婚活が辛い・・・同級生はみな結婚して子供も授かり焦りを感じてます

昨年もパーティーに行き、ネット婚活もしましたが、カップリングをしても発展せず、自分に合いそうな人もおらず。結局一度年末で辞めました。今年の6月に再開しましたが、昨年から100人以上の方とお会いしましたが、全くいません。理想も高いせいもあるのですが、結婚したい気持ち、婚活がつらい気持ちで揺れています。

最初に「いいね」してみましょう
641

Q:婚活が辛い・・・同級生はみな結婚してしまい焦りを感じてます

ご相談の内容

相談者:30代前半 女性

昨年春から婚活をしています。周りの同級生はみな、結婚し、子供も授かり。焦りを感じています。

昨年もパーティーに行き、ネット婚活もしましたが、カップリングをしても発展せず、自分に合いそうな人もおらず。結局一度年末で辞めました。しかし、色々あり、今年の6月に再開しました。昨年から100人以上の方とお会いしましたが、全く。相談所も検討していますが、費用が高く、給料の低い私にはハードルが高いです。

パーティーで会っても短時間しかトーク時間がなく目まぐるしく、いつも疲れてしまいます。理想もかなり高いせいもあるのですが、結婚したい気持ち、婚活がつらい気持ちで揺れています。


[取材レポート] 250万人が登録した婚活サイトの実態を独自調査!


★割引クーポン付★ゼクシィ縁結び&恋結びで出会いを探すコツを取材!

カウンセラーのアドバイス

20161023_04

はじめまして。ご相談をありがとうございます。

婚活、おつらいですよね。お気持ちとても分かります。それに、結婚したい気持ちと、婚活がつらい気持ちで揺れるお気持ち・・・。それも、痛いほど良くわかります。

結婚しなくてもさみしくないですか?

さて、私がこのような相談を頂いた時、必ずさせていただく質問があります。それは、「あなたは、これから先の人生、結婚しなくてもさみしくないですか?」ということです。

婚活は辛いものです。そしてとてもしんどいものです。自分探しでもあり、他人から自己否定されることの連続でもあります。はっきり言って、やらずにすむなら、やらないほうがよっぽど楽です。

ですから、やらないという選択肢だってあると思いますし、もう辛いからやめる!という選択肢もありだと思うのです。

しかし、もしも相談者さまが、「結婚しなければ辛いし、結局さみしい。」と思うのであれば、婚活をしてゴールにたどりつくしか、いまの悩みを解決する方法はないと思うのです。

婚活には、ゴールが必ずあります。結婚相手が見つかればゴールなのです。

相談者様の場合、カップリングまではされていらっしゃるのですよね。案外、相談者さまのお気持ち次第で、簡単にゴールまで辿り着くのではないかな、とも感じるのですが、いかがでしょうか。

3つの危険な可能性

気になるのは、「自分に合いそうな人もおらず。」、「理想もかなり高い」と書かれている点です。

まず、「自分に合いそうな人もおらず。」という点からですが、自分と合いそうかどうかというのは、そもそも短期間での触れ合いの中で分かるものなのでしょうか?この発言の中には、3つの危険な可能性が含まれていると私は思います。

  1. 自分自身のことを、「私はこういう人間だ」と決めつけてしまっている可能性がある
  2. 自分と合う人はこういう人だ、と恋愛パターンを決めつけてしまっている可能性がある
  3. 相手はこういう人だ、と決めつけてしまっている可能性がある

まずは、この3つの項目のそれぞれについて、こんなふうに考えて、視野を広げてみてください。

  1. そもそもあなた自身のことは、あなたが思い込んでるだけで、「こういう人間」ではないかもしれない。あるいは、昔はそうだったかもしれないけど、今は変わっているかもしれない。
  2. 自分と合う人はこういう人だ、というのはあなたの思い込みで、実際に合うのは全く違うタイプの人かもしれないし、全く違うタイプとのほうが結婚生活がうまくいくのかもしれない
  3. 相手はこういう人だ、というのもあなたの思い込みで、あなたは短時間で少ない情報でも、すぐに相手をこういう人だ、と決めつけてしまう癖があるかもしれない

これらの3つの危険な思い込みグセが、あなたの足を引っ張っているのかなと思ったのですが、いかがでしょうか。
もしも思い当たる点がおありでしたら、そのクセは、ゴールを目指すあなたの足を引っ張り続けるクセかもしれません。

ぐっとこらえて、最低5回はデートしてみる

また、理想がかなり高いとのことですが、その理想について、妥協することはできませんか?相談者さまにとっては耐え難い妥協の積み重ねになるかとは思いますが、その理想を貫くために今後もまだまだ婚活を続けなければいけない状態も・・・それはそれで、しんどいと思うのです。

目の前の男性は、「理想通りではない」というデメリットがあるかもしれませんが、「自分をもう二度と婚活しなくて良い状況にしてくれる」という大きなメリットも、自分にもたらしてくれる人なのです。

まずは次にカップリングした方とは、ぐっとこらえて、最低5回はデートしてみたらいかがでしょう。初対面で「無し!」と感じた方でも、5回目のデートで楽しく笑えるかもしれません。

婚活疲れに拍車をかけてしまうことばかりを申し上げてしまいましたが、いまががんばりどころだと思います。歯を食いしばって踏ん張って、ゴールまで辿りついてほしいと思っています。ゴールまで辿り着けば、もう二度と婚活しなくてすむのです。応援しております、がんばってくださいね。

タグ 疲れ

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪ランキング発表≫異性と出会う方法

社会人になると「出会いがない!」悩みを持つ人は多いのでは?

職場や友人とのつながりの中でも出会いがないと、なかなか新しい出会いを見つけるのは大変ですよね。

定番の合コンや友達の紹介は、あまり期待できないし、婚活パーティーに行くのもちょっと勇気がいる・・・

そこで異性と出会う方法トップ10をご紹介しますので、どんな方法があるか見てみませんか?

☆ランキングを見る☆

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活アドバイザー。お見合いパーティーの運営を行う中で、婚活の現場で起こる悩みや葛藤を目の当たりにした。その後、結婚相談所のカウンセラーとして就任し、月に50人以上の方の恋愛相談にのり、たくさんの方の婚活の苦しさに寄り添いながら、成婚をお手伝いしてきた。