悲しむ女性
婚活の心構え

現実は過酷!?普通女子の婚活がつらい5つの理由と対処法

現代は婚活ブームにより、婚活を始める女性が急増しています。しかし誰しもが婚活の末に幸せな結婚に辿りつけるわけではありません。社会全体が独身女性に対して無責任に婚活を勧める一方で、婚活に疲れ果て、婚活を始める前よりつらい気持ちで人生を送っているアラサー、アラフォー女性も急増しているのも現実です。

婚活女子が婚活難民となっている現実

婚活に疲れ果て「婚活うつ」まで発症

婚活が原因でうつになってしまうこともあるって知っていましたか?

正式には婚活疲労症候群と言い、専門外来を受け付けている病院もあるほどです。幸せになるために始めた婚活が原因で病院に通うことになるなんて悲しすぎますよね。しかし、婚活を始めてみると精神的に疲れることも、傷つくことも多々あるのが現実です。

あらかじめ婚活で疲れる原因と、対策になるマインドセットをしておけば防げるダメージもあるので、婚活を始める前に必ず次の点は頭に入れておいてください。

婚活女子の現実、疲れてしまう理由と対策

理由①周りからのプレッシャーが半端ない

いわゆる結婚適齢期と呼ばれる年頃になると、親、親戚、職場の同僚や上司から「まだ結婚しないの?」と言われることが増えてきます。

最初のころは無視できていても、本当に婚活がうまくいかず現実を突きつけられた状況では、ささいな一言にも傷ついてしまいます。悪意のない言葉だからこそ、余計ダメージが大きいということもあるのです。

対策:言われるうちが花だと思う

家族などに心配の言葉をかけられる度に、「放っといてよ!」という気持ちになるのは分かります。しかし、心配の声をかけられているうちは、まだマシであることを知っておきましょう。

心配もされず諦められるのは、一時的に楽になっても余計に辛くなります。また、心配の声すらかけられないほど追い込まれている状態では、印象も悪く婚活も成功しません。心配の声は応援の声だと思って、心配してくれる人がいるという現実に幸せを感じましょう。

関連記事

理由②自分で勝手にプレッシャーをかけてしまう

自分にプレッシャーをかけてしまうのは、なにも周りの人間ばかりではありません。友達や後輩が結婚していくのを見ていると、「私、このままじゃヤバい」と自分と周りを比較して、自分にプレッシャーをかけてしまいます。

特に自分の方が絶対モテると思っていた友達が、自分より先に結婚した時のショックは計り知れません。「あんな男で妥協しちゃって」と負け惜しみを言っても、ジワジワと焦りとプレッシャーが自分を蝕んでいきます。

対策:自分が勝手に作り出したプレッシャーだと気付く

自分で自分を追い込むタイプの女性は、それが単なる自分の「思い込み」であることに気付いていません。そもそも結婚していない自分にプレッシャーをかけるのも、「結婚していない=女性として魅力がない、劣っている、不幸だ」という思い込みがあるからです。そ

のような思い込みは間違った努力へ導くこともあり、余計結婚を遠ざけます。結婚は魅力的な順番にするのではなく、自分に合った人と出会った順にすると覚えておきましょう。

関連記事

理由③年齢という壁は女性が思っている以上に高い

「20代は仕事したいから(遊びたいから)、婚活は30代から」と考える女性もいますが、現実はそんな甘くありません。婚活において女性の年齢はとてもシビアに見られるのが現実です。恋愛ではモテて、年齢よりも若く見られる美人な方も油断してはいけません。

婚活サイトにしても結婚相談所にしても、男性は年齢条件を打ち込んで検索しますし、お見合いパーティーでも希望の相手の年齢を書く欄があります。

あなたがどんなに魅力的であっても、マッチングすらされなければ交際できる確率はゼロです。婚活の場で、若い女の子とのあまりに扱い方が違う現実を突きつけられて、傷つき疲れてしまう女性は大勢いるのです。

対策:婚活の場は戦略的に選ぶ

自分の年齢で悩む人は、そもそも婚活の仕方を間違えています。婚活の場は、自分のことをOKしてくれる可能性がある人が多いところ選びましょう。

パーティーであれば「〇歳以上限定」という参加条件があるものを選んだり、ネット婚活であれば男女別にどれくらいの世代のユーザーが多いか予め調べておくのがオススメです。

若い女性が好きというのは、全男性共通の趣味ではありません。婚活の方法と出会いの場は、特徴を見極めて自分にあったものを選びましょう。

理由④「普通の男」は婚活市場にいない

女性がいう「普通の男」というのは高望みである場合が多いです。理想を諦めて妥協しているのに結婚できない自分のセルフイメージはどんどん下がり、婚活疲れと繋がります。

そもそも婚活をしている男性は、それまで結婚できなかった理由があるのです。女性が言う「普通の男性」は婚活の場に出ずとも結婚していることを頭に入れておきましょう。

むしろ会話した時に「なんでこんな男性が今まで未婚だったんだろう?」と思った時は、結婚詐欺師か既婚者の可能性があるので気をつけましょう。

対策:男は育てるものだと考える

条件で男性を見てしまう女性は結婚を一時的な「点」で考えています。しかし結婚というのは、それから続く夫婦生活の始まりでしかありません。

仮に出会った時に、年収などのプロフィールが自分の条件に会っていなくても、その後成長する素質や可能性があるかまで考えましょう。

むしろ結婚した時の男性のスペックは、経済力も含めその後も保証されているわけではないという現実と向き合いましょう。自分で育てるつもりでいた方が、結婚した後も精神的に楽になります。

理由⑤プライドが傷つく機会が多すぎる

婚活で疲れてしまう最大の原因です。婚活を始めたら、結婚するまでに会った男性には、自分でフッた人以外、全員にフラれたことになります。

直接フラれたわけじゃなくても、パーティーなどでアプローチもされなかったら、フラれたのも一緒です。こんなことが続くと自己肯定感が崩壊し、自分を誰からも愛されない人間だと思うようになってしまいます。自分が愛されない理由を探す毎日は本当に辛く、現実にうつになってしまうのも納得できます。

対策:女性として劣っているわけではないと気付く

結婚は受験のように、「このボーダーラインを越えたら合格」というものではありません。それぞれの人に個性があるように、あなたとの相性がいい人もいれば、よくない人もいます。

結婚できていないのはあなたの努力や魅力が足りないからではなく、あなたと合っている人とまだ出会っていないだけというのが現実です。むしろ合っていない人と結婚して不幸になっていないだけ、これから幸せになれることに希望を持ちましょう。

婚活は「フラれる」の繰り返し

結婚できないのは自分が悪いわけじゃないと知っておく

婚活がうまくいかない日々が続くと、「自分の何がいけないんだろう」「自分はなんてダメな人間なんだろう」と、自分の人間性に原因を探してしまう人が多いです。

婚活の仕方や男性の見方に原因があることはあっても、人間性のせいで結婚できない人はいません。誰からも愛される人間がいないように、誰からも愛されない人間はいないことを肝に銘じてください。自分に合った男性に出会うまで、婚活を楽しみましょう。

Suzuki Kohei
婚活、恋活ライター&カウンセラー。実際に多くの婚活女子をカウンセリングしながら、そこでの気付きや学びを基に婚活の記事を執筆している。婚活に限らず、「自分を愛して、肩ひじ張らない自然体な生き方」を広めるために活動中。