オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

このままじゃイヤ!曖昧な関係を一歩進ませる5つの方法

チラ見 婚活の心構え

どうすれば彼はもう少し前向きになってくれるの?

彼は「あなたがどう思っているかわからないから」動けない

誰でも自分が好意を向けている相手にその気がないとわかってしまうのはつらいものですよね。特にそれなりに歳を重ねてくると傷つくのが怖くなってしまうし、それで自分の生活が崩れてしまったり、自信を失ったりしてしまうのを恐れる気持ちが芽生えてくるのは事実でしょう。

ですから曖昧な関係を彼が続けるのも一つの保身のためでもあるのです。「保身は意気地なし」というのではなく、心の作用として当然のことと思い、受け身になるのではなく、自分の方から彼に対してアプローチすることも考えてみてくださいね。

彼との曖昧な関係を進ませるための5つの方法とは

1.彼に好意を伝える、ほのめかす

彼が行動しないのは傷つくのが怖いからです。しかし、あなたと一緒に過ごしたいし、彼女にしたいという気持ちもあるので、曖昧な関係を続けるのはあなたが自分をどう思っているのか、今告白したら勝算があるのかをジャッジしようとしているのです。

なので彼に「あなたが告白してきたら私はOKするよ」ということをほのめかしてあげてください。

ただしもしもあなたが彼にとって都合の良い女であれば「告白して欲しがっているから面倒臭い」と感じて離れて行ったり、逆に弄ばれたりする可能性があるのでやり方は考えなくてはなりません。

大事なのは無邪気に伝えること。「そういうところ本当にいいよね!」とか「○○君のそういうところ好き」などと間接的に伝えてあげて下さい。ほのめかそうとしている下心はできる限り抑えて、あなたが彼を好きなのであれば心を素直に解放するだけだと思ってみて下さいね。

関連記事

2.彼に二人きりになるように誘わせる隙を作る

普通の男性であれば、女性から誘われたデートで告白しようとは思いません。告白するつもりで女性を誘うことでしょう。なのであなたからデートに誘うのではなく、彼からデートに誘わせることが大切。

デートをしたいと思わせるために、デートでなくては実現しない状況を彼に望ませることが大事なので、彼と普段から二人で会うような間柄であればあえてしばらくは他の友達も交えてみんなで会う回を重ねてみてください。

彼にあなたと関係を進める気があるのであれば、「二人きり」になれないもどかしさから、「二人きり」にならざるを得ない「デート」に誘ってくれるかもしれません。

相手の心を動かすということは大変難しいことですが、この行動をさせるためにはどういうモチベーションを刺激してあげれば良いか?そのための手法はどれが最適なのか?などを考えていけば方法がいくつか思い浮かぶものです。

その方法で洗い出し、自分から働きかけられる言葉や行動で彼を促してあげましょう。

関連記事

3.彼と一緒にいる時間を減らす

彼がなかなかデートを望まないとか、曖昧な関係を続けようとするのは、あなたがそばにいることに慢心している可能性があるということです。

危機感がないということですね。その状態であなたへの強烈な愛情や、あなたにいてほしいと思っている気持ちに気づくのはなかなか困難なもの。

ですからとびきり彼と会えることを喜んでみせて(好意を示しておいて)彼が何も反応しなければ、一旦彼を忘れて離れようとしてみることも大事です。

ただし、もし彼が自分に気があると思っていて、彼に告白して欲しくてこの選択をするのであれば細心の注意を払うべきです。彼が曖昧な関係を続ける意味を知るために離れることと、彼の告白の背中を押すために離れることは、全く異なります。

彼の心理がどう動くのか、つまりあなたの存在がなくてはならないものだったと気がつくか、もしくは逆にいなくてもいい相手であると結論づけるか、という二択になるというところが共通しているので安易に選択してしまいがちですが、ここについては「離れてしまっても」後悔しないように慎重に選ぶよう留意してくださいね。

4.意識的に他の男性を見るようにしてみる

彼との曖昧な関係が続いているのであれば、いっそのこと一度は他の男性を意識的に見るようにしてみることをおすすめします。

「彼以外の男性ではダメだ」と本当に思えるのか試す意味もありますし、あなたの周りに他の男性の影があることを彼に教えるためでもあります。

繰り返しになるようですが、男性の中にはあえて曖昧な関係を続けている人と、現状打破の方法を模索していたらいつのまにか曖昧な関係になってしまったタイプがあります。

これは特に前者をふるいにかけて落とす方法だと思っておいて下さい。

5.告白してみる

彼との曖昧な関係を本当に嫌だと思うのであれば、彼からのアプローチを待つのではなく自分から思いを伝える勇気も必要です。自分から告白する勇気がないのに、彼に同じ勇気を持てというのが酷と言うもの。

しかも考え方によっては、早く白黒はっきりさせて時間の無駄をなくすということでもあるのです。曖昧な関係にイライラしているのは時間も精神も無駄遣いになりかねません。

告白するのであれば必ず「はい」か「いいえ」を選択させて下さい。そうでなければ、ゆきずりの曖昧な関係を続けることになります。

彼との関係を進めるなら自分が動く勇気も必要

この関係を変えたいと思った自分から動く

今回は彼にほのめかすものから、白黒はっきりさせるものをご提案しました。

どれをとるにしろ、彼主導の曖昧な関係が続いているという現状をしっかり把握した上で、自分がどうしたいのか? そのために自分がどう動くのが最善なのか? をはっきりさせておくことが重要です。

恋愛にも頭を使わなくてはなりません。特に男性は女性にせかされることが嫌いでもあります、意外と自分主導でいたいという人が多いような気がしますから、彼を立てつつしっかり彼を転がしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)
約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。
今やネットで出会うことは珍しくありません。
でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に
安心して使えるオンライン結婚相談所を
ランキング形式で比較しました。

婚活の心構え
シェアする
【この記事を書いた人】
Avatar photo

理系クリエイター&ライター。ライター歴6年でコラム(恋愛、自己研鑽、ビジネス)、求人原稿、ゲームシナリオ等を執筆中。コラムでは感情論理にフォーカスし『本当に使える』記事を書くよう心がけています。

千鶴をフォローする
まりおねっと