結婚式
婚活のノウハウ

半年後に電撃結婚している女性のアフターファイブの過ごし方

人生の充実度を上げるためにも、アフターファイブの過ごし方について考えてみませんか?自分磨きや趣味に没頭しているものの、「なにか物足りない」と感じているのなら、プライベートな時間の過ごし方を変えてみましょう。

アフターファイブの過ごし方で未来が決まる

もっと充実した生活を送りたいなら未来を見据えて

現状に不満はないけれど、将来に不安を抱いている人は少なくありません。自分の未来への不安を掻き消すために、プライベートを充実させている人も多いでしょう。でも、アフターファイブの過ごし方次第で未来を変えることができるならどうでしょうか?

不安を消すために時間を浪費するのではなく、未来を見据えて有意義なアフターファイブの過ごし方をしましょう。

本記事では、素敵な未来を手に入れるアフターファイブの過ごし方をご紹介します。

素敵な未来を手に入れるアフターファイブの過ごし方

自分磨きもほどほどに

主に資格取得や趣味など、アフターファイブの過ごし方として自分磨きをしている人は多いかもしれません。自分磨きをすれば素敵な女性になれて、もれなく素敵な将来もセットで付いてくると考えることもあるでしょう。

例えば、趣味で習っているバイオリンを通してハイスペックな男性との出会いがあるかも、などと棚ボタ的な出来事を期待している場合もあるのではないでしょうか。

もちろん、自分磨きをしてスペックアップすることは素晴らしいことです。しかし、自分磨きを生きがいにしてしまうと結婚が遠のきます。趣味の追求を取るか、男性との出会いを取るか、どちらかに焦点を当てておかなければどちらも逃す恐れがあるのです。

関連記事

自分を変えるアフターファイブの過ごし方を考えよう

女子

大げさに聞こえるかもしれませんが、アフターファイブの過ごし方は後々の人生に大きく影響します。

「いまが楽しければ良い」「仕事のストレスをアフターファイブで解消したい」と、目先のことしか考えていない場合には注意が必要です。

「アフターファイブを自分らしく過ごしてなにが悪いの?」という人もいらっしゃるかもしれません。当然のことですが、自分を癒したり楽しませたりするために、アフターファイブを過ごすことがあっても構わないでしょう。高級グルメに舌鼓を打ったり、セレブのようなプチバカンスで大人の休日を満喫したりするのも良いでしょう。

しかし、自分を労うことに時間を費やしてばかりいる人は、結婚を意識するのが遅いという特徴があります。アラフォーになっても、そして何十年経った後も、まだ独身のままの可能性が高いのです。

不安になって占いに駆け込むことがあるかもしれませんが、占いに頼る受け身姿勢のままではなにも解決はしないでしょう。いまこそ自分を変えるためのアフターファイブの過ごし方について考えてみるべきなのです。

いつかは結婚したいなら今こそ婚活に力を入れよう

雨の日デート

特定のお相手なんていなくても、人生のイベントとして「結婚」の二文字を書き込んでいる人も多いのではないでしょうか。

ところが時間の経過と共に「いつかは結婚したいな」が、やがて「結婚できるかな?」になり、「結婚できそうにない」に変わってしまうこともあります。

いまはまだモテていても、チヤホヤされる時期なんてあっと言う間に過ぎてしまいますし、もしも将来子供を持ちたいと思っているのであれば、のんびりしている暇などありません。多くの場合、電撃結婚している女性たちのアフターファイブの過ごし方は、地道に婚活を行っている場合が少なくないのです。

いつかは結婚したいと考えているのなら、「結婚できるかな?」と占いに頼るのではなく、「結婚する!」と決意して婚活をはじめるべきでしょう。

デートのお相手はマッチングサイトで探そう

一人でスマホ

婚活に重きを置いたアフターファイブの過ごし方をしようと思うのであれば、婚活パーティーや街コンに積極的に参加することができるでしょう。 さらに、インターネットの婚活サイトやマッチングサイトに登録するのも、効率よくお相手探しをすることができるのでおすすめです。

部分的にしか知識がないと「インターネットでデート相手を探すなんて」と拒否反応を起こす人もいますが、社会的認知度が高いなど評判の良いサイトを選ぶようにすれば安心でしょう。

アフターファイブの過ごし方としていろんな人と出会うようにすれば、自分磨きや占いに頼るよりもはるかに結婚への近道になります。

関連記事

女子会は卒業しましょう

女子会

アフターファイブの過ごし方として、女子会をしている人も少なくないのではないでしょうか。 美味しい食事とたわいないおしゃべりで盛り上がる女子会に欠かせないのが、仕事の愚痴と恋バナと男のダメ出しです。

もちろん中には、女子会の恋バナが自慢やマウンティングに聞こえるため、あまり好きではないという人でもいるでしょう。無理に参加する必要はありません。独身女性の女子会は足の引っ張り合いです。

しかし、「婚活情報を入手できる」「いっしょに合コンが企画できる」と女子会友達とあうかたもおります。でも、本当にステキな男性ならば合コンではなく2人で会おうとするでしょう。3回目のデートで告白される寸前で手をつないだなんて話を彼氏がいない人にはしないでしょう。うまくいっている人がうまくいく情報を共有することはありません。

たまに話して相談したいのであれば、既婚者に会うことをおすすめします。そこから旦那さんの同僚を紹介してもらった方もおりました。

ガツガツしてもいい!アフターファイブの過ごし方

周りの評価より自分の幸せを考えて

自分磨きは、多少は婚活に役立つかもしれません。ですが、アフターファイブの過ごし方として、自分磨きや自分をいたわるためだけに時間を使うようでは、将来の幸せを確実なものにすることはできないでしょう。

周りから素敵な大人の女性として評価されたいため、大人っぽいアフターファイブを過ごしたいという気持ちがあるかもしれません。ですが、まずは自分の幸せを優先して、貪欲に出会いを求めるアフターファイブの過ごし方を追求してみるのも良いのではないでしょうか。

有島ユウキ
世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。