらっしゃるでしょう。もう一つ、方法があります。

しばらく会っていない友達の存在です。「異性の友達はいない」という場合も、大人になって連絡をしてみれば相手が結婚していてパートナーの友人を紹介してもらえることもあります。 お次は、職場の同僚や上司や取引先に「結婚したい」と伝えてみること。あなたの仕事ぶりを見ている方ならば、紹介してくれるかもしれない。

こうした既存の知り合いからの紹介は確率の高い方法で、交際から結婚に至る割合も高いです。紹介する側もつり

合いを考えており、共通の知り合いもいるので信頼関係は築きやすいのです。

ただ、万が一破局すると、共通の知り合いもいるため大変面倒です。振られたり、別れることになっても乗り越えられる覚悟の上で、行動する必要があります。

3.趣味のサークルやイベントで知り合う

ランニング、マラソン

知り合いでマラソン仲間と結婚した人がいます。初対面では全くタイプではなかったそうですが、自然体で話せるし共通の話題も多く、今は夫婦であちこちのマラソン大会に出場。ホノルルマラソンが楽しかったため、結婚式はハワイだったそうです。

こういう共通の趣味繋がりで結婚する人も多いですね。

テニスサークル、スポーツジム、地域のお祭りのボランティア等、探してみて自分も参加できそうなものがあれば申し込んでみてはいかがでしょうか?

これももちろんデメリットがあります。参加する人はみんな趣味を楽しむために参加していて、あくまで出会いは副産物ということ。

4.結婚相手を探すために婚活サービスを活用する

男女のお見合い

1~3の方法に比べ、婚活サービス活用するという決断はエネルギーが必要かもしれません。しかし、婚活をすると様々な異性との出会いがあり、普段の生活では知り合えない相手との巡り合わせがあるかもしれません。

早ければ数ヶ月で出会えますが、時間がかかる人は1年以上婚活を続けるので根気がいります。 大変な思いをする分、自分の結婚相手への明確な理想が見えてきて、どんどん恋愛力や会話力がスキルアップされるというメリットもあります。

受け身で自然な出会いを待っていてもどうにもできないとしても、出会いを探しに行ける時代です。自分次第で幸せな結婚生活を送れるチャンスを掴むことができます。

様々な婚活サービスがありますが、手軽に始めることができるマッチングアプリと婚活パーティーについて説明しますね。

①マッチングアプリ

スマホを使う女性

現在、もっともポピュラーな出会いは「マッチングアプリ」でしょう。スマホ・パソコンで気軽に隙間時間で相手を探すことのできる出会いのツールで、利用者がどんどん増えています。 忙しい毎日の中でも、24時間いつでも出会いを探せるので、とても効率的。 ネット上の出会いといっても、運営側が安全面の確保に力を入れているので、安易な行動を取らなければ犯罪に巻き込まれる心配もありません。

流れとして、登録後に好みの相手に連絡を取り合いたいことを伝え、相手が了承すればアプリ内で直接メッセージを交わし、LINEなどを交換。

その後数日〜数ヶ月程度で直接顔を合わせて、うまくいけば交際へと進みます。マッチングアプリの中で、成婚したカップルの結婚発表や、その割合も紹介されており、婚活では最も結婚いて探しに適していることが伺えます。もしも、出会いが欲しかったら、一度試してみてほしい出会いのツールです。

ただし、これまで関わりのなかった初対面の男女がお互いに好意を持ち、交際・結婚に至るには、ある程度の努力が必要。共通の知り合いもいないし、異業種の方にも分かりやすいプロフィール文を書き、魅力的に見える写真を登録しましょう。

またマッチングアプリ選びも重要です。アプリの中には、「恋人探し」「話し相手探し」目的で利用する方も混在しているマッチングアプリもあります。あなたが真剣に結婚相手を探しているのに、相手が話し相手探し目的だったらマッチング後に結婚までたどり着かないですよね。

真剣に結婚相手を探している人が多いマッチングアプリを使いましょう。様々なアプリがありますが、男女とも有料のアプリであれば双方が本気で結婚相手探しをしています。おすすめは老舗のマッチングアプリMacthです。20年以上の運用実績があってセキュリティもしっかりしています。

マッチドットコム公式ページ

②婚活パーティー

モテる、ハイスペック男

次に、最初から対面でコミュニケーションが取れる婚活パーティも、結婚相手探しに適しています。一度に複数の異性と直接対話することができ、相手の全体的な印象を掴めるので、雰囲気重視の人にもおすすめです。

限られた時間で相手を見て、複数参加している男女の中からカップリング成立した人同士だけが連絡先を交換出来るので、会場内で人気の相手をターゲットにすると接戦です。

うまくいけば、カップリングして婚活パーティ後にデート。そこからはマッチングアプリ同様にやりとりを続けます。

こちらは外見がいい人、コミュニケーション力がある人にはおすすめです。都会なら毎日どこかで開催されているので手軽に参加できるでしょう。

私はマッチングアプリで再婚相手と出会いました

初めの夫は友達が開催した合コンです

最後に、筆者は再婚で2回結婚経験があります。一度目の結婚は合コン、二度目の結婚はマッチングアプリで知り合った相手でした。

周りの友人・知人には、自然派の出会いで結婚している人もいれば、凄い人だと毎週婚活パーティへ参加しながらマッチングアプリを利用している強者もいます。 共通して言えることは、出会いはきっかけに過ぎず、好みの相手と接点を持てるようになったら、積極的に行動あるのみです。

どんな出会い方にも、メリットデメリットがあります。

現代は、今出会いがなくても、万が一恋愛や結婚がうまくいかなくなっても、自分次第でいくらでも素敵な異性を見つける方法がたくさんあります。人生に大きな影響を与える結婚相手と出会う割合は、どれくらい行動して、努力したかに比例します。 是非、自分に合う楽しい方法で結婚相手を探してくださいね。

白井エリー
バツイチのシングルマザー。人生かけて仕事以上に真剣に婚活してます。趣味はバチェラージャパンで男性心理を研究すること、恋愛バイブルを読むこと。努力の結果、嫉妬だらけの苦しい恋愛から、幸せいっぱいの恋愛ができるように♫