メッセージ返信に悩む男性
婚活のノウハウ

絶対返信が来る!マッチングアプリのメッセージテンプレ3選

マッチングアプリでなかなか女性から返信が来ない、会えないという方必見。女性がどういうことを気にするのかと、何を書いて送ればいいかテンプレ付きでご紹介します。

アプリを使っているのに返信が来ない!

相手のプロフィールを読んでますか?

バツ、ありえない、イライラ

マッチングアプリでたくさんの女性に「いいね」を送っているのにマッチングしない。マッチングしてもメッセージが続かないと悩む方もいらっしゃるでしょう。

そんな方が、女性と出会えるようになるためのポイントをお伝えします。

まずその前に、あなたが女性から嫌われることをやっていないかを確認しましょう。初めにどんなメッセージを送っているでしょうか。

女性が反応を返さないのは次のような場合です。

  • 「こんにちは」だけで要点がない。
  • アプリのプロフィール文に書いてある情報と同じ自己紹介文が送られてきた。
  • 女性がプロフィール文に書いてあるのと同じことを質問してきた。
  • あまりに年齢が離れている相手からメッセージが来た。
  • プロフィール文が短い、写真が怪しい男性から「いいね」が来た。

ご自分がどんなメッセージを送っていたのか、確認してみましょう。けっこう多いのが女性のプロフィール文を読んでいないという男性です。

「新宿で会社員をやっています」と書いているのに

「職場はどの辺ですか?」

と質問したら読んでいないのが分かりますよね。まずは、相手のプロフィールをしっかり読むのは基本中の基本です。

怪しいと思えば女性は会おうとしません

返信、line、スマホ

マッチングアプリは普及していますが、個人差はあれど女性はネットの出会いに慎重です。男性の場合、見知らぬ女性とネットで知り合って会う時に心配するのは「うまく話せるかな」「写真と違って可愛くなかったらどうしよう」とその程度ではないでしょうか。

女性は「危ない人だったらどうしよう」「失礼な人だったら嫌だな」と男性よりもずっと気にすることが多いのです。メッセージのやり取りを通して相手を信用しないと会おうとしません。

また、メッセージ文以前に自撮り写真や顔が小さい写真を使っているとか、自己紹介文で人柄がイメージしにくいとそれだけで不安なのです。

写真とプロフィール文を変えただけで返信が増えることもあります。会ったら誠実な人柄が分かる方でも、会おうと思われないような写真を使っていれば会えません。

メッセージで相手との共通点を伝える

omiai初メッセージ

マッチングして初めてのメッセージ文はよくあるこの一文を送る方が多いです。

「はじめまして。よろしくおねがいします。」

もちろんこれでもいいのですが、相手の女性のプロフィールを読んで共通点があれば、それを加えるとより返信が来る確率は上がります。

テンプレ1

  • 「はじめまして。僕もケーキが好きなので〇〇さんに興味を持ちました。一緒にご飯食べに行けたらいいですね。よろしくお願いします。」
  • 「はじめまして。僕も漫画が好きなので〇〇さんに興味を持ちました。鬼滅の刃とone-pieceは全巻持っています。どうぞよろしくお願いします。」
  • 「はじめまして。僕も職場が新宿なので〇〇さんと近いなと思いました。どうぞよろしくお願いします。」

趣味、食べ物、エリアで共通点があるのならば、それを盛り込んでみましょう。お相手からも「そうなですね。私はモンブランが好きなんです。どんなケーキが好きですか?」と質問がきて会話が続きやすくなります。

自分のことを伝えてから、相手に質問をする。

メッセージを見る女性

人によりけりなのですが、女性はすぐに誘ってくる男性を警戒します。初めの1週間は、お互いのことを知ることが必要です。

しかし、「仕事は何ですか?」「休みの日は何しているの?」「職場はどこ?」と質問が2~3つ続くと質問攻めに感じるのです。

お相手のことを知る場合、まずは自分のことを伝えてから相手に質問しましょう。

テンプレ2

  • 僕はいつも帰るのが20時頃です。〇〇さんはいつも何時ごろですか?
  • 休みの日は何をされますか?僕はたまに映画を見に行ったりします。この前は「ボヘミアンラプソディー」を見ました。
  • 僕はIT企業で保守管理の仕事をしていて、職場は新宿ですが取引先に出かけることも多いです。〇〇さんはどんなお仕事されてますか?

また、プロフィールに書いてあることについて深堀して相手に質問してみてもいいでしょう。例えば仕事が「看護師」と書いてあれば「夜勤とかあるのでしょうか?」と聞いてみるといったことです。

自然にデートに誘うきっかけを作るならこのフレーズ

待ち合わせ

ここまでのやり取りが続いたら会えるのはもうすぐです。相手の仕事、忙しさ、活動エリアなどが分かりましたね。

ここまで出来たら、相手を誘う口実になるようなことを聞いてみましょう。「僕も〇〇好きだから一緒に行きませんか?いつがご都合よろしいですか?」とつなげるためのきっかけです。

鉄板なのは食べ物です。好きな食べ物を聞いてみましょう。

テンプレ3

  • 〇〇さんは好きな食べ物はなんですか?僕はお寿司とか和食、あと甘いものとコーヒーも好きです。

↑↑

これマネしてください。そのまま使ってOKです。

ただ「食べ物は何が好きですか?」と尋ねると、「なんでも食べます」とか言われることもあります。また、あなたがあまり詳しくないフレンチとか答えられてもデートのきっかけになりません。

後ろにお寿司、和食、甘いもの、コーヒーが続くと、わりと女性はその挙げたものの中から1つぐらい選んでくれます。

🚺「私も和食好きです。あとイタリアンも好きかな。甘いものも好きですよ」

🚹「そうなんですね。よかったら、今度ランチでもいかがでしょうか?代々木に美味しい和食のお店があるんです」

ここで無事デート成立となり、あとは日程調整だけです。

間違っても自分が好きなものをラーメン、焼き肉、とんかつ、居酒屋のように女性との初デートで行かないものを上げないようにしましょう。

デートに誘う流れを考えてメッセージを送りましょう

返信しやすい文章を考えることは気配りです

いかがでしたでしょうか?マッチングアプリのメッセージは、相手を安心させることと、デートに誘う為のものです。

もし、ここまで読んで「難しい」と感じた方がおりましたら、結婚相談所の登録をお勧めします。なぜかというと、結婚相談所はメッセージのやり取りがなく、双方が「いいな」と思ったらあとはデートの日程調整にはいるのです。プロフィール文の添削してくれたり、相手からお断りされた場合の理由も教えてもらえるのでどう改善するかが分かります。

店舗がなくオンラインで完結するリーズナブルな結婚相談所も増えております。おすすめはエン・ジャパングループが運営しているエン婚活エージェントです。

エン婚活エージェント 公式ホームページ

全国対応のスマリッジもおすすめです。こちらは登録料6,000円です。

スマリッジ 公式ページ

菊乃
出逢いがない女性専門の恋愛コンサル・作家の菊乃です。 執筆・セミナー講師をやっております。 1979年9月9日山形県生まれ。ペンネーム菊乃は菊の節句生まれに由来。