花嫁、婚活成功、結婚式
婚活のノウハウ

結婚相談所の成婚率って何?現役の仲人がその真実をお伝えします

アプリ、社会人サークルなど様々な婚活を6年経験し結婚相談所に入会して1年以内に結婚した経験を持つ現役仲人が「成婚率」の真実をお話します。

結婚相談所 成婚率の落とし穴

結婚相談所に入れば結婚できると思うなら大間違い

不安、憧れ、片思い

婚活パーティーや婚活アプリなどでの婚活が上手くいかなかった時、本気で結婚を考え始めた時、すぐにでも結婚したい!という時、頭に浮かぶのが結婚相談所だと思います。

どこの相談所で活動するのか、検討する際に気になるのは「本当に結婚できるの?」「実際どのくらいの人が結婚できるの?」ということではないでしょうか。

気になる「成婚率」について、お話したいと思います。

「成婚」とは?

結婚式

一般的には「成婚」=「入籍」というイメージでしょうか。実は結婚相談所での「成婚」の定義は各社様々です。

「婚約」の時点で成婚とするところもあれば、お互いに相手を1人絞る、所謂「真剣交際」の時点で成婚とするところもあり、またその「成婚」は相談所での出会いとは限らない場合もあります。

「婚約」に法律の規定はありませんが、判例や実務では法律的な意味(責任)を認めることは当然となっていますし、不当な破棄は損害賠償や慰謝料の請求が認められています。一方前向きに結婚を考えているとはいえ結婚相談所での「真剣交際」は世間でいうところの「交際(彼氏と彼女)」の段階です。

よって「成婚」の意味合いは各社大きく異なってきます。

「成婚率」とは?

デート、野球

実はこの「成婚率」も各社定義が異なっています。

  • 「成婚による退会者数」÷「総会員数」
  • 「成婚による退会者数」÷「入会者数」
  • 「成婚による退会者数」÷「全理由(成婚以外を含む)による退会者数」
  • 「一定期間の成婚による退会者数」÷「一定期間の退会者数」

統一された基準がない為、算出方法は様々です。

また、「結婚相談所の会員同士の結婚に限る」のか、「結婚相談所の会員と非会員の結婚も含む」のか、という違いもあります。非会員との結婚とは、結婚相談所で活動していたけれど、結局は同僚と結婚したという場合などの相談所以外で知り合った方と結婚した場合のことです。

どの結婚相談所も「結婚できる可能性が高い」印象を持ってもらいたい為、良く見える算出方法が採用されているはずです。

各社「成婚」の定義も「成婚率」の算出方法も異なるということは単純に各社が打ち出している「成婚率」を比較して、結婚できる可能性をはかることは難しいということになります。

結婚相談所を選ぶ際、何を基準に選べばいいのか?

ポイントの解説・講義

基準となる大事なことは2つあるとおもいます。

  • 結婚したいと思える人に出会えるかどうか?
  • 成婚に導くためのサポート体制

この2点です。

まずは「結婚したいと思える人に出会えるかどうか?」ということ。それは「会員数」と「出会いの機会の多さ」に注目してみると良いかと思います。

会員数、出会いの機会、申込可能人数、紹介人数を確認

合コン、婚活パーテぃー

会員数については説明はいらないかと思いますが、多ければ多いほど求める条件にマッチする異性の数も多くなり、単純に理想のお相手に出会えるチャンスが多くなります。

また、「出会いの機会の多さ」とは一定期間の間にどれだけの異性と実際に出会えるチャンスがあるか?ということです。相談所での出会いの方法も様々で、担当者からの紹介、検索機能を使ったお申し込みやお申し受け、パーティーなどがあります。

どんなに会員数が多くとも、ひと月に紹介してもらえる人数やお申し込み可能数が少なくては意味がありません

ひと月に3名紹介してもらえる相談所と10名紹介してもらえる相談所、あるいはお見合いのお申し込みをひと月に5名できる相談所と200名できる相談所ではチャンスの多さやスピード感に違いが出てくるかと思います。

ゆっくりマイペースで活動するのも良いかと思いますが、男女ともに年齢が上がれば選択肢は狭くなっていきますし、月会費も嵩んでいきます。長く活動していると婚活疲れが出てきてしまうことも…婚活はある程度のスピード感も大事です。

「成婚に導く為のサポート体制」が自分に合っているか

結婚相談所

活動中に迷ったり、悩んだり、不安に感じることがある時に相談できる体制があるか、またそれに対して担当者が親身になって考え、的確なアドバイスを受けることができるかどうかということは成婚の確率を大きく左右することになります。

相談所によってはひとりひとりに対してしっかりサポートできるキャパ以上の会員さんを担当しているところもある為、「相談してもマニュアル通りのことしか返って来ない…」というお話もよく聞きます。

また、婚活はやりようによっては最大の自分磨きにもなります。それは異性から選ばれる存在になる為に相談所がサポートする為です。

いくら結婚したい!と思える異性がいたとしても、その異性にも同じように思ってもらえなければ結婚はできません。外見やマナーなど表面的なことはもちろん、交際中、そして結婚後も幸せな生活が続くよう、内面的なことや例えばお互いのご実家への挨拶やプロポーズのことなど、レクチャーを受けられる相談所はとても心強いかと思います。

結婚相談所の担当者との相性も大事です

家族、夫婦、カップル、デート

例え成婚率が80%の相談所があったとしても、残りの20%になってしまってはあなたにとっての目標達成率は0です。

  • まずは何故結婚したいのか?
  • 自分にとって理想の結婚生活とは?
  • その為にはどんなパートナーが必要なのか?

ということを一度よく考え、実際に気になる相談所にその思いをぶつけてみて下さい。それに対してその相談所ではどんなサポートができるか?しっかりお話して下さることと思います。

気軽に結婚相談所の説明を聞いてみよう

自分に合う結婚相談所があれば結婚はすぐそこ

相談所のファーストカウンセリングへ行く際にひとつ注意点があります。

自社の相談所と他社の相談所を比較することがあるかと思いますが、他社の相談所の情報に関しては間違っていたり古い情報のことも多いので、それぞれの相談所に確認した方がいいですよ。

婚活業界は日々どんどん進化しています。

浅野
27歳からあらゆる婚活サービスを利用するも結婚には至らず、33歳で結婚相談所に登録。20人の男性とお見合いをし、登録から9ヶ月で婚約に至る。現在は大阪で新婚生活を楽しみながら、マリッジカウンセラーとして婚活に悩む方々のサポートしている。