メッセージ
婚活のノウハウ

待った方がいい?片思いの彼に連絡しない方がいい5つのワケ

片思いしている相手に対しては、どうしても連絡したいと言う気持ちになることも多いでしょう。しかし、これは却って逆効果になることもあります。今回は片思いの彼に連絡をしない方が良いワケと、どういうメッセージだと彼とうまくいくのかについて解説を行います。

なぜ、片思いの彼に連絡しない方が良いのか?

あくまでも自己満足の連絡は取らない

片思いをしている時には非常に辛いときも多いでしょう。特に連絡先を知っている場合には「連絡していいかな、どうしようかな……」と悩んでしまうことも多いものです。

しかし、連絡をする際にとは「自己満足」のために連絡を取らないこと、即ち「相手はこんなに自分のことを思ってくれているんだ」と言うことを再認識したいと言う気持ちから連絡を取ろうとすることを避けることが重要になります。

もしも不安を解消するために「最近連絡来ないから寂しいな」などと連絡して返信が来たとしても、「返信が来た」ということだけで満足してしまい、相手が「面倒だけどしょうがないし、メールしてあげるかな……」と言う気持ちにさせてしまったことに気づかない可能性もあるからです。

そこで今回は、片思いの彼に連絡しない方が良い理由とうまくいくためのメッセージ文について解説を行います。

片思い中の彼に連絡しない方が良い5つのワケ

1、そもそもメールやLINEが面倒な人もいる

まず、男性の中にはメールやLINEなどの関わりそのものが煩わしいと感じる方もいます。「要件があるなら分かるけど、こんな日記みたいな連絡よこされても…」と思うのです。男性はあまり女性と比べると「意味のないお喋り」をあまりしない傾向が強いもの。

例えばメールでのやり取り一つとっても「今日は●●なことがあったんだ」「へ~。それは凄いな」と言った形で、雑談を男同士で行うことはさほど多くありません。寧ろ「明日の6時に●●で集合ね」などの連絡事項ばかりを伝え合うことの方が多いものです。

勿論すべての男性がそうとは限りませんが、このような「意味の無いお喋りが苦手」な男性に対してメールをあまり送ってしまうと、返信を返してくれながらも「自分とは少し性格が合わないのかな」と、内心思われてしまうかもしれません。

その為、相手にメールなどを送る前に相手の性格などについてしっかりと理解しておくと良いでしょう。

関連記事

2、連続してのメールは相手を焦らせてしまう

スマホ見ている男性

メールをする上で一番良くないのは「相手側の返事を待たずに連続で連絡をすること」です。例えば、仕事などで毎日のように「進捗はどうでしょうか?」などと尋ねてくる得意先が居たらどのように思うでしょうか?恐らくですが、相手に対してイライラした気持ちになってしまうことでしょう。

これは恋愛の場合でも同様です。仮に相手から返事が来なかったとしても「嫌われたのかも」と思うことは早計です。もしかしたら、相手はあなたへの返信を悩んでいるのかもしれませんし、単に忙しくて中々返信できないのかもしれません。その為、無理に何度も催促するのではなく、一度連絡をしたらその後は少し待つようにすることが重要になるでしょう。

関連記事

3、返信を貰うことが目的のメールは意味がない

スマホを見る女性

もしもあなたが仕事で非常に忙しいときに「ねえ、今日の夜何食べるの?」と言ったどうでもいい内容のメールが来たらどう思うでしょうか?

恐らくですが、「今日はハンバーグです」と返信をしながらも不愉快な気持ちになると思います。かまって欲しいそうに感じませんか?かまってちゃんは重いのです。また、これが何度も続いたらますますその相手に対して不快な感情を持ってしまうことでしょう。

恋文のやり取りで顔も見たことがない相手と恋愛した平安貴族ではないのです。メッセージのやり取りが続くことで二人の距離が近づくと勘違いしないようにしましょう。

4、相手の立場にたてる人が「素敵な人」と思われる

人間は恋愛の中で一番難しいことは「相手の価値観に自分を合わせること」です。例えばあなたが「仕事で疲れているから、休日は家でのんびり過ごすことが好き」と言うタイプで相手が「仕事から解放された週末位、外で思いっきり遊びたい」と考えていたとします。こう言う時に相手に合わせて付き合うことはかなり疲れるものです。

これはメールなど、一見すると些細に見えることでも同様です。例えばあなたは「好きな人からは一日に3通はメールが欲しい」と思っていたとして、相手が「好きな人とでもメールは週に1度程度で良い」と思っていたとします。

こう言う時に「相手が望むペースでメールをしてあげよう」と思い相手に合わせることは、やみくもにメールを送って関心を得ようとするよりも良い印象を持たれることでしょう。

どうしても、好きな人には高い頻度で連絡を取りたくなってしまうもの。しかし、そこで少し我慢して「相手が望むペースで連絡を取ろう」と考えるようにすることが恋愛では重要になることでしょう。

5、メッセージは読む相手が対応しやすい書き方にする

メールやLINEなどを行う際の基準として考えてほしいことは「相手がこのメールを貰って喜ぶかどうか」です。例えばあなたが大事なプレゼンを明日に備えていたとします。

このような時に相手から「明日はプレゼン大変だね。応援しているよ!」などとメールを貰ったらどうでしょうか?恐らくは嬉しいと思います。

ただ、このようなメールは相手のことを良く知っていなければ意外とできないものです。もしも片思いの相手とデートに行った時などには、どのようなことが好きなのか、どのような仕事を今やっているのか、最近はどの程度忙しいのかなども覚えておくようにすると、「どのタイミングでどんなメールをすれば相手が喜ぶのか」が分かることでしょう。

6.彼から返信が来る&デートが成立するLINE

あなたの望みは彼とLINEでやり取りすることじゃなく、両想いになることではないでしょうか?だったら、まずは「会う」ようにしなければなりません。人は何度も会っている人に好意を持ちます。

とはいえ「デートしよう」「会いたい」では向こうは身構えますよね。

誘ってもらうのを待つのではなく、自然な流れで会えるように自分からアクションを起こしましょう。

(1)久しく会っていない相手の場合

「お久しぶりです。元気?」と送ってみましょう。これは普通に返信が来るでしょう。

(2)季節のイベントを利用する

季節のイベントに便乗すると「せっかくだから行こうかな」と向こうも応じてくれやすいです。

例文1「サクラがもうすぐ咲きそうだね。お花見したいね」
例文2「お花見したいの。一緒に〇〇公園に行きませんか?」
例文3「〇〇でオクトーバーフェスやるんだって。行きませんか?」

(3)女性一人じゃ行きにくい店だから付き合って作戦

女性だけでは入りにくいお店ってないでしょうか?ラーメン屋、回転寿司、焼き鳥屋、カレー屋等。仮にあなたが一人でラーメン屋にも行けるタイプだとしてもここは「行きにくい」ということにしておきましょう。

こちらの文面をコピーしてそのまま送ってみてください。地名は変えてくださいね。

例文4「渋谷(地名)に行ってみたいラーメン屋さんがあるんだけど、一人じゃ入りにくくって。付き合ってもらえると嬉しいです。いつだと都合いいですか?」

ポイント2つ。1つは「付き合ってもらえると嬉しい」とお願いしているところ。男性はお願いされるのが好きです。ラーメン屋に付きあう程度の簡単なお願いならなおさら。2つ目は「いつだと都合がいいですか?」と行く前提で日程を確認しているところ。こう聞けば日程の候補日が返ってきます。このメールを送ったらデートが成立したも同然!

男性には、自分の要求が分かりやすい文面で送るようにしてください。

7.「。。。」が多い察してメールはウザい「忙しいよね?」より「会いたいです」の方がいい

スマホを見る男性

彼に送ってはいけないNGな文章についてもおつたえします。真面目で「私なんかに付き合わせちゃ悪いかな」と思ってしまいがちな女性は自分の要望をストレートに伝えません。

自分から食事に誘うなんて、自分の都合に合わせるなんて悪いと思って「週末って忙しいよね?行きたいお店があるんだけど。。。。」など、要件がよく分からない文面で送ってしまいがち。これは絶対に辞めましょう。

上記の例文のように「〇〇に付き合って欲しいです」と要件が明確な方が、相手は行く、行かないを決めやすいのです。

良かれと思って遠慮しているより、自分の要望を言葉で分かりやすく伝える女性の方が男性は扱いやすいのです。しばしばわがままな女性の方がモテると言いますが、男性にとって自己主張をする女性の方が喜ばせるポイントが分かるから一緒にいて楽なのです。

一方で、恋愛下手な女性は遠慮して我慢をしてしまいがち。我慢するほどブスになりますよ(笑)

自分のLINE文章を見直してみましょう。顔色をうかがうような「。。。。」が多いなら、相手は「察して」という圧力を感じるでしょう。分かりやすく自分の言葉で「一緒に行こう」と言わないくせに「気持ちを察して」をにおわす女性は重たくてウザいのです。

相手に喜ばれない連絡ならしない方が良い

気持ちを察して欲しい、かまって欲しいメールはウザいだけ

片思いの相手に対して連絡しないことは、ある意味では連絡を取ることよりも勇気がいることかもしれません。なぜなら、相手に対して連絡をせずに待つことは「あの人から連絡来ないけど、自分のことが嫌いなのかな?」「この間のメール、相手を嫌な気持ちにさせたかな?」などのように不安な気持ちがどんどん強くなってしまうからです。

しかし、ここで不安な感情に負けて、気持ちに任せて相手に連絡を取ろうとすることは避けた方が良いでしょう。それは単に「安心したいから連絡した」と言うもので、相手に喜ばれない可能性も高いからです。

あくまでも片思いの相手に連絡をするのは「付き合うための手段」「デートを取り付ける手段」でしかありません。いつの間にか相手から連絡を貰うこと自体が目的にならないようにすると、上手くいく可能性は上がることでしょう。

今のあなたは何歳ですか?もしもアラサー以上ならば

気になる彼に連絡していいのかな…。そう考えていらっしゃるあなたは今何歳でしょうか?

もし25歳以下ならスルーしてください。そんなドキドキも楽しんでね。

もしも、26歳以上、アラサー以上の方ならば厳しいことをお伝えします。幼いよ。感情の上下に振り回されすぎで、相手の立場に立てないでヤバいよ。仕事はちゃんと責任もって働いている?社会の中での立ち位置とか考えてる?恋愛すると頭がいっぱいの女、結婚したいだけの女なんて真面目に働く男性は対象外ですよ。

30代ならばもう、イタイよ。幼いおばさんよ。

彼はあなたを「大人」にカウントしていないかも。恋愛成就させたいなら、まずは年相応を目指そう。

菊乃
出逢いがない女性専門の恋愛コンサル・作家の菊乃です。 執筆・セミナー講師をやっております。 1979年9月9日山形県生まれ。ペンネーム菊乃は菊の節句生まれに由来。