プロポーズ
婚活のノウハウ

幸せにしたい!バツイチ彼女の心を解き放つ8つの言葉

バツイチの彼女との将来を真剣に考えているのに、彼女のほうはなかなか関係を進展させてくれない場合があります。もしかしたら、バツイチであることが彼女をためらわせているのかもしれません。ここでは、バツイチ彼女の心を開くためにぜひ使っていただきたいフレーズをご紹介します。

バツイチ彼女を消極的にさせるのは「不安」と「ためらい」

バツイチ彼女の不安な気持ちを和らげてあげることが重要

大好きな彼女はバツイチ。でもそんなの関係ない!自分が幸せにしてあげたい!という男気はご立派です。ただ、こちらの熱意に引き替え彼女のほうはちょっと消極的だと感じられるときはないでしょうか。それはもしかしたら、バツイチであることが足かせになっているのかもしれません。

彼女に一歩を踏み出してもらうには、心の中に抱える不安やためらいを解消してあげることが大切です。ここでは、バツイチ彼女に前向きな気持ちになってもらうためのフレーズをご紹介します。

彼女のすべてを受け入れたい気持ちを伝えよう

1 離婚も君の人生の一部分。否定したりしないよ

バツイチもめずらしくない世の中になりました。しかし結婚となるとやはり、離婚歴がある人は避けられることもあるのが現実です。特に女性の場合、お相手本人はともかく親からは決して良くは思われないものです。バツイチは恥じるようなことではありませんが、まだまだ偏見の目があることを彼女自身がいちばんよくわかっているはずです。

離婚歴も彼女の人生の一部です。過去を悔いる気持ちがある限り、幸せへのドアは開かれません。あなたが彼女に伝えるべきは、辛い過去を経て今の彼女があること、彼女が歩んできた人生を丸ごと受け入れる準備ができているという気持ちです。

2 君を傷つけた人と僕は同じ男でも違う人間だよ

最初の結婚に失敗してしまったというバツイチ彼女の挫折感は、離婚未経験者が想像するよりずっと根深いものです。いつまでも消えない心の傷となってしまっているかもしれません。特に元夫の浮気やDV等が原因で離婚に至った場合、男性全般に対する不信感はなかなかぬぐい去れないものです。

バツイチ彼女が一歩を踏み出せないのは「この人もいつか自分を裏切るのではないだろうか」「また失敗したら今度こそ立ち直れない」という不安があるからではないでしょうか。

そんな彼女にあなたが伝えなければならないのは、すべての男性が悪いヤツというわけではないということです。あなたの誠実さを信頼してもらうためのキラーフレーズとして覚えておいてください。

3 本気で好きになったら、バツイチなんて関係ない

バツイチであるということで彼女を良くも悪くも特別視するのはよくありません。よかれと思って気を遣いすぎると、彼女はかえって居心地悪く感じてしまいます。彼女はあくまで普通に接してほしいと思っているのです。

彼女は自分なりに過去を乗り越え、あなたといることを選んだのだということを忘れずに。離婚のことを意識しすぎず、目の前の彼女だけを見てあげてください。

離婚は彼女の人生の一部ではありますが、彼女自身のパーソナリティと離婚は関係ありません。人を好きになる上で、バツイチかどうかなんてどうでもいい問題であること、好きという気持ちこそが自分にとって大事なのだということを伝えてあげてください。

4 今の生活を大切にしつつ、次のステップも考えてみて

離婚は結婚の3倍のエネルギーを消耗するといわれていることをご存じですか? 法律上の手続きから慰謝料、財産分与などお金の問題の解決、仕事探し、新生活の準備など離婚にあたって考えなければならないことは山のようにあります。子供がいる場合はいっそう大変なのは言うまでもありません。

彼女にしてみれば、離婚のゴタゴタが片付きようやくホッと一息入れられるようになったというのが今の状態なのです。せっかく落ち着けたのに、恋愛でまた生活をざわつかせるのにためらいを覚えても不思議はありませんよね。

あなたとしては彼女との関係を早く進めたいところでしょうが、大事なのは彼女の気持ちです。今の彼女の状態を気遣う言葉をかけてあげるだけで、二人の関係はさらに良いものとなるでしょう。

5 バツイチを気にするような器の小さい男じゃないよ

バツイチ彼女が最も気にするのは、「結婚がうまくいかなかったということは、やっぱり彼女自身に問題があるんじゃないか」という偏見かもしれません。

離婚のことを気にしないとあなたが口では言っていても、何かあったときに「やっぱりバツイチ女性とはうまくいかないのかな」と思われるのではないかと不安を感じることもあるでしょう。

パートナーの過去をいつまでも根に持つような男性では、バツイチ彼女を幸せにすることはできません。大切なのは、彼女のすべてを受けとめる「器」です。彼女があなたを頼もしく感じてくれればきっと、自分の人生を預けてもよい相手だと考えてくれるでしょう。

6 君とお子さんの気持ちをほかの何よりも優先するよ

いくらあなたがバツイチ彼女との関係を進展させたいと思っていても、相手の気持ちを考えずグイグイ迫るのは禁物です。「この人は自分のことばかり考えていて、私の気持ちを尊重してくれない」と彼女が感じたら、最悪の場合はお付き合いそのものが終了してしまう恐れすらあります。

特に子供がいる場合、彼女は自分のことより子供のことを優先して考えるでしょう。離婚後の交際は、相手の人間性をじっくり見つつ、慎重に進めていきたいと思っているはずです。

あなたが示すべきは大人の男の余裕です。「君のペースでいいよ。君のためならいつまでも待てるよ」とゆったり構えて、彼女を安心させてあげましょう。

7 君とお子さんを幸せにするチャンスを与えてほしい

バツイチ彼女との再婚は、彼女と前夫の子供を自分の子として受け入れることを意味します。子供の年齢にもよりますが、あなたと我が子が良好な関係を築いていけるかという問題こそ、彼女が最も気にかけることだと言ってよいでしょう。

彼女としては、連れ子がいることを引け目に感じずにはいられないでしょう。どちらかに過度の遠慮や負い目があるとカップルはなかなかうまくいきません。あえてあなたのほうが謙虚な姿勢を示すことで、彼女の心理的な負担を取り除いてあげましょう。気持ちが楽になれば、彼女も前に進みたい気持ちになれるはずですよ。

8 会うべき時に会えた運命に感謝しているよ

離婚する際には大変な苦労をしたり傷ついたりするのは避けられません。バツなんて、できればつかないほうがよかった―バツイチ彼女はそう思っていることでしょう。でも、過去はどうしたって変えられません。たくさん辛い思いをし、困難を経験してきた彼女は人としてより成長したはずです。

悲しみを知ったからこそ、本当の幸せを感じることができるものです。もし離婚前の彼女に出会っていたとしても、何も始まらなかったかもしれません。あなたが愛おしく思っているのは、苦労を経てより強く、より優しくなった今の彼女なのだということを伝えてあげてくださいね。

彼女の気持ちを尊重し、寄り添う姿勢が大切

バツイチだからといって特別扱いせず、誠実に向き合おう

バツイチ彼女の心を開くには、不安とためらいの気持ちを払拭してあげることが大切です。

  • 「離婚も君の人生の一部分。否定したりしないよ」
  • 「君を傷つけた人と僕は同じ男でも違う人間だよ」
  • 「本気で好きになったら、バツイチなんて関係ない」
  • 「今の生活を大切にしつつ、次のステップも考えてみて」
  • 「バツイチを気にするような器の小さい男じゃないよ」
  • 「君とお子さんの気持ちをほかの何よりも優先するよ」
  • 「君とお子さんを幸せにするチャンスを与えてほしい」
  • 「会うべき時に会えた運命に感謝しているよ」

などの言葉で彼女を安心させてあげましょう。

CeCe
都内在住ローンウルフ型webライター。得意分野は人間関係やライフスタイル、カルチャー情報などなど。現在は女性向けメディアを中心に執筆中。男女の複雑な心理の綾を明快に解き明かす手腕には定評がある。