子ども、シングルマザー、親子
婚活の心構え

インタビューで聞いてみた、シンママの恋愛事情について

離婚後に子供を引き取り、仕事・子育てをひとりで行うシングルマザー。 多忙を極める毎日の中で、恋愛するのは可能なのでしょうか?出会い方や、デート中に子どもはどうするのか?など、気になることが盛りだくさんですよね。 実際に恋愛しているシンママは、忙しい毎日の中でも工夫しながら両立しているようです。 シンママの恋愛事情について、インタビューで取材したリアルな声をお届けします!

超多忙なシンママでも、工夫すれば恋愛は可能

他のシンママはデートの時にどうやってるの?

シンママは、たった一人で子育て・仕事・家事を両立するマルチタスクな毎日です。

両親や友人などのサポートがあっても、基本的には一人で責任を感じながらの毎日なので、心労は大きいもの。
このまま一人で生きていくより、心を癒す恋人の存在や再婚を目指すなら、恋愛期間が必要です。

こんなに忙しい毎日の中で、一体どうやって恋愛するの?と疑問が生まれますが、恋愛をしたい他のシンママはどのようにしているのでしょうか?

ここからは、インタビューしたシンママたちのリアルな声をお届けします。
実際どんな風に恋愛しているのか?子育てと恋愛の両立など、気になるあれこれを取材しました!

インタビューで聞いてみた、シンママの恋愛事情

シンママが選ぶ男性の条件

育児、子供、家事

彼氏が欲しいAさんの場合

「恋愛できるかどうかは『バツあり・子あり』を知ってからの相手の反応で見極めます。途中で知って態度が一変されても困るので、対象の男性にはできるだけ早く事実を伝えておきます。

どんなにタイプでも、ここで引く男性とは幸せになれないので仕方ないですね。」

後々後悔しない為にも、早く事実を伝えるのは大切なことですね。 理解ある男性はここでひるむことなく、子どもに興味を持って話が盛り上がるのだそうです。

理解ある男性は、シンママも恋愛対象

親子

まず、シンママと恋愛する男性の気持ちはどんなものでしょうか?

男性の中には、バツありで連れ子がいても、魅力的であれば恋愛対象とする人がいます。結婚相談所などでも離婚歴があると言ってお見合いで断られることはあまりありません。

「好きな人がシンママだっただけ」という考えで、普通の恋愛と入り口は変わりません。恋愛が可能なシンママの共通点は、女性としての魅力があること。

「仕事や子育てを両立していてすごい」とプラスの条件になることもあるんですよ。

再婚したい?それとも入籍はしたくない?

離婚

再婚したいTさんの場合

「 再婚したいなら、子どもに会わせたいか?というのも条件の一つ。タイプだけど、子どもに会わせるのはちょっとな~・・・っていう人だと、将来性がないですからね。

最初の段階から父親としての姿が想像できるかどうかもよく考えます。あと、前の旦那の悪いところに共通点がないかもポイントですね。」

再婚を目的とするなら将来的には家族を目指すことになるので、母親目線で男性を見極める必要がありますね。

Tさんは前の経験を活かして、次なる結婚生活で幸せを実現する為にも、心の中でかなり厳しいチェックをしているようです。

再婚は考えられないSさんの場合

離婚で大変な思いをしたので、まだ再婚とか考えられないです。子どもが小さいうちは子育てに専念したいので、今は時々好きな人とデートできればいいなぁと思います。

子どもが巣立って、まだお互いが大切な存在だったら、その時は再婚を考えるかもしれません。」

すぐに再婚は考えていないけれど、心の支えとして恋愛するシンママもいます。子どもの年齢によって親子の関わりには変動があるもの。

そのときのパートナーと気持ちを確認してから考えるというのも一つですね。

恋愛しないを選ぶシンママの理由

浮気

一方で「恋愛していないし、この先も恋愛するつもりがない」と思っているシンママもおります。どんな事情があるのでしょうか?

元旦那の浮気で離婚したUさんの場合

「離婚原因は相手の浮気。男性は浮気するものなんだと深く傷つき、男性不信になりました。もう二度とあんな思いはしたくないし、今は子どもと二人きりで幸せな毎日なので、恋愛しようとは思いません。」

子育てと仕事で余裕がないMさんの場合

「まず、周りに好きになれそうな男性がいないし、いたとしても時間がなくてとても恋愛なんてできません。目の前の仕事や子育てをこなすのに精一杯なので、恋愛するならもう少し生活に余裕ができたらと思います。」

過去のトラウマやライフスタイルによって、恋愛しないことを選択しているのですね。

恋愛が全てではなく、様々な幸せのかたちがあるので、そのままで幸せなら全く問題はありません!

ただ「恋愛したいけれどできない!」と悩む方は、ここからのインタビューを参考にしてください♪

インタビューで聞いた、シンママの出会い方

シンママの出会い方①マッチングアプリ

スマホを使う女性

シンママはどうやって恋愛対象の男性と出会っているのでしょうか? 多忙な中でも効率的に出会える工夫などを教えてもらいました。

Iさんの場合

「仕事の休憩中や、家事の合間などの隙間時間にマッチングアプリで婚活しています。

プロフィールに「結婚暦・子どもの有無」を記入できるので、最初から相手に事実が伝わるのも効率的ですね。若い初婚の女性よりは出会いが少ないので、複数のアプリを同時に登録していました。」

シンママの出会いで最も多かったのが、マッチングアプリです。

やるべきことの合間にさくっと出会えるのが便利との意見が多数。お互いの重要事項がプロフィールを読むだけで伝わるのも◎。

女性が無料で利用できるマッチングアプリ「ペアーズ」「Omiai」「マリッシュ」等を同時に使うのがおすすめだそうです。

シンママにおすすめアプリ『ペアーズ』

ペアーズ公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

シングルマザーを優遇しているアプリ『マリッシュ』

マリッシュ 公式ページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

シンママおすすめアプリ『Omiai』

Omiai 公式ホームページ


※クリックするとストアアプリが立ち上がります

シンママの出会い方②婚活パーティ

婚活パーティー、デート

彼氏ありTさんの場合

一度に複数の男性と出会えるし、1時間ほどで終わるので効率的。『バツイチ・シンママ限定』で開催されている内容もあって、最初から理解のある男性が集まる会を狙っていました。

あと、子どもの寝かしつけで夜は出かけられないので、平日の昼間開催を選んで参加していました。月に1回時間を作って参加し続け、今の彼と出会いました。」

多いときは1度に100名近い男女が集う婚活パーティであれば、より効率的に出会いを求められますよね。

人数が多ければ多いほど、ゆっくり話せる時間が限られるので、できれば少人数制がおすすめなのだとか。こちらも女性の参加費が安価な場合が多いので、経済的にも助かりますね。

シンママのデート事情。子どもはデートの時どうするの?

デート中の子どもの預かり先①ベビーシッター

保育士、シングルマザー

次に、素敵な男性と出会って次はデート。シンママだからこそ気になるのは、

  • デート中に子どもはどうしているの?
  • いつから子どもに会わせる?

という点だと思います。

子どもの年齢にもよりますが、まだ小さい場合は誰かに預かっていてもらう必要があります。実際にシンママはどうしているのでしょうか?

彼氏ありTさんの場合

「離婚後すぐに仕事で帰りが遅くなるときの為に利用開始したベビーシッターさんに預けてデートに出かけていました。最初は週に1回数時間でお願いして二人で会ってましたが、子どもに会わせても大丈夫そうだと思ってからは、毎回子どもを含めて会うようになりました。

今でも記念日や誕生日など、二人きりでデートするときにはベビーシッターさんにお願いしてます。」

各地域ごとに、1時間からお願いできるベビーシッターがいることをご存知でしょうか?

欧米では夫婦仲を保つために、子どもをベビーシッターに預けてデートに出かけるのは一般的なことです。 子どもに会わせられるかを判断する為の期間だけでも、預かり先に困ったら利用するのも一つですね。

デート中の子どもの預かり先②実家・友人宅

子ども、シングルマザー

実家に戻ったIさんの場合

「実家に同居しているので、デートに行くときは両親にお願いしてます。隠し事するのが嫌なので、会う人や時間を伝えていくから、罪悪感もありません。大好きなじいじとばあばといつものように家で遊んで待っていられるので、子どもも楽しそうで安心して出かけられます。」

再婚したいAさんの場合

「再婚する!と決意表明してから、親友家族が前面サポートしてくれてます。デートのときはいつでもうちに連れておいで!と心強い言葉をくれるので、月に何度か甘えています。自分の子どものようにかわいがってくれているので、デートの為に預けているというより、子どもが遊びに行ったからデートするかというかんじです(笑)」

周囲にサポートしてくれる人がいるのは心強いですよね。

子どもを置いてデートすることに罪悪感を感じてしまうシンママが多いですが、再婚するには恋愛期間が必要なので、子どもを含めて幸せになるためにも、頼れる存在には協力してもらいましょう

デート中の子どもの預かり先は年齢によりけり

デート、公園

①②で紹介した預かり先は、一人でお留守番するのが難しい場合。

年齢が小さい子どもの安全を確保するのは当然ですが、年齢が上がってきても一人でお留守番するのが難しいという場合もあります。その場合は、必ずデート中は子どもがストレスを感じないよに配慮が必要です。

ただし、高校生でアルバイトを始めたとか、もう既に自立して家を出ているなら、手が離れている時間帯にデートすることは可能です。

シンママたちの中には、今は恋愛は考えられないけれど、子どもが大きくなってから恋愛したいと考える女性も少なくありません。

せっかく好きな人ができても、子育てと両立できずストレスになると逆効果なので、子どもの年齢やライフスタイルに合わせてパートナーとコミュニケーションを取りましょう。

恋愛に踏み出す気持ちになれないシンママへ

お花見する家族

恋愛中のシンママもいれば、次の出会いに踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。新しいことをやるのは不安もありますよね。

同じ立場の方にどう思っているか彼氏ができたTさんにお聞きしました。

自信が持てないシンママへのメッセージ

「シンママだと、バツありだし、子どもがいるし、とまるで悪いところをたくさん抱えているような気持ちになります。でも、実際には大切な子どもがいて幸せだし、離婚で経験値を積めたから、悪いことばかりじゃないんです。

下手に出ると、男性とうまくコミュニケーションが取れなくて、不幸な恋愛になってしまいます。 胸を張っていれば、シンママを魅力として捉えてくれる素敵な男性に出会えるから、自信を持ってください。そして、出会えるまで諦めないでください。必ずぴったりの男性がいます。」

確かに、初婚女性と比べてネガティブになってしまうことはありますよね。幸せになりたいなら、前向きな心でいるほうが素敵な恋愛ができる男性と出会える確立が上がるかもしれません!

シンママの恋愛事情まとめ

効率的な出会い方と周りに頼ることが極意

シンママの恋愛はどこか世間ではタブー視されているように感じる方もいらっしゃいますね。

単なるバツイチと違って、子どもがいる中で恋愛するのはシンママ自身としても罪悪感を感じてしまうものですよね。

真意は子どもと一緒に幸せになるため。様々な方法の中から、シンママライフと両立できる方法を選択すれば、シンママの恋愛は可能なのです。大切なお子さんと幸せに暮らしていくためにも、ママも一緒に幸せになれる方法を探してみてくださいね。

編集部
婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部