条件、質問
婚活のノウハウ

結婚相手は妥協する?しない?結局どっちがいいのか。

「高望みしすぎ」と言われたことはありませんか? 考えすぎて自分を責めて苦しいあなたへ 「そろそろ妥協しなきゃ結婚できないよ?」と言われたことがある。 普通に好きなタイプを言っただけなのに高望みだと言われた。 妥協している […]

「高望みしすぎ」と言われたことはありませんか?

考えすぎて自分を責めて苦しいあなたへ

悩む女性
  • 「そろそろ妥協しなきゃ結婚できないよ?」と言われたことがある。
  • 普通に好きなタイプを言っただけなのに高望みだと言われた。

妥協しているつもりだけど婚活がうまくいかない。そんな経験はありませんか?

反対に、結婚は妥協なんてしてはいけないと言う人もいます。

「結局、妥協する方がいいの?しなくてもいいの?」

分からなくなってしまいますよね。今回は、結婚相手は妥協するのかしないのか問題に終止符を打つべく、真実をお伝えしたいと思います。

結婚相手を選ぶ時に『妥協』という概念をなくす

失恋、結婚の条件、花嫁

私は婚活を7年間経験しましたが、始めたころは妥協なんて絶対にしないと決め活動していました。

今考えると根拠のない理想を掲げ、出会うはずのない幻想を必死になって追っていたような気がします。

さすがに30代になると現実が見えてきて「このままじゃ、ヤバイ…」と思い、妥協することを決めました。

当初から比べると大幅な妥協。これなら出会えるだろうと思うわけです。

けれど誰にも選ばれないし、好きな人すら見つからない。

結局そんな状況が5年も続きました。

妥協してもしなくても結婚できないなら、結局どうしたらいいの?

そんな壁にぶち当たった経験があるので、同じように悩んでいる方の気持ちが痛いほどよく分かります。

結婚相手を『妥協』するのはとても失礼な話

婚活パーティー、デート後

妥協という言葉を辞書で調べると、折り合いをつける、譲歩するという言葉が出てきます。

要するに「私にとって釣り合う条件はAだけど、現実を考えたらBにしておこう。」というように、少し上から目線の考え方になってしまうのです。

婚活で出会い、交際した相手に「妥協してあなたと付き合いました」と言われたらどう思うでしょうか?

悲しい気持ちになりますよね。

それに、一生添い遂げる予定のパートナーを選びに『妥協』するなんて、自分のことも大切にできていないと感じました。

ずっと一緒にいる相手なのだから、ベストだと思える相手と結婚したいと思いませんか?

妥協されるのも、妥協するのも悲しいことです。妥協できるほどの交際申し込みがあるわけでもなかった私は、今後一切『妥協』という言葉を使わないと心に決めました。

叶わない理想は現実逃避

お金

結婚相手に妥協しないのであれば、理想を追っていればいいのか?というとそれも違います。

理想を追い求めても、叶う根拠がなければそれは現実逃避と同じこと

誰だってイケメン・高収入・エリートで私だけに優しい子煩悩な男性と結婚したいし、美人で若くて愛想がよくセクシーで純粋な女性と結婚したいのです。

理想を掲げるのは本人の自由なのですが、それが叶わなければ後で辛くなるのは自分自身。幸せになるため理想を追うのだから、必ず叶うという根拠をつくる必要があります。

妥協する・しないで結婚相手を選ばない

手をつなぐ

結婚相手を妥協する・しないという概念をぶち壊しましょう。

妥協しても幸せになれないし、理想の条件を持った人と結婚しても幸せになれるとは限りません。

もっと自分を知り、どのように生きていきたいか、どんな結婚生活を送りたいのかを考えましょう。その上で、譲れない条件を一つだけ決めること。

その条件をクリアする人ならまず会ってみて、知る努力をする。

人間は理性だけではなく、無意識に相手を判断しています。(ニオイが合う相手は遺伝的に相性が合うなど)

例えば、理想の条件以上の男性とお付き合いができたとしても「ニオイが気になる…」や「手をつないだ感じが違和感…」となりお別れするケースも少なくありません。人は条件だけでは好きになれないのです。

だからこそ、条件に惑わされず相手を知り、判断していく必要があります。

他人目線の条件

結婚式

誰だって自分の夫や妻のことを褒めてもらいたい気持ちはありますよね。

「素敵な旦那さんだね」「キレイな奥さんだね」と言ってもらいたい。自分の親が気にいってくれる人と結婚したい。

けれど他人にどう思われるかということを気にしすぎると、条件が増え、結婚の難易度が上がります

他人目線の条件で人を選んでも、一緒に生活するのは自分自身。

はっきりいって、友達の結婚相手のことは、結婚式が終われば名前も思い出せないほど遠い存在です。結婚式や紹介するときの一瞬褒められたとしても、周りはそれほどあなたのことを気にはしていません。

もちろん他者目線を一切気にするなとは言わないのですが、優先順位をつけることは大切だと思います。

婚活で相性ピッタリの人と出会うために

自分のことを知りましょう

相手に求める条件を決める前に、自己分析をおすすめします。自分はどんな人間で、何が好きで何が嫌いなのか。

今まで好きになった人に共通することは何なのか、譲れないことは何なのか。一番大切なことは何なのか知ることと、優先順位をつけられるようになること。

それが分かれば、条件に惑わされることなく相性重視で婚活ができるようになります。

今後の婚活にお役立ていただければ幸いです。

kanaさんの婚活漫画もおすすめ

7年婚活したkanaさんの婚活黒歴史は漫画「超絶こじらせ女子の7年婚活」で公開中です。

⇒第一話はこちらから読めます

Kana

Kana

婚活ブロガー
結婚するまで7年もかかってしまった婚活ブロガー。26歳で結婚すると決意したのに、実際に結婚できたのは33歳の時。迷走に迷走を重ねた婚活体験を活かし、こじらせ女子がスピード婚する方法を日々研究中。