婚活パーティー、デート後
婚活のノウハウ

怖い婚活女子に注意!婚活でこんな女性がいたら要警戒

婚活中の男性が恋愛や結婚の対象とするのは、主に婚活女子。しかし、婚活女子の中には怖い存在もいます。結婚したら根こそぎ吸い取られるような婚活女子もいますし、そもそも関わるだけでストレスしか溜まらない婚活女子も。 ここでは婚活中またはこれから婚活しようとしている男性に向けて、警戒すべき婚活女子の特徴について紹介します。

働きたくないから結婚したい婚活女子

婚活市場にいるヤバイ女たち!

お金

婚活女子の中には「仕事をしたくないから」という理由で、婚活をしている女性もいます。彼女達の特徴はわかりやすいので抑えておいてください。

  • 男性への希望:年収600万円以上
  • 専業主婦希望
  • 現在は家事手伝い(実家暮らし)

かつては年収1,000万円以上の男性希望と言っていた女性も少なくありませんでしたが、現在の男性への希望年収は600万円から700万円と少し下がっている傾向です。自分が働かなくても生活できる数字が600万円から700万円。そういう計算です。彼女達が600万円から700万円という数字を挙げるのは、贅沢がしたいからではなく、とにかく自分が働きたくはないから

「働きたくないから結婚したい婚活女子」が希望するのは、ある程度以上の年収と専業主婦を認めてくれる男性です。

一般的な婚活女性も、男性への希望年収はあるでしょう。でも、何が何でも専業主婦という婚活女子は少数であり、警戒すべき存在。彼女達の言う「専業主婦」は、「愛する旦那様のために家事を完璧にこなしたいから!」……では、もちろんありません。ただ、働きたくないだけです。

そんな彼女達の現在は、実家暮らしの自称・家事手伝い。もちろん実際は、ただの無職です。アルバイトをしているのならまだマシといった状況。自称の家事手伝いなので、もちろん実家で家事をしているわけでもなく、もちろん結婚後も家事へのやる気は皆無です。

男性への理想ばかりが高い婚活女子

女子会・モテない女性

結婚に夢を見るのは結構ですが、あまりにも現実離れした要求をしてくる婚活女子もいます。自分のことは棚に置いて、男性への理想ばかりが膨れ上がってしまっているケースですね。恋愛経験があまりなく、現実の男性をあまりよく知らない婚活女性に多く見られます。

「男だから」「男なら」……このようなセリフが目立つ婚活女子には気をつけたほうが良いでしょう。万が一、結婚してしまったら……「あなたは男なんだから、私のためにやってくれて当たり前」のような態度でなんでも求められてしまいます。金銭面はもちろん、生活面や感情面まで支配されてしまえば、そんな結婚生活がうまくいくはずはありません。

これは男性にも言えることですが、恋愛経験が乏しい人ほど異性への理想が高まる傾向があります。ドラマや漫画に出てくる異性と現実の異性の境目が曖昧になりがちなのでしょう。

「強くて優しくてお金持ち。友情に厚く会話も面白い。もちろん、私のためならどんな困難も乗り越えてくれる」……そんなスーパーヒーロー像を男性に求めているような婚活女子との恋愛や結婚は辛いです。スーパーヒーローなのですから、長所はたくさんあって当たり前。

短所が1つでも見つかれば「信じられない!」とこの世の終わりのごとく大騒ぎされるでしょう。そんな恋愛や結婚がうまくいくはずはありません。

あくまで自分が選ぶ立場だと思い込んでいる婚活女子

通勤、スマホ

少なからずモテていた時期がある女性に多いのがこのタイプ。自分を「選ぶ側」だと思い込んでしまう婚活女子も少なくありません。婚活はお互いに相手を精査するものですが、自分が相手を精査することばかり考えてしまい、相手から精査されるとは思っていません

そのため、「あなたは(私を幸せにするために)なにができるの?」と、ブラック企業の面接のような態度で男性に接してしまいます。

過去にモテていた経験を得意げに話すような女性には、注意したほうが良いです。「以前はモテていた」と語る女性は、今でもモテると思い込んでいます。その幻想と現実の違いをわからないまま婚活をしているため、どうしても男性には地雷にしかなりえません。

なんでも「普通」で片付ける婚活女子

ドン引き、カップル、デート

以前、SNSでも話題になりましたが「なんでも普通以上ならOK」と考える婚活女子も怖い存在です。

「身長は普通ならOK、年収も普通ならOK、ファッションセンスも普通でいい。普通に会話ができて、普通の男性だったらやらないことはしない人。そんな男性と結婚したいです。ね、私は高望みしていないでしょ?」

と考えている婚活女子ですね。「普通の男性だったらやらないこと」は、浮気やギャンブル、タバコはもちろん、時間にルーズとか、一般的なマナーが守れないなどが含まれます。

さて、SNSでは「普通を積み重ねていくと、それらの条件を全てクリアできる男子はごく数%しかいない。全然普通ではない」と話題になったのですが……ここで私が指摘したいのは、普通ばかりを求める婚活女子は、結局人の粗探ししかしていないことです。

相手の長所に惹かれるのではなく、短所がないか一生懸命探している……。もしも結婚をしたら、あなたの短所を探され続ける毎日が始まるわけですが、そんな毎日に耐えられる男性はいるのでしょうか?

身長やルックスなどの生まれ持ったものは別にして、他の要素における「普通」は、それぞれの男性が努力した結果。何も努力しないで普通になれることなど、ほとんどありません。それらの努力の結果を全てスルーして、足りない部分だけを指摘されるのは、さすがにたまりません。

怖い婚活女子を避けるためには

男性がきれいな、かわいい女性に憧れる

地雷のような婚活女子にも、わかりやすいタイプとわかりにくいタイプがいます。「年収!年収!」「専業主婦!専業主婦!」と連呼しているような婚活女子ばかりなら簡単に見抜けるでしょうが、そうではないケースもありますよね。

また、少しでもルックスが好みであったりすると、地雷を地雷と気づかないまま関係性を進展させてしまうこともあります。ときには「地雷かも」と感じながらも、ルックスや色気に惹かれて気づかない振りをしてしまうかもしれません。悲しい男の性ですね。

これが婚活ではなくただの恋愛ならば、いくらでも色香に騙されれば良いでしょう。でも、結婚を前提とするのならば話は別。あからさまな失敗を避けるためには、なるべく客観的な意見を取り入れることです。

たとえば、結婚相談所のアドバイザーに相手の女性のことを詳しく話し、大丈夫なのかと判断を仰ぐ。たとえば、親しい同性の友人に「最近、こういう女性と知り合って……」と詳細を話してみる。

このように、第三者の意見に積極的に耳を傾ける意識を持ってください。もちろん、相手の意見を素直に聞き入れる気持ちも大事です。

恋は盲目とは言うけれど冷静になって

女性としばらくお付き合いしていないなら要注意

何故か昔から半数以上の恋愛相談は、すでに答えが出ている形だけのもの。もう答えが出ているくせに他人に相談してしまった経験は、誰にでもあるでしょう。

でも、それではまったく意味がありません。第三者の意見を真摯に受け止めることです。そうすれば色ボケしないで冷静に相手の女性を見極めやすくなります。

しばらく恋愛から遠ざかっている男性は、どうしても「痛い婚活女子」という名の地雷を踏みやすいもの。女性を見る目を養うのが一番ですが、そんな短期間に養えるわけがありません。それならば、人の目を借りて判断することをおすすめします。

わたろう
ライター兼占い師として活動中。占いや恋愛、結婚についての執筆がメイン活動。とくに女性の悩みを解決するのが、活動の中心。 ときにはビジネス関連の仕事もしていて、業界誌や娯楽誌でのコラム連載や漫画原作の経験もあり。 現在、綾野ことは名義でミステリー小説も書いている。こっちは、まだまだ駆け出し中。