オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

データマッチング型と仲人型はどう違う?選び方のコツ

お見合いパーティー、婚活 婚活のノウハウ

結婚相談所はみんな同じではありません

結婚相談所選びは間違えると大変

結婚相談所はたくさんあります。探すときに多くの人は、会員数と料金しか見ません。

結婚相談所を利用する経験はあまりないし、恥ずかしがって口コミもしないので仕方がないとでしょう。

結婚相談所はいくつかタイプがあり、選び方を間違えるとお金だけ出ていくのに結婚が遠のきます。

結婚相談所は大きく分けると3種類あります。

結婚相談所の種類
  • データマッチング型結婚相談所
  • データマッチングと仲人型のハイブリット
  • 仲人型結婚相談所

データマッチング型結婚相談所は具体的にどれ?

スマリッジ

傾向として、データマッチングはセルフで婚活を勧めるためサポートが少なく料金も安めです。具体的にデータマッチング型に該当するのは

  • オーネット
  • エン婚活エージェント
  • ペアーズエンゲージ
  • スマリッジ

ただし、オーネットのようにデータマッチングでも登録料10万円以上する場合もあります。他に紹介しているのは登録はオンラインで完結し店舗がなく料金もリーズナブルです。

ハイブリッド型結婚相談所とは

ハイブリッド結婚相談所は、プロフィール作成や紹介はサポートが合ったり、部分的にサポートがあるタイプの結婚相談所です。

具体的には

  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • ツヴァイ(IBJ併用プランを使った場合)
  • ブライダル情報センター

この辺がハイブリッド型の結婚相談所です。

仲人型結婚相談所とは

婚活ラウンジIBJメンバーズ

仲人型結婚相談所は服装のアドバイスや、条件に合いそうな人を探して紹介してくれたりサポート量が多い結婚相談所です。成婚料といって相手が見つかり退会する際にも料金が発生し、1年使って成婚退会した場合は50万円前後の料金がかかります。

具体的には大手結婚相談所でいうと

  • IBJメンバーズ
  • パートナーエージェント
  • サンマリエ
  • フィオーレ

などが該当します。

データマッチング型と仲人型の3つの違い

男女のお見合い

仲人型とデータマッチング型の違いは色々あるのですが大きなところを3つ紹介します。

1.相手探しの紹介条件が違う

データマッチングでの紹介は「都道府県、年齢、年収、学歴、身長」といったスペックの希望条件です。男性女性双方が希望条件に近い人を紹介してくれます。

  • 「希望年収は400万円以上だけれど年齢が30歳ぐらいなら300万円台でも大丈夫」
  • 「スペックより顔重視」「フィーリング重視」
  • 「今禁煙中だから、一応喫煙者だけれど許容してくれる人を紹介して欲しい」

といった希望もくみ取って紹介してくれます。

2.サボっていないか婚活進捗管理も

婚活は面倒くさいです。仕事が忙しいから1か月のつもりで休会してそのまま1年休会してしまった。

お見合いしたけれど次のデートの約束を打診しないまま日数がたって連絡しずらくなってしまった。

こんなことはざらにあります。仲人型であれば停滞していればさぼらないように進捗も管理してくれるところもあります。

3.プロフィールが自己紹介ではなく他己紹介

セルフで活動するデータマッチング型結婚相談所はプロフィール文もマッチングアプリと同じ自己紹介です。

仲人型は担当者目線の紹介文があり、自分で言うと自慢になりやすい「新卒から同じ会社にずっと勤務されていらっしゃいます」「大手上場企業に勤務されていらっしゃいます」「スタイルがとてもいいです」といったことも他人からの紹介という形で書いてもらえます。

データマッチング型のメリット・デメリット

デート、初デート、お見合い

データマッチング型のメリットはリーズナブルであることと、自分のペースで進めることができる点です。

データマッチング型でもオーネットのように大手結婚相談所は高額です。データマッチング=リーズナブルではないのですが、人手、店舗などを削減していればその分、リーズナブルになります。

モテる方なら結婚相談所に登録して自分から一切申込せず、申し込みが殺到して成婚退会する方もいるのでそういう方ならデータマッチング型でよいのではないでしょうか。

デメリットは自分が狙える層がわからず申し込みしてすべて断られ、どこを改善したらいいかもわからず婚活が行き詰まることもあるということです。

モテる人、自分でプロフィールを作れる人、自分から積極的に動ける人はデータマッチング型が向いてます。データマッチング型は安いので向いているかどうかわからなくても試しに使ってみて、うまくいかなかったらもう少しサポートが手厚い結婚相談所に乗り換えでもいいと思います。

リーズナブルで手軽に入会できるという点でおすすめはデータマッチング型のオンライン結婚相談所(エン婚活エージェント、スマリッジ等)です。

仲人型結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所

仲人型結婚相談所は担当者との相性が重要になってきます。仲人は資格が必要な仕事でもなく、経験はピンキリで中には社会人としてだらしなすぎる人がパート感覚で片手間で結婚相談所を運営していることもあります。

大手の仲人型結婚相談所であれば、質はある程度保障されているのでしょうけれど、踏み込んだアドバイスがないことが多いです。

結婚のアドバイスは人によっては「失礼だな」という内容も含まれます。たとえば、鼻毛が出ているとか言われて気分はよくないですよね。

全国に3200社の加盟店がある日本結婚相談所連盟(IBJ)は居住地、年齢、性別などを入力するとおすすめの結婚相談所を1~3つ程度無料で紹介してくれるサービスもあります。無理な勧誘等はありませんので、試しに登録してみてはいかがでしょうか。