お金
婚活のノウハウ

気をつけて!今どきの出会い系詐欺~5つの実例

昔は、サクラ被害が多かった出会い系詐欺ですが、最近では女性が被害に遭うケースも増えています。中には、弁護士に相談するほど深刻な詐欺被害もあり、出会い系アプリを使用する際には、十分な注意が必要です。恋する気持ちを踏みにじられるだけでなく、お金をだまし取られないためにも、悪徳業者の手口を知っておきましょう。

出会い系詐欺に引っかからないためのポイント

欲と情に訴えかけてくる巧妙さ

近年では、世代を問わずに活用されているSNSを使った出会い系詐欺が増えています。SNSを通して仲良くなってから、出会い系詐欺サイトに誘導したり、儲け話があると人間の欲に訴えかけてきたりします。

SNSは出会いのツールとして人気ですが、詐欺を行う側にとってもターゲットを選びやすいという特徴があります。相手はターゲットを信用させるため、あらゆる手段を講じるでしょう。出会い系詐欺に引っかからないためにも、まったく知らない人からの友達申請を承認するときには、注意しましょう。

引っかからないために今どきの出会い系詐欺の事例をチェック

1)お金持ちを装って近づいてくる

出会い系詐欺では、医師や資産家と偽って婚活サイトに登録し、ターゲットを物色します。セレブな生活をアピールしながら、自分がお金に困っていない人物であるという印象を与え、相手を油断させてから徐々にお金を引き出すようになります。

「結婚して、二人で一緒に店を出そう」「新居にぴったりな家を買おう」「いい投資話がある。投資で儲けたお金を結婚資金に当てよう」と、相手と結婚する意志があることをチラつかせるのが、彼らの常套手段です。

この手の詐欺は、ある程度ふつうに付き合ってすっかり相手を信用させてしまうため、まさか自分がターゲットになっているなんて気づきもしないことが多いもの。いかにも好人物で礼儀正しい態度で接してくるので、コロリと騙されてしまう人が多いようです。

2)スマホの調子が悪いからなどの理由で別サイトに誘導する

出会い系サイトや婚活サイトで出会った後、携帯の調子が悪いから、もしくはネットストーカーに狙われているからなどといった理由で、別のサイトでコンタクトを取ろうと提案してくる詐欺があります。

当然ながら別サイトとは、相手とコンタクトを取るために費用を請求するサイトのこと。「おかしいな」と思いながらも、相手とコンタクトを取ろうと必死になるあまり、どんどん料金を支払ってしまう人もいます。

また、相手から返信があり、「あなたにメールしたくてポイントを購入している」などと連絡があるため、一層のめり込んでしまう場合もあるようです。クレジットカードだと足が付くので、ターゲットには電子マネーで支払いをさせようとするかもしれません。

出会い系サイトで真面目な出会いもありますが、中には悪い詐欺業者たちも交じっていることもあるため、それらしい理由を付けて別サイトやブログに誘導してくる場合には注意が必要でしょう。

3)個人ブログで信用させてくる

どんな出会い系詐欺であれ、ターゲットを信用させてなんぼ、です。いかにターゲットを信用させるかで、どれだけのお金を簡単に絞り取ることができるかが決まります。

恋活アプリやSNSで仲良くなった後に、「ブログやってるから見てね」と気さくに誘われることがありますが、これは要注意です。相手のことが知りたくてブログを見ているうちに、一気に相手の罠にハマることになるでしょう。

ブログを見るうちに、相手がどんなに良い人物であるかが刷り込まれていき、「ぜひ付き合いたい!」と気持ちが盛り上がっていきます。そうこうして、恋は盲目状態を作り上げておき、別サイトに誘導する、もしくは直接付き合いを始めてからお金をだまし取ろうとします。

4)ポイントをプレゼントされる

相手を信用させることに成功した詐欺業者は、ターゲットがサイト登録をし、ポイントを購入するように仕向けます。

「どうして返信してくれないの?」「早く会いたいよ」などと積極的にターゲットに働きかけ、なんとかしてポイントを購入させようとあの手この手を使ってきます。恋に夢中になってしまった状態では、ついつい相手の言いなりになってしまう場合が多いのではないでしょうか。

しかしながら、どんなにポイントを購入しても、結局は出会い系詐欺でしかありません。会いたいと言いながら延ばし延ばしにしてくるなら、「おかしいな」と気づくはず。

「もうこれ以上ポイント購入はできない」と決意するかもしれませんが、今度は詐欺業者の側からポイントをプレゼントされて、コンタクトし続けるように強要されます。

5)刺激的な画像を送ってくる

出会い系詐欺の中でも、男性の欲望に訴えかけてくるのが、刺激的な画像を送ってくる方法です。この方法は、詐欺だとわかっていても、好奇心のほうが勝ってしまう人が多いのが問題でしょう。詐欺業者は、画像が見たいならアプリをインストールしてと言ってきたり、サイト登録をさせたりしてきます。

男性の好奇心と欲望をうまく利用して、理性的に考えられなくする方法なので、「ちょっとくらい騙されてもいいか」と業者の罠に自ら飛び込む人も多いようです。そのため、正気に返ったときには、かなりの大金をつぎ込んでいたなんてことも。

自業自得と言われてしまうことを恐れて、法律に訴えることもなく一人で悩みを抱えるケースが多く、ほとんど泣き寝入り状態で解決できない詐欺の手口です。

良い出会いを見つけるためにも出会い系詐欺を見分けよう

出会いの可能性を狭めないために

出会い系詐欺が横行しているからといって、婚活アプリや恋活アプリを活用しないのは、出会いの可能性を自ら狭めていることになります。

もはやインターネットなしでは生きていけないこの時代において、恋愛や結婚に関してのみアナログ頼みでは、ますます出会いのチャンスをふいにしてしまうのではないでしょうか。

出会い系詐欺に騙されるのが嫌なら、詐欺の手口に精通して、本物の出会いと偽物の出会いを見分けられるようになる必要があります。

恋をすると猪突猛進してしまうタイプなら、自分の感情と欲望をうまくコントロールして、詐欺業者の甘い口車に乗ることがないよう気をつけるようにしましょう。

有島ユウキ
世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。