返信、line、スマホ
婚活のノウハウ

婚活アプリのペアーズで、要注意な人物の見抜き方

ペアーズなどの婚活アプリでは業者などのよう注意するべき人物がいます。この記事では業者などの要注意人物の特徴と要注意人物の見抜き方を解説しています。

有名な婚活アプリにも危ない人がいる?

どんな人が要注意?

利用者の安全を守るために徹底した安全対策を行っている婚活アプリ。最も有名なペアーズでは年齢確認や24時間365日の監視など様々な安全対策で、悪質ユーザーを排除しています。

そのため他の婚活アプリと比較して安全ですが、やはりそれでもペアーズ内に悪質ユーザーは存在します。悪質ユーザーに引っかかってしまえば、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

そこで今回はペアーズでの悪質ユーザーの特徴と悪質ユーザーにひっかからないための対策をご紹介していきます。

なぜ悪質ユーザーがペアーズ内に存在するの?

悪質なユーザーは3タイプ

男性とスマートフォン・スマホ

そもそもなぜペアーズ内に悪質ユーザーが存在するのでしょうか?
これは3つの理由が考えられます。

  • カラダ目的など遊びのため
  • ネットワークビジネスや不動産などの勧誘のため
  • 他の出会い系サイトに誘導のため

1つずつ順番に説明していきます。

カラダ目的、遊び目的のユーザーの特徴

カラダ目的・ヤリ目の男性

ペアーズでは真面目に恋活や婚活に取り組んでいる人が大半ですが、遊び半分で登録している人もいます。遊び半分で活動している人は真面目に恋愛する気はなく、ただ暇つぶしの道具としてペアーズを利用しています。

そのため、デートの打診をしてもはぐらかしてきたり、いきなり音信不通になったりします。

ネットワークビジネスなどの勧誘のため

お金、結婚

最近ではニュースキンやアムウェイなどのネットワークビジネスをやっている人が、ペアーズを使っていることが増えてきました。

ペアーズを使うと不特定多数の人と一気に知り合うことができるため、ペアーズ内で仲良くなって食事に行った時にネットワークビジネスの勧誘を行います。

また、不動産投資を持ち掛け投資用マンション購入契約させるという手口の詐欺被害報告もあります。

有料課金サイトへの誘導のため

スマホをみて考える女性

サクラばかりで高額な出会い系サイトはサイトやネット検索から登録する人はあまりいません。
そこで業者はペアーズを使ってやりとりをして、ある程度仲良くなった後にメッセージで自分が運営している出会い系サイトに誘導します。

業者は美女やイケメンに変装してメッセージをやりとりするので、つい誘導された出会い系サイトに登録してしまう人もいます。

悪質ユーザーの特徴

特徴①:プロフィール写真が芸能人並みの美男美女

男性がきれいな、かわいい女性に憧れる

悪質ユーザーには様々な特徴があります。 特徴的な点が多いので、しっかり把握しておいてください。

ペアーズ内では美男美女は多くいますが、芸能人並みの美男美女は注意が必要です。他のユーザーよりもずば抜けている場合は特に注意!

ペアーズは日常生活にあまり出会いがない人が登録している傾向が多く、芸能人並みの美男美女ならば、出会いに困ることはほとんどありません。

そのため出会い系業者などの悪質ユーザーの可能性が高いです。
また、ちゃんとプロがスタジオで撮った妙に写真映りが良いプロフィール写真も気を付けてください。

通常は携帯やスマホで撮った写真をプロフィール写真として使う人が多いですが、一眼レフで撮ったような写真は他の画像サイトなどから流用している可能性があります。

悪質ユーザーではない可能性もありますが、警戒しましょう。

特徴②:条件良すぎ!プロフィールが魅力的過ぎる

悪質ユーザーはプロフィールも特徴的です。
悪質ユーザーのプロフィールは他のユーザーよりも長文で、本気で恋活や婚活に挑んでいるようにカモフラージュしています。
プロフィール内容もかなり魅力的な人物に仕上げてあります。幅広い人に魅力的に思ってもらうためです。

  • 職業が経営者や投資家、パイロット、医師など。年収は2000万円以上。
  • 女性の場合はモデル、CAなど。
  • 海外旅行が好き。写真が海外旅行中の写真。
  • フェラーリやランボルギーニなどの高級車、タワーマンションに住んでいる。
  • 有名大卒

このような魅力的な人物は婚活アプリに頼らなくても出会いが大量にある場合が多いです。

そのため、通常では考えられない魅力的なプロフィールを見た時は、ひと呼吸おいて冷静になってください。

特徴③:職業欄が「自由業」

ペアーズでプロフィールを見ていると、職業が「自由業」の人がいます。私の経験からして、自由業の人はネットワークビジネスをやっている人が多い印象です。

以前職業が自由業の人と会った時に、ネットワークビジネスに勧誘された経験があるためです。会社で働いている人、起業している人だと職業欄に会社員や経営者を書くのが一般的です。
自由業の人はそれ以外の仕事(ネットワークビジネスなど)をやっている場合があるので、注意してください。

悪質ユーザーへの対処法

対処法①:プロフィール以外の写真を必ず確認する

pairs・ペアーズの概要と使い方

悪質ユーザーの特徴が分かったところで、次は悪質ユーザーへの対処法をお話していきます。

ここでお伝えする対処法を理解しておけば、悪質ユーザーにひっかかることはほとんどなくなります。真剣にペアーズで婚活している人はプロフィール写真を複数枚載せることがほとんどです。

1枚しかプロフィール写真が載っていない、そしてその写真が美男美女の場合は出会い系業者の可能性が高いです。決してメールを送ったりしないようにしましょう。

時々写真すら載せていない会員がいますが、写真なしの会員は悪質ユーザーの可能性は低く、素人の可能性が高いです。

まだ登録したばかりで写真審査が終わっていない新規会員なので、出会いを求める人は積極的にいいねやメッセージを送ってみるべきです。

対処法②:プロフィールに不審な点がないか確認する

プロフィール写真と同時にプロフィールもチェックしておいてください。
年収・職業・休日の過ごし方・住所などが世間一般とあまりにもかけ離れていないかチェックします。

1つぐらいは世間とは異なることもあるかと思いますが、複数あった場合は悪質ユーザーの場合があるので接触するのは避けるようにしてください。

対処法③:メッセージのやりとりで不審な点を確認する

メッセージ、スマホ

運悪く悪質ユーザーとメッセージのやりとりをしてしまっても、見抜くポイントがあります。

  • メッセージが来る時間帯。仕事をしていれば日中の連絡は難しいはず
  • デートの打診をした時
  • 相手から他のサイトに誘導した時

この3点がポイントとなります。

ペアーズ内でメッセージをやりとりして親密になると、男性もしくは女性からデートの打診をするのが一般的です。
やりとりをしていて自分からデートの打診をした際に、はぐらかしてくる場合は悪質ユーザーかもしれません。もちろんお互いの都合が合わずにデートの日程が決まらないこともあるでしょう。

しかし2~3回打診しても日程が決まらない場合は、相手は遊び半分でしている可能性が高まります。
何度か打診してもダメな場合は、あきらめて他の相手を探してください。

また、メッセージのやりとりをしている最中に相手から他のサイトへの誘導があることがあります。

下記の文章が送られてくることがあります。 ↓↓

例文:ペアーズをもう辞めないといけません。だけど○○さんとはやりとりを続けたいので、http://~のサイトに登録してくれませんか?

このような文章が送られてきた場合は間違いなく出会い系業者ですので、絶対に教えられたサイトには登録しないようにしてください。

ペアーズは違反報告ができるので、そのようなユーザーは違反報告をしてください。

違反報告の流れ

Pairs_message
  1. 違反報告したい人のプロフィールを開く(メッセージ画面でもOK)
  2. 画面右上の「・・・」をタップ
  3. 「違反報告する」をタップ
  4. 違反報告の種類・違反報告確認場所・詳しい違反内容を入力
  5. 入力後、「確認する」をタップして完了

他のユーザーも被害にあわないように、被害にあったら積極的に違反報告しましょう。

悪質ユーザーを見極めるのは難しくない

悪質ユーザーを避けて、出会いを見つけていこう

悪質ユーザーは分かりやすい特徴を持っていますので、メッセージのやりとりの前に接触しないようにしましょう。

接触してしまった場合はすぐに対応して、必要ならば違反報告してください。

ペアーズは悪質ユーザーを排除するシステムが確立しているので、そこまで心配せずに少しだけ注意しながら出会いを探してくださいね!

ユウ
ナンパ、出会い系、マッチングアプリなどありとあらゆる出会いに精通し、出会った人数は100人以上の出会いマスター。恋愛弱者から這い上がった経験を活かして、自分と同じ恋愛弱者を救うべく奮闘中!