告白する勇気がでる!出会いアプリで女性と付き合う秘訣

81

出会いアプリからの出会いで、なかなかリアルな恋愛に発展しないとお悩みの方は少なくありません。良い出会いが訪れたなら、チャンスを活かす方法を考えましょう。とはいえ告白はどんな状況でも勇気がいるものです。今回は出会いアプリで見つけた彼女と真剣交際に移るための告白の際、勇気を持つためのいくつかヒントを探していきます。

最初に「いいね」してみましょう

出会いアプリで恋人から結婚も可能!勇気だして告白から

真剣なお付き合いに発展させるために、まず告白する勇気を

出会いアプリでマッチングした相手とデートまでこぎつけても、実のある付き合いになかなかつながらないのはなぜでしょう。実はあなたに告白する勇気が出ないことが理由かもしれません。

とはいえ緊張して変な雰囲気になってしまっては相手も引いてしまいます。将来的に結婚を視野に入れた告白なら、少しの勇気が人生を左右することにもつながります。インターネット経由の出会いがうまくいく告白の方法やタイミングについて、考えて行きましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

出会いアプリで本気の相手を探すなら告白は必須!

出会いアプリ経由の恋愛に告白が必要な理由

20161212_01

「出会い系」というと以前はナンパ目的のイメージが強かったのですが、最近はマッチングアプリと呼ばれる大手企業が運営しているアプリが増えているため、結婚につながるツールとして男女ともに認識が広がっています。

中には悪質なサクラの横行する出会いアプリもありますが、身元保証付きのセキュリティがしっかりしたマッチングアプリの人気には高まっています。

その出会いアプリを活用して、マッチングした相手と結婚まで考えた付き合いをしたいなら、やはり勇気を出して告白する必要があるでしょう。

告白されれば、相手は何らかの返答をせまられます。一つ一つの出会いに白黒つけながら時間を無駄にせず前進していくことにつながるでしょう。

【告白が必要な理由】

  • 不毛な相手に時間を費やさない
  • 真面目さを印象付ける
  • けじめがついて安心

出会いにはこだわらないという女性も増えていますが、やはり、真剣な付き合いとなれば、ネットに対する不信感が残る場合もあるでしょう。それを払拭するためには、男性からきちんとお付き合いを申し込まれたかがポイントになります。

せっかくいい感じになっても、緊張して告白ができずにいれば他の人に取られてしまうかもしれません。結婚のチャンスを逃し後悔することがないように、勇気を出して自分から告白する心構えを持っておくと良いでしょう。

告白がうまくいくアプローチ

20161212_02

付き合う時の告白や、プロポーズは男性から来てほしいという女性の恋愛パターンは、いまだに根強くあります。出会いアプリでも同様に、男性からアプローチをされるのを待っている女性は多く、人気の女性なら何人もの男性が同時期に告白している可能性も。

好みの女性と出会えたら勇気が出ないと言っている場合ではありません。スピードも求められる出会いアプリ経由の恋愛では自信の持てない間にも先に進めておく告白のタイミングがあります。

  • 出会う前にもアピール…メッセージのやり取りからも人柄が見えるもの。良い感じの相手には、他の人との違いなどグッとくる点を言葉で表しておきましょう。意識している、気に入っているという印象を残しましょう。
  • 一回目のデートで軽い告白…初めてのデートでは、面と向かって相手への好意をサラッと伝えることがポイントになります。照れる人は服装を褒めるなどでもOKです。そのうえで次につながれば、かなり脈ありです。
  • 最後の一押しの告白…何度か会ったうえで、真剣な付き合いを開始するけじめになる告白は、重めでOK。勇気を出して想いを伝えましょう。

出会いアプリであれば相手も恋人募集中なので、告白するまで長い期間を置く必要はありません。ただ、結婚を視野に入れているなら、結婚前提での告白は必須です。

出会いアプリ以外での接点のない女性であれば、もし失恋しても通常の生活で会うことはありません。その時に勇気はいりますが、リスクを恐れずに自分の気持ちをしっかりぶつけましょう。

勇気が出る告白の必勝法

20161212_03

最近の片思い中の中高生が告白する方法として、LINEで気持ちを伝えるという流行りがあります。出会いアプリからの告白も、相手のIDを知っていればLINEを活用することもできるでしょう。

しかし、大人の本気を見せるなら勇気を出して面と向かって言うのがスマートです。手紙など、書いて残すのはうまくいかなかったときのことを考えても得策とは言えません。実際は、後々傷つきたくない人ほど面と向かっての告白がおすすめです。

当たり前の必勝法ですが、フラれないためには、相手の気持ちを確認してからの告白が鉄板。相手に先に自分が好意を持っていることを伝えていれば、相手は安心して自分の気持ちを見せてくれます。

特に結婚がかかっている場合は相手の好意はよりわかりやすくなります。ある程度石橋を渡りながら関係を探っていくのは、大人の恋愛の定石です。

出会いの機会が多くなる、出会いアプリを使って同じ相手と3回以上会う場合は、かなり脈ありといえるでしょう。告白めいたことを言っても引いていないようであれば、「改めて話したいことがある」など、本気の告白を予告しても良いかもしれません。そうすることで、相手が会わない選択肢を選べば、面と向かってフラれる可能性はぐっと減ります。

・軽い告白のセリフ

「○○さんのことが気になっている」
「○○さんのことをもっと知りたい」
「○○さんと次に会えるのが楽しみ」

・決定的な告白のセリフ

「私と付き合ってください」
「○○さんが好きです」
「○○さんとずっと一緒にいたい」

このように告白の調子を分けることで、本気の告白前にある程度の反応を確かめることがでます。告白を成功させるのにおまじないは不要です。

出会いアプリで何人かとやりとりをする中で、いきなり本気の告白をせず、様子を見ながら駆け引きをするテクニックを身に付けましょう。

注意!告白を避けるべきケースもある

20161212_04

出会いアプリのプロフィールには、とってもビジュアルが良く、人気の高い女性登録者もいるでしょう。目を引いて可愛い女性とマッチングすれば、ぜひ狙っていきたいと思いますね。しかし、どんなに安全と言われるサイトでも、悪質な業者はあらゆる手を使って侵入していることを忘れないようにしましょう。

特に、芸能人並みの容姿の若い子は要注意です。気軽に使える出会いアプリとはいえ、リアルの世界で需要の高い10代後半の参加は冷やかしや援助、サクラの可能性が大。頑張って相手に合わせたり、時間を使ってしまうと、悪質サイトに誘導されて後で泣きを見ることになります。

【危険なサイン】

  • Facebookの友達が10人以下
  • すぐにLINEに移動する
  • 自撮り写真がたくさん送られてくる
  • 彼氏いないアピールが多い

やり取りが長く続いてもなかなか本人に会えない場合などは、楽しいメッセージが来ていてもサクラかもしれません。想像するだけでお勇気のいる告白ですから、信頼できる相手を見極めて無駄足を踏まないように気を付けましょう。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

本気の出会いには勇気を出して告白を

相手の気持ちを考えて告白すれば、次につながる

回転の速いネットでのやり取りだからこそ、実際に会って直感で良いと感じたら、どんどん好意を伝えていきたいところです。勇気を出して告白すれば、その先のお付き合いや結婚も近づくかもしれません。

また、ダメだった場合も、リカバリーが早くなる点は出会いアプリならではのメリット。それとなく気持ちを伝えていても真意が見えない場合は、あまり長引かせないことが出会いアプリでの恋人探しには重要になります。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪PR≫あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『開運の館 アロマ』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれませんし、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

これから出会いの多い季節。恋愛運が気になる人は是非やってみてください。

今なら≪無料鑑定≫

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


元社長秘書の既婚WEBライター。アラサーからアラフォー等身大の数々の声と、データをもとにブライダル・婚活関係の記事を多く執筆。女性が強いフランスの恋愛模様が好きで、映画を字幕なしで見るのが趣味。特技は速読、恋愛や結婚について日々考察しています。