安全に利用できる恋活アプリ★おすすめランキング★(無料・有料別)

「恋活サイト」と聞いて「出会い系」「サクラが多い」などと利用をためらったことはないでしょうか?しかし、ここで紹介する「恋活サイト」にそのような心配は無用です。いずれも「本人確認」「独身確認」ができる真剣に恋を探している人だけが利用できる比較的安全なサイトを比較してみました。

529
安心して利用できる恋活サイト

恋活アプリと出会い系の違い

恋活アプリのおすすめランキング

恋活アプリとは、簡単に言えばマジメにお付き合いができる恋人を探せるマッチングアプリのことです。いわゆる出会い系アプリは除外していますので安心してください。

女性は無料のものが多いですが、男性は有料の場合はほとんど。男性も無料の恋活アプリがあるとすれば、ほとんどが勧誘目的の業者や援助交際狙いの女性が登録していると考えてください。

(男性も無料で利用できると企業は儲からないので、運営する意味がないからです)

ポイントは、「マジメにお付き合いができる恋人」という点なので、ナンパな出会い系とは違う!ということを覚えておいてください。

恋活アプリのおすすめランキング

各サービス名称をクリックするとページ下部の詳細情報にジャンプします。

名称

Match(マッチ) 

pairs

会員数 250万人(日本のみ) 600万人(日本以外含む)
会員属性 30代〜40代が中心
男女比 男6:4女
20代前半〜30代前半が中心
男女比 男6:4女
料金体系 1ヶ月プラン
月額3980円
1ヶ月プラン
月額2980円
女性は全てのサービスが無料
特徴 世界5大陸、25ヵ国
8言語で運営
Facebookのアカウント必要
口コミ
評価※
3.7 / 5.0
69,919件の評価
3.6 / 5.0
7,627件の評価

omiai

youbride

ゼクシィ恋結び

累計200万人 130万人以上 52万人
20代〜30代
男女比 男7:3女
30代前半〜40代前半が中心
男女比 男7:3女
20代〜30代
男女比 男54:46女
1ヶ月プラン
月額 3,980円
10代,20代女性に限り無料
ライトプラン
月額 2,600円
1ヶ月プラン
月額 4,298円(税込)
会員登録は無料
全件目視で年齢確認
を行っている
mixiグループが提供 ゼクシィが始めた
新サービス
3.7 / 5.0
2,131件の評価
3.7 / 5.0
1,307件の評価
3.5 / 5.0
4,615件の評価

2017年9月 まりおねっと調べ
※口コミ・評価はGoogle Playより

 

安心して使える安全な恋活アプリとは

今回ご紹介する恋活アプリは、いわゆる「出会い系サイト」とは根本的に異なっています。

本人確認が徹底している

恋活アプリでは「どこの誰」だけでなく「○○大卒業の独身で恋人がいない誰」まで確認します。

確認の方法としてはクレジットカードの番号を入力することや(しっかりとした職業の人でないとカードは持てませんよね)、運転免許証やパスポートなど画像として提出してもらい本人の情報と照らし合わせることなどを行い、本当に恋活したい本人であることを確認します。

恋活アプリによって異なりますが

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
    ⇒ほとんどのアプリで必須
  • Facebookアカウント(友達が〇〇人以上)
    ⇒アプリによっては必須(ペアーズ、Omiai、withなど)
  • 独身証明(公的機関が発行する書類。結婚相談所への入会時に必要)
    ⇒提出は任意
  • 年収証明(源泉徴収票など。年収詐欺を防止)
    ⇒提出は任意

などを提出することで信用度を上げます。たくさん証明書を提出している人は「本気」ということが分かります。どこまで提出するかは皆さん次第です。

その他Facebookのアカウントなどと連動させているアプリも増えています。Facebookは基本的に1人1アカウントしか作れませんから、サクラや複数の人格となり活動することを防ぐことができます。

Facebookと連動する場合「交際ステータス」が「なし=恋人なし」の人だけが登録できます。もちろん「既婚」と書いてある時点で入会はできません。活動していることは友人にばれることもありません。リアルな友人は紹介されないようになっています。

明朗会計、定額制

結婚相談所の料金

  • 会員登録は無料
    恋活アプリはまず無料会員として異性を検索でき、実際にマッチングしメッセージのやり取りをする段階で有料となるものがほとんどです。女性の場合、完全無料のものもあります。お試しをして反応を確かめてからじっくり活動できます。
  • 有料であっても定額制
    出会い系サイトでは「ポイント制」で1回メッセージを送ると○○ポイント、そのポイントが何円なのかよくわからないままどんどん課金してしまいますが、恋活アプリは基本的に有料会員でも「1ヶ月○○○○円」の定額制になっています。
    知らない間に課金額が加算されていたという心配もなく、安心して分かりやすい金額になります。

以上の2点によって出会い系サイトとは一線を画した安全な運営が恋活アプリでは保証されています。

それでは、各社の細かいサービス内容、料金体系、メリット/デメリットを見ていきましょう!


[取材レポート] 250万人が登録した婚活サイトの実態を独自調査!

安心・安全なおすすめ恋活アプリ5つの比較

1)Match(マッチ)

match.com

【概要】

アメリカで1995年に誕生した世界最大のマッチングサービスです。一説にはアメリカで結婚したカップルの5組に1組はここで知り合ったとも言われています。日本国内での会員数は累計250万人ですが現在も会員は増え続けています。

マッチ公式ホームページ

□会員数

累計250万人以上

□料金体系

男女とも有料会員あり

  • 6ヶ月 14,802円(2,467円/月)+恋が始まる保証 (返金制度)
  • 3ヶ月 8,379円(2,793円/月)  
  • 1ヶ月 3,980円

□利用者の年齢層

20代~40代

特に20代後半~30代前半が多い。

口コミや評判が気になる方はこちらをご覧ください。

□利用方法

  1. 無料会員で登録して異性を検索します。
    詳細な条件設定もできるので、多数いる会員の中からご自身の希望に合う人を検索してください。
  2. 気に入った人がいれば「ウィンク」を送ります
  3. マッチングするとメッセージのやり取りができます(ここから有料)
    有料会員になると「足あと機能」も利用でき、どんな人が自分に興味を持ってくれたのかが分かります。

□サイトの特徴

① 本人確認

クレジットカードによる認証。

個人名義でクレジットカードがある=信用がある

任意で公的身分証明書や収入証明、独身証明などを提出し信用度を上げることもできる。

② ウィンク機能

Facebookの「いいね!」に近い機能。無料で好意を伝えることができる。相手がそれに気づけばメッセージを返しやすくなるためマッチング率が飛躍的に上昇。

□メリット

① 今日のマッチ機能

ランダムに1日10人の異性が紹介。「はい」「いいね」「たぶん」を選択し、「はい」を答えた相手にはその旨が連絡される。「はい」と答えると「貴方に興味がある人」として登録され、マッチングの可能性が高くなる。

② 女性会員は無料でも利用可能

男女ともに有料会員にならないとメッセージができないのが原則ですが、実は男女どちらかが有料会員ならばやり取りができるのです。

無料会員同士はメッセージのやり取りだけができません。男性のほうが有料会員となりメッセージを送ることが多いので、受け身の女性は無料会員のままでも男性からたくさんメッセージが届くため無料で活動できる。

もちろん女性も有料会員になってどんどんアタックする方法もアリです。世界最大、日本最大級のマッチングアプリのメリットを利用してみましょう。最もメジャーな恋活サイトの1つです。

<恋活おススメ度> ★★★★★

利用者の年代が幅広いため「婚活」だけではなく、まずは恋愛を楽しみたい「恋活」目的としても利用している人が多く、是非ともおススメしたいサイトです。

マッチ公式ホームページ

2)Pairs(ペアーズ)

pairs

【概要】

Facebookと連動したマッチングアプリとしては国内最大規模のものです。いちばんの売りはFacebookのアカウントを持っていないと入会できないことにあります。つまり、1人につき1アカウントしかFacebookは登録できませんから、サクラやなりすましを防止することができます。リアルに友人が多い人=身元がしっかりしていて活動的な人が会員になれる仕組みです。

ペアーズ公式ホームページ

□会員数

600万人(日本以外も含む)

□料金体系

男性有料。女性原則無料

  • 12か月 22,780円(1,898円/月)
  • 6ヶ月 14,280円(2,380円/月)
  • 3ヶ月 8,580円(2,860円/月)  
  • 1ヶ月 2,980円

女性は基本無料ですが様々な特典がある有料コースもあります。無料コースだけでも十分に活動できるので安心してください。

□利用者の年齢層

20代~40代

特に20代~30代前半が多い。

口コミや評判が気になる方はこちらをご覧ください。

□利用方法

毎月決まった日に一定数の「いいね」が付与されます。Facebookと同じ感覚でいてください。「いいね」は申し込みの権利のようなもので、それを消費して意中の異性に「いいね」(申し込み)します。

「いいね」された相手が自分のプロフィールを見て「いいね」を返せばマッチング成立。以降メッセージのやり取りができます。

□サイトの特徴

① 本人確認

Facebookアカウント(必須)

加えて運転免許証やパスポートなどをアップロードすることによって本人確認を行う。Facebookアカウントだけでも活動はできるが信用されない。

② 男性はメッセージのやり取りのためには有料会員になることが必要

男性が無料なのはここまで。2通目のメッセージや相手からのメッセージを開封する際には有料会員登録が必要になる。女性は全ての流れを無料で行うことができる。

③ 「いいね」と「ポイント」制

基本的に1回「いいね」をした人は検索画面から消えて2回目の「いいね」はできない。例外的に「ポイント」を消費することによってリトライが可能。

「いいね」:基本無料。使い切った場合は購入も可能(この場合女性も支払いを行う)

「ポイント」:有料。いいねとは別に購入し、「いいね」のリトライやアプリ内で開催されているイベントへの参加などに消費する。ポイントを購入しなくても基本的な機能は使えるので「オプション」となる。

□メリット

① コミュニティ

mixiのように興味のあるテーマのコミュニティがあり、そこに登録している人に「いいね」をすることができる。共通の趣味や価値観を持つ人を確実に選べるのでマッチングしやすいシステムになっている。

② メッセージ付き「いいね」

最初の「いいね」の際にポイントを消費することでメッセージを添付することができる。

男性が目立つためには、メッセージがあると効果抜群。ポイントを消費するため有料になるが、本当に「この人とマッチングしたい!」と思う場合使ってみると効果が高い(約3倍のマッチング率)。

<恋活おススメ度> ★★★★★

若い女性が多くそれに伴い男性も年齢が低い傾向にあります。大学生の会員も多く結婚よりも恋活という人にはかなりおススメです。Facebookを使っているならばとりあえず入会してどのくらいマッチングするのか確かめてみてもいいでしょう。

ペアーズ公式ホームページ

3)Omiai

logo

【概要】

日本で最初にFacebookと連動したシステムを取り入れたマッチングアプリです。後発のアプリはこのOmiaiのやり方を踏襲しています。先例を作っただけあって信頼度は高くトラブルなどもほとんど起きていません。

会員規模はFacebook連動型マッチングアプリでは日本で2番目の規模になります。

Omiai 公式ホームページ

□会員数

累計200万人

□料金体系

男性基本有料、女性30代以上有料

  • 12か月 33360円(2780円/月)
  • 6ヶ月 22680円(3780円/月)
  • 3ヶ月 11640円(3880円/月)  
  • 1ヶ月 3980円

18歳~29歳までの女性は無料でメッセージのやり取りも含めて活動できます。

□利用者の年齢層

20代~40代

30代が多い

口コミや評判が気になる方はこちらをご覧ください。

□利用方法

基本的な使い方はPairsと同様です(Omiaiのほうが先にできたわけですが)。決まった回数与えられる「いいね」を異性に送り、異性も「いいね」を返せばマッチング成立になります。以降のやり取りは男性有料、女性も30代以上の方は有料になります。18歳~29歳の女性は無料で利用できます。

□サイトの特徴

① 真剣交際や婚活希望者が多い

30代以降の女性が有料であるため、その年齢以上の女性は「遊び」目的の人が少ないということになる。

適当に「いいね」を送ってきた男性から選ぶということではなく、女性側からも積極的にマッチングしようと努力するケースが多い。

結果的に20代女性についても真剣交際を意識している人が多い。したがって「恋活」というよりも結婚相手を探す「婚活」目的の人がPairs などに比べると多くなっている。

② 本人確認

Pairsと同様、運転免許証やパスポートの画像をアップロードすることで本人確認を行う。審査は迅速。

□メリット

① 様々なイベント

プロフィールに設定した「お酒を飲む、飲まない」や「すぐに会いたい、じっくりやり取りしてから会いたい」などステータスごとに無料で「いいね」できるイベントが定期的に開催。

同じ趣向や習慣の人をマッチングさせようとしている試みとして評価できる。

② 突発的な「いいね」の付与

あるタイミングで期限を限定した「いいね」が付与されることがある。

「1000いいね」単位で付与されることもあり。場合もあります。一度「いいね」した人はリトライ(Pairsと同様)しない限り表示されないので、「無駄打ち」と考えるか「積極的にチャンスを活かす」と考えるかは利用者次第。

<恋活おススメ度> ★★★★☆

恋活としても利用できますが、こちらは婚活目的の方が結構多いようです。もちろんその中で年齢が若い人は人気がありますので恋活目的としても十分に活用できます。

Omiai 公式ホームページ

4)youbride(ユーブライド)

youbride

【概要】

mixiグループが運営するマッチングアプリです。男女とも基本的にやり取りを進めていくためには有料になります。SNS老舗のmixiグループ運営ですので情報管理やプライバシー保護には全く問題がありません。Facebookアカウントでのログインもでき、Facebookのステータスが反映されます。ただし必須ではないのでFacebookと分けてログインすることができます。

AppStore GoolePlay
※クリックするとストアアプリが立ち上がります

□会員数

累計130万人

□料金体系

男女とも基本有料会員

  • 6ヶ月 13,920円(2,320円/月)
  • 3ヶ月 8,910円(2,970円/月)  
  • 1ヶ月 3,980円

□利用者の年齢層

30代~40代

特に30代が半数近い。他の恋活サイトと比較して年齢層が高い。

通常のマッチングアプリではプロフィールと写真のみで判断しますが、mixiグループだけあって「ユーブラ日記」というmixiで言う日記や、ツイッターに近い「つぶやき」機能があります。その人の人柄や価値観、性格などを文章からうかがい知ることができます。

口コミや評判が気になる方はこちらをご覧ください。

□利用方法

相手とマッチングするためには有料会員になりメッセージを送ることが必要です。有料会員には「ライトプラン」と「スタンダードプラン」があり前者は有料会員間でしかメッセージのやり取りができません。

「スタンダード会員」⇔「無料会員」のやり取りは例外的に可能だが、無料会員からアクションは起こせないので有料会員になるほうがいいです。

□サイトの特徴

① 本人確認

クレジットカードまたは運転免許証やパスポートなどの身分証明書によって行う。他のマッチングアプリと比べて認められる公的書類の種類が多い。

② 専門家の恋愛コラム

他のサイトは単にマッチングするだけの機能しかないが、youbrideでは専門家による恋愛コラム、アドバイスや会員からの質問への回答などが掲載されている。

読み物としてもためになるものばかりで、ご自身が質問することも可能。システム的Q&Aではなく恋愛への相談ができる。

□メリット

○価値観マッチング

入会時に登録する相手への希望項目、「年齢」「身長」「体型」「子供の有無」「学歴」「年収」「結婚歴」「タバコ」「お酒」「趣味」「同居」「まず初めは」「遠距離恋愛」17項目が異性とどのくらいマッチングしているか分かる。

マッチングしている項目が多ければそれだけうまくいく可能性が高い。

<恋活おススメ度> ★★★★☆

恋活としても十分利用が可能です。ただし、男女とも有料会員が原則ですので出会いに真剣=婚活目的で利用している人が多そうですね。年齢層が高いことも考慮してみてください。

AppStore GoolePlay
※クリックするとストアアプリが立ち上がります

Zexy恋結び

【概要】

結婚情報誌「ゼクシィ」を発行しているリクルート社が運営している恋活マッチングアプリ。Facebook連携型なので、Facebookアカウントが必要です。

同じようなものとして「ゼクシィ縁結び」がありますが、「縁結び」は婚活用に特化したもので、ウェブ版のみです。(アプリはありません。)

と考えてください。

もちろんゼクシィ恋結びで知り合った人と結婚していただいても構いません。

□会員数

約52万人

□料金体系

男性有料、女性(ほぼ)無料

(男性)

  • 12ヶ月 21,360円(1,780円/月)
  • 6ヶ月 13,680円(2,280円/月)  
  • 1ヶ月 2,880円

(女性)

  • 登録料として108円

□利用者の年齢層

20代~40代

20代の女性比率が高いと言われています。

□利用方法

PairsやOmiaiと同じようなFacebook連携型のマッチングアプリと同様、検索をして気になる人がいれば「いいね」「気になる!」を押してください。相手がそれに応えればマッチング成立。メッセージのやり取りができます。

そこから男性の場合は有料となります。女性も登録料として100円が必要ですが、ほとんど気にする金額ではありません。

□サイトの特徴

① リクルートが運営

膨大な就職関連情報を取り扱っていることから分かるように個人情報管理体制は万全。また、リクルートは女性ウケするという事実がある。

② キャリア志向の女性が多い

リクルートはキャリア志向で活発な女性と親和性があるのがリクルートであるため、Zexy恋結びの会員もアクティブな女性がたくさん入会していることが予想されている。他の恋活サイトと比較してリクルートの企業イメージが好きな会員層が多い。

③ 本人確認

他の恋活サイトと同様運転免許証やパスポート、保険証などで行う。

□メリット

① 若い年代が多い

リクナビなどを利用している大学生や、就職したての若い社会人が多い。リクルート自体学生にはおなじみで信用があり、サイトの健全さがアピールされている。真剣に恋人を探したい人たちが集まっている。

② 恋活アクティブ層が多い

「リクナビ」と同じ感覚でやっている人が多いため、ログイン率が高い。アクティブ層が多ければ出会いの確率は上がる。

<恋活おススメ度> ★★★☆☆

リクルートが「縁結び」と明確に分けて「恋結び」を運営しているわけですから、恋活に特化しています。ただし、まだサイトが開設されて2,3年ですので、会員数は急上昇中といっても50万人を超えたところです。実質無料の女性会員がどこまで活動的になれるのかが未知数の部分があります。

ゼクシィ恋結び 公式ホームページ


★割引クーポン付★ゼクシィ縁結び&恋結びで出会いを探すコツを取材!

気軽にできるのが恋活アプリ!

自分の目的に応じて使い分けましょう

ネットでの出会いは今では珍しいことではありませんし、恥ずかしいことでもありません。良くも悪くも「ウェット」な人間関係が薄れてきているので、それに代わる方法としてネットを利用して恋人探しをすることは理にかなっています。逆に恋活サイトを使いこなせないと出会いの機会は遠くなってしまいます。

今回紹介したそれぞれのアプリをまとめると

という特徴があります。どれが一番ご自身にあっているかどうか、このコラムを参考にしていただければありがたいです。恋活ですのでそこまで真剣に考えず、気楽な気持ちでやっていきましょう。

あれもこれも一度に手を出さず、1か月単位で会員になり自分に合うかどうか確認してもいいと思います。

恋活サイトは有名で安心できる会社が運営している、異性の身分証明付き紹介サイトです。他の出会い系と比べて安心、安全、サクラもいません。素敵な出会いにつなげてみてください。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪ランキング発表≫異性と出会う方法

社会人になると「出会いがない!」悩みを持つ人は多いのでは?

職場や友人とのつながりの中でも出会いがないと、なかなか新しい出会いを見つけるのは大変ですよね。

定番の合コンや友達の紹介は、あまり期待できないし、婚活パーティーに行くのもちょっと勇気がいる・・・

そこで異性と出会う方法トップ10をご紹介しますので、どんな方法があるか見てみませんか?

☆ランキングを見る☆

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部