手をつなぐ
婚活のノウハウ

女性目線で解説!3回目のデートで成功する男と失敗する男の5つの差

女性と二人きりで出かけられるようになれば最初の関門はクリア。しかし、だからといって脈ありというわけではありません。友だち止まりなのか、付き合えるのかを決めるのは3回目のデート次第。女性目線で3回目のデートを成功させるコツをお伝えします。

3回目のデートで女性の好意を見落とさないために

モテる男は誘い方、LINE、場所、会話、スキンシップが自然

気になる女性と二人きりで出かけられるようになれば、とりあえず最初の関門はクリアできたことになります。ただ、その先の段階への進め方がわからないとお悩みの男性は多いのではないでしょうか。相手がどんなふうに感じているのか適切に察知できないと、デートできてもせっかくのチャンスをものにできないまま終わってしまうことになりかねません。二人が晴れて彼氏彼女の関係になれるか、友達どまりで終わるのか、明暗を分けるのは3回目のデートです。

モテる男なら3回目のデートで確実に意中の女性をおとします。それを可能にするのは、相手の感情をくみ取り、柔軟に対応するスキルです。あなたがあと一歩を踏み出すために、3回目のデートを成功させるためのポイントを見ていきましょう。

3回目のデート成功する時に押さえたい5つのポイント

(1)デートの誘い方を見直して

3回目のデートが成功するかどうか、勝負はお誘いの段階からすでに始まっています。3回目のデートに誘う際は、今度のデートは二人にとって特別なものになることをさりげなく伝えるとよいでしょう。「大事なことを話したい」など、これまでのようなただ楽しいだけのデートではないことをそれとなく伝えてください。

もし脈なしだったら、この時点で彼女は「告白されそうだな」と気づき、何かしら口実を設けてデートを断るはずです。空振りを防ぐためにも、お誘いの段階で告白への伏線を張っておくことをおすすめします。もしお断りされてしまったらまだ告白は早いか、異性としては意識されていないということになります。もう少し時間をかけ、彼女の気持ちをこちらに向けさせていく必要があります。

3回目のデートをOKしてくれたのなら、彼女があなたに好意を持ってくれているのは確実です。3回目のデートで二人の関係を進展させないと、彼女はあなたが自分に好意を持ってくれているのか、単なる友達と思われているのかわからなくなってしまうかもしれません。3回目のデートで何もなければ脈なしと判断する女性もいるので、気合いを入れて臨みましょう。

(2)LINEの内容や頻度の確認

スマホ見ている男性

3回目のデートが特別だということは女性側も承知しています。なんとも思っていない男性に対し、3度もデートに付き合うことは基本的にありません。デートのお誘いをOKしてもらえたら、脈ありの可能性は大幅に高まります。

ただし、勝負はまだこれからです。気を抜かず、3回目のデートへ向けてお互いの気持ちを盛り上げていきましょう。OKしてもらえた時点でミッションを果たしたような気になってしまう男性は少なくありません。無事デートの約束を取り付けたことだけで安心してしまい、その後の連絡がおろそかになるというのはありがちな失敗パターンです。デートが決まってからあなたからの連絡がぱったり途絶えると、彼女は少なからず冷めてしまいます。当日を最高のテンションで迎えるにはきめ細かいフォローが欠かせません。デートが決まってからも毎日LINEなどで連絡をいれましょう。

彼女からの返信がきちんとあり、「○○へ行ってみたい」などデートを楽しみにしてくれていることが伝わってくる内容であればさらに脈ありです。3回目のデートを成功させる下地は整っていると言ってよいでしょう。

関連記事

(3)デートの場所選びで失敗する男性多い!

告白

3回目のデートを特別なものにしたいなら、場所選びにもこだわらなければなりません。男性が犯しがちなミスは、普段の自分を知ってもらいたい!と、行きつけの居酒屋などへ連れて行ってしまうことです。3回目のデートということで彼女も気合いを入れておしゃれしてきてくれるはず。日常的すぎる場所だとガッカリさせてしまうでしょう。自分のなじみの場所へ連れて行くのは、正式に交際が始まってからにするのが無難です。

3回目のデートでは、自分が連れて行きたい場所ではなく、彼女が喜んでくれる場所を選ぶのが鉄則です。ロマンティックな夜景の見られる場所、ちょっと背伸びしたレストラン、彼女が好きなテーマパークなど、スペシャル感のある場所を選びましょう。

どこで告白するかもあらかじめプランを練っておく必要があります。行き当たりばったりのノリで告白したような印象を与えてしまうと、真剣な気持ちが伝わりません。彼女もOKを出しづらくなってしまうので注意してください。

(4)会話は女性の話を判断しないで共感してうなずきながら聞く

秘密の話

告白OKのサインを見逃さないよう、デートでは自分がしゃべりすぎないよう気をつけましょう。相手にたくさん話してもらい、二人の関係を彼女が前向きに捉えているかどうか見極めてください。

3回目のデートではお互いに気持ちがいちばん盛り上がっているはずです。ここで一歩踏み込んだ話をしないとせっかくのデートが不完全燃焼に終わり、その後も恋愛モードに入れなくなるおそれがあります。3回目のデートを世間話で終わらせてしまうと、その後の挽回は非常に難しいと心得ましょう。

デート中盤以降は「彼氏にはどんなことを求める?」「どんな男性に惹かれる?」など恋愛絡みの話をふっていき、彼女の反応を確認しましょう。女性は気のない相手から告白されないようあらかじめ予防線を張ることがあります。彼女があなたとまったく正反対のタイプを好みの男性として挙げたら、「あなたは対象外ですよ」と暗に伝えていると判断してください。

逆に彼女が好みの男性のタイプとして、「真面目で優しい人」など大枠であなたもあてはまりそうな条件を挙げてきたら、脈ありのサインです。

関連記事

(5)スキンシップは強引とジェントルのさじ加減がカギ!

スキンシップは単なる友達と恋人を明確に線引きします。肌が触れあうことで二人の気持ちは一気に接近するでしょう。ただ、手をつないだりキスをしたりは正式に交際が始まってからと考えている女性もいることに注意しなければなりません。相手の気持ちを無視して強引にことを進めると、相手の心が離れてしまうおそれがあります。

3回目のデートでキスすべしというのが恋愛の定説のようになっていますが、マニュアルにとらわれて本質を見失わないように。3回目のデートでなんとかキスまで持ち込まなければと焦ると、相手の気持ちが見えなくなってしまいます。いったんマニュアルから離れ、相手が出すサインに注意を向けましょう。一気に押すべきかいったん引くべきか、臨機応変に判断してください。

さりげなく手が触れあったとき、嫌がるそぶりがなければスキンシップOKと判断してよいでしょう。女性からはなかなかスキンシップを仕掛けにくいので、ここは男性が積極的にリードすべき局面です。告白が成功したら、帰り道はぜひ手をつなぎましょう。恋人気分が高まりますよ。

3回目のデートで女性の好意のサインが分かったら告白!

テクニックより誠実な気持ちが大事

告白を成功させ彼氏彼女の関係になれるか友だち止まりで終わるかは、3回目のデートの出来次第です。彼女からの脈ありサインを正しくキャッチし、告白を成功させましょう。

3回目のデートに誘うときは、特別なデートであることをあらかじめ伝えておくことをおすすめします。彼女がデートをOKしてくれたら、あなたに好意を持ってくれていると考えてよいでしょう。デートが決まってからも気を抜かず、LINEなどで定期的に連絡をとり、デートへ向けて気持ちを盛り上げていきましょう。

デートの場所は相手の好みを基準に決めましょう。デート中は彼女に楽しくしゃべってもらうことを心がけてください。恋愛に関する話題を出し、告白への流れを作ることが重要です。スキンシップは相手の反応を見つつ、男性のほうからリードしましょう。

CeCe
都内在住ローンウルフ型webライター。得意分野は人間関係やライフスタイル、カルチャー情報などなど。現在は女性向けメディアを中心に執筆中。男女の複雑な心理の綾を明快に解き明かす手腕には定評がある。