入籍、結婚
婚活のノウハウ

マッチングアプリでアラサー女性が結婚するために大事なポイント

アラサー女子は、マッチングアプリでどうしたら結婚できるの?と疑問を持つ方も多いですよね。27歳でマッチングアプリを使って結婚した私が、婚活中に大切にしていたポイントと、マッチングアプリで結婚した今思うことをご紹介します。

Pairs婚した東大卒ユーチューバーが教えます

婚活期間たった2ヶ月の極意

デート、初デート、お見合い

Pairsで出会った東大院卒の男性と結婚した東大卒ユーチューバーほしみみさんにマッチングアプリで婚活を成功させたコツや、アプリで出会った男性と結婚してみた周りからの反応などを教えてもらいました。

なんと婚活期間は2か月だそうです!

筆者紹介 ほしみみ(東大卒youtuber)

マッチングアプリ「ペアーズ」で出会った東大院卒の男性と結婚した都内在住の30歳。婚活期間2か月で27人の男性とデートをして、大好きな夫と出会った。 夫との出会いや、夫との日々をブログやyoutubeで紹介している。

マッチングアプリ婚活で大切にしていた7ポイント

1.とにかく会ってみる!

待ち合わせ

私が最も大切にしていたことが、とにかく”会ってみること”です。 メッセージ交換と実際にお会いするのでは、良くも悪くも印象が変わることが多かったことから、とにかくまずは会うことを大切にしていました。

2.結婚の意思がある人とだけ会う!

返信、line、スマホ

とにかく”会ってみる”といっても、結婚の意思がない男性と会っても、結婚へは近づけません。

そのため、マッチングアプリの「結婚の意思に関する記入欄」は、必ず確認していました。年収が高かったり、超カッコいい人がいても、結婚の意思がない男性とは会わないようにしていました。

3.自分から積極的に動く!

婚活では、受け身な女性が多い印象ですが、私は自分から積極的に動くことも大切にしていました。

自分から”いいね!”を押したり、メッセージを送ったりはもちろん、自分からデートに誘うこともありました。

4.プロフィール写真は良いものを!

より多くの男性とマッチングするために、プロフィール写真は慎重に選びました。 はじめは、マッチングアプリに自分の顔写真を登録するのは抵抗がありましたが、やはり男性に自分を知ってもらうためにも顔写真の登録は必須と考え、登録しました。

登録する写真は、友人に相談して決めました

5.切って、切られてを気にしない!

失恋、スマホ、メッセージ

婚活を効率よく進めるためにも、”相手との連絡を切ることや切られることを気にしない”ということも大切にしていました。

というのも、マッチングアプリを使っている人は、男女ともに、複数の相手と同時並行でデートをしていることが多く、相手との連絡や関係性を切ったり、切られたりということが頻繁に起きます。

それをいちいち気にしていると、どんどん時間が無駄に過ぎて行ってしまいます。

「この人ではない」と思ったら切る、切られたら頑張って忘れるというようにして、どんどん婚活を前に進めていきました。

6.高望みしすぎない!

婚活パーティー、デート後

私は、婚活を始めたのが27歳で、決して若くはなかったということもあり、高望みをし過ぎないということも大切にしていました。

というのも、私の周りの、”結婚願望がある超ハイスぺ男子たち”は、24歳や25歳でしっかりと結婚を決めていたり、ほとんどが彼女持ちの状態だったからです。

それを考えると、27歳になって超ハイスぺ男子との結婚を追求すると「婚期を逃してしまう」可能性があると考え、高望みしすぎないようにと自分に言い聞かせていました。

7.既婚者に要注意!絶対に騙されない!

スマホ、恋人、カップル

最期に、「絶対に既婚者に騙されない!」ということも気を付けていました。 残念ながら、マッチングアプリにはたくさんの既婚男性が紛れ込んでいます

27歳で婚活を始めた私は、”既婚者に騙されて交際”なんていう時間の無駄は絶対に避けたいと考えていたので、相手が本当に既婚者ではないかを慎重に見極めました。

具体的には、彼との交際開始前には、彼とお互いに免許証やFacebookアカウント、家やスマホの中身などを見せ合い、お互いが独身であることを確認しあいました。

マッチングアプリで結婚した今思うこと

1.アプリ婚であることは気にならない

海、デート、水着

マッチングアプリを始める前は、「アプリで出会った人と結婚って…出会い方が微妙?」と思ってました。

しかし、アプリで出会った彼と交際を始めて数か月たつと、彼とどこで出会ったかなんて全く気にならなくなりました。

また、最近はアプリ婚が増えているということもあり、友人たちの反応は「アプリ婚って、イマドキだね!」とった感じですし、 私たち夫婦の両親も、アプリ婚であることを受け入れてくれました。

2.スペックよりも相性

デート、会話

婚活をしていた当初は、妥協が必要と思いつつも、男性の学歴や年収、容姿などのスペックばかり目が行きがちでした。

しかし、最終的に結婚した夫は、私が希望する学歴や年収、容姿には当てはまらない人でした。

なぜその夫と交際を決めたかというと、夫とは、とても居心地がよく、話しが盛り上がり、本音で話し合えたからです。そんな夫とは、出会って2年半が経って結婚した今も、とても仲良く、毎日楽しい日々を過ごせています。

3.とにかく今が幸せ!

プロポーズ、指輪

婚活で夫と出会えて2年半、本当に幸せな日々を過ごせました。

プロポーズや、両家顔合わせ、結婚指輪の購入、結婚式、新婚旅行など、どの思い出も宝物ですし、これから2人でどんな人生を歩んでいこうかと考えるとそれだけでワクワクします。

婚活を始める前は、「アプリを使うのは恥ずかしいかな…?」とか「一生結婚できないかも…」など不安だらけでしたが、マッチングアプリ婚活をして本当に良かったです。

皆さんにもいい出会いがあることを祈っています。  

ほしみみ

ほしみみ

(東大卒youtuber)
マッチングアプリ「ペアーズ」で出会った東大院卒の男性と結婚した都内在住の30歳。 婚活期間2か月で27人の男性とデートをして、大好きな夫と出会った。 夫との出会いや、夫との日々をブログやyoutubeで紹介している。