婚活のノウハウ比較

Poiboyとwithの違いをマッチングアプリで20人以上と出会った男が解説

マッチングアプリで20名以上の女性と出会ったMuraが、人気のPoiboyとwithを徹底比較。どちらが出会えるアプリなのか、料金や実体験、登録している女性、サクラや業者の存在などの観点から比較しました。

Poiboyとwithの違いを解説!

初めまして。私は20代前半のブロガーMura.(男性)と申します。

今まで色んなマッチングアプリを使い、20人以上の女性と会ってきた私ですが、今回はPoiboyとwithを比較していきたいと思います。

どちらも人気のマッチングアプリで勢いに乗っていますが、きちんと違いを理解してから選んでいただければと思います。

ルックス重視の人はPoiboy、内面重視の人はwith!

「さっさと結論を言って!」という人のために簡潔にいうと、イケメン・カワイイ子と出会いたいって人ならPoiboyの方が適しています。

これはPoiboyのコンセプト的に、ルックスを重視して相手を選ぶことを推しているからなんですね。

逆にwithはメンタリストのDaiGoさんが監修しているので、彼独自の恋愛工学や心理学に基づいた、合理的な出会いを求めることができます。

どちらも長所と短所があるので、自分のスタイルに合わせて選んでいただければと思います。

登録女性の年齢層

まず各アプリの登録女性の年齢層についてですが、どちらのマッチングアプリにも若い女性が多いです。

どちらも20代が一番多く、30代後半くらいからほとんど見かけなくなってきます。やはりそれくらいの年齢になると婚活サイトや結婚相談所を使うようになるので、若者向けに特化しているアプリですね。

Poiboyもwithも登録者の年齢層はそこまで相違ないのであまり気にしなくていいですね。

登録女性のタイプや外見

Poiboyに登録している女性

Poiboyの登録女性は、アプリのコンセプトもあってかルックスのレベルが高いです。

見た目重視というコンセプト通り、相手を選ぶ判断材料がほとんどプロフィール画像になるので、写真への力の入れ具合が比じゃないですね!

特にカワイイ系の女性が多いので、若くて癒し系の女性と出会いたいという人にはPoiboyだと出会いやすいでしょう。

withに登録している女性

withも負けず劣らずルックスのレベルが高いのが特徴的です。

ただ内面や共通点、性格の相性を重視にしている分、顔だけで相手を選ぶのはあまり女性に好まれないので気をつけましょう。

with公式サイト

※クリックするとストアアプリが立ち上がります

料金体系

それぞれのアプリの1ヶ月の料金を比較してみます。

Poiboyの料金体系

Poiboyは少し特殊な料金システムとなっていて、29歳までは1ヶ月3,400円、30歳以上は4,300円というように年齢によって異なります。

withの料金体系

次にwithですが、こちらもアプリ内決済だと3,900円、クレジットカード決済なら3,400円と決済方法で料金が変わります。

20代までの人であれば、withもPoiboyでも料金はほぼ変わりません。

各アプリの使いやすい点

Poiboyの特徴

Poiboyはマッチングアプリの中でもかなり異質なシステムで、女性主体のサービスと銘打っています。

これは女性がいいね(=ポイ)しないと男性はマッチングできず、男性は必死に自分のステータスを育成して女性に選んでもらわないといけません。

具体的には女性にポイしてもらったり、質問に回答すればステータスの評価が上がり、ランクが上がっていくというシステムです。

上位ランクに行けば女性ユーザーの目にも留まりやすくなり、よりポイされる可能性が上がるというわけなのですが…

プロフィール画像が魅力的でないとなかなかポイされず、ステータスのランクが上がりにくくて苦労します。

ただ、少ない情報でサクッとマッチング・メッセージやり取りできるのはかなり便利で手軽です。

withの特徴

次にwithの使いやすいところですが、Poiboyとは異なり検索で女性を探すことができて、気になった人にはいいねを送ってアプローチできる点です。

さらに性格診断や価値観マッチングなどで相性のいい女性を優先的に表示してくれるので、効率的に自分に合いそうな女性とだけやり取りができるのもwithの魅力ですね。

with公式サイト

※クリックするとストアアプリが立ち上がります

このアプリに向いている人

Poiboyに向いている人

Poiboyが向いている人は、とにかくルックスに自信がある人です。

これは強く言っておきたいのですが、ある程度の容姿がないと女性にポイされずステータスのランクを上げるのにかなり苦労します。

というのも、ステータスを上げる要素としてポイされた数と女性とのやり取りの回数が含まれています。つまり、たくさんの女性からポイされて、なおかつメッセージがある程度続かないとランクが下がってしまいます。

実際に私がPoiboyを使った時は、2週間くらいで最高ランクのVIPまでいきましたが、徐々にランクが下がり1ヶ月が経つ頃には2ランクくらい下がってしまいました。

これは単にポイされる数とメッセージ数が減ったことが原因で、こまめな連絡で女性ユーザーを引き止めないといけないなと感じましたね。

逆に容姿が優れていれば楽にランクを上げて女性と出会うことができるので、向き不向きが出やすいアプリではないでしょうか。

withに向いている人

with・ウィズ

逆にwithが向いている人は、外見でなく内面で勝負したい、女性も性格で判断したいという人です。

性格診断や価値観マッチング、定期的に開催されるイベントなどで女性登録者と恋愛の相性を計る機会がたくさんあるので、マッチングのチャンスが多いです。

容姿に少し自信がなかったとしても、趣味が似ている人や価値観が合えば、それだけで思わぬ出会いに恵まれるかもしれません。

with公式サイト

※クリックするとストアアプリが立ち上がります

向いていない人

Poiboyに向いていない人

Poiboyが向いていない人はやはりルックスに自信がない人や、女性を見た目で選びたくない人です。

コンセプト的にも見た目重視であり、直感的に異性を選べるのが特徴的な分、写真に自信がない人には向かないですね。

学歴や職業、年収といったステータスも自己紹介文に書くしかないので、あまりスペックが武器として機能しにくいのも関係しています。

withに向いていない人

逆にwithは性格や価値観といった内面的な要素で判断するので、見た目で選びたい人やサクッと会いたい人には向きません。

さらにDaiGoさんの恋愛に関するアドバイスもマッチングの度に入るのですが、人によってはこれが煩わしく感じるかもしれません。マッチングアプリに慣れているか、恋愛に慣れている人は他の出会い系アプリの方が良いかもしれませんね。

業者っぽい女性の存在

Poiboyではあまり出会うこと自体できなかったのですが、業者は1人も見かけませんでした。

withでもほとんど見かけなかったのですが、1人だけカフェでビジネスの勧誘をしてきた女性がいたので、ゼロというわけでは無さそうです。

出会った女性の体験談

①Poiboyでは1歳上の保育士さんと出会うことができました。
保育士という職業的に出会いがなくて、アプリを使っているそうです。僕とは価値観が合わなかったので、特に発展することなく終わりました。

②withでは若い女性とそれなりにマッチングし、女子大生と出会うことができました。
話も結構弾んで盛り上がったので、何度か食事やデートにも行くなど、とても相性のいい女性に出会えたのを覚えていますね!

まとめ

シンプルに出会いたいならwithがおすすめ!

Poiboyはマッチングアプリの中でもシステムが特徴的なので、好き嫌いや向き不向きが顕著に出やすいアプリだと思います。
見た目に自信があれば、マッチングはしやすいので試してみるのが良いのではないでしょうか。

ただ、ルックスだけでマッチングを決められたくない人は、withで相性のいい人と出会った方が、気が合う人と出会いやすくなるのでおすすめですね!

Mura
スーパーゆとり世代のブロガー。友達がいないせいで始めたブログにハマり、ブログの他にもWebライターや作家活動をしています。また、マッチングアプリも研究しており、20名以上の女性と出会った実績を持つ。