婚活パーティー、デート後
婚活のノウハウ

失敗が怖い!彼氏はできても続かない!婚活疲れが出たら知っておきたいこと

人それぞれに婚活のペースは違います。それはきっと、個々の人の性格などの違いによるものかも知れませんが、ある程度の年齢になると、途端に婚活のペースが落ちてしまうことがあります。そうなると、必然的に出会いと別れの頻度が少なくなりますが、実はコレ、婚活者にとっては大変危険なことなんです。

出会いと別れが怖い…もしかして婚活疲れ?

結婚が遠のいてしまう危険が?!

「結婚したい!」と思ってから、一生懸命に婚活に打ち込んできた方でも、なかなか思う様な結果が出ないと、簡単に婚活疲れに陥る場合があります。

時には、婚活が成功しないのは全部自分が悪いからだ、とネガティブな考えに付き纏われることだってあるでしょう。

そんな状態に陥ってしまうと、今度は出会いと別れが怖い、もしくは人と出会ってまた別れるのが億劫になってくることがあります。そうなると、結婚のゴールはどんどん遠のいてしまうばかり。

確かに、婚活に対するエネルギー切れを補充しなければならない場合もあるでしょうが、出会いと別れを怖がっていては、出会える相手にも出会えません。

そこで、そんな婚活疲れでちょっと元気がない方のために、出会いと別れに前向きになれる方法をご紹介したいと思います。

失敗?いいえ、今までの別れも経験です!

その1:出会いと別れは婚活の基本!

会話・話が弾まない

人と出会うのも、人と別れるのも、どちらも相当なエネルギーを使います。ですが婚活は、出会ってなんぼ、別れてなんぼ。

つまり、出会いと別れを繰り返さないことには、婚活を成功させることは出来ません。そのため、莫大なエネルギーが必要になるのは当然のこと。エネルギー切れになってしまう前に、エネルギーチャージをすることをオススメします。

婚活疲れの方であるなら、婚活を休みたくなることもあるでしょうが、しかしペースは落としてもお相手探しを休んではいけません。

自分磨きになる趣味や社会人サークルなどで、エネルギーを補充すると共に、そこでも常にアンテナをめぐらせておけば、婚活らしい婚活はしなかったとしてもいいお相手に出会えるかも知れません。

それぐらい出会いと別れにハングリーにならなければ、いいお相手にめぐり逢うことはできない、ということを覚えておきたいですね。

別れでエネルギー消耗したくない方は結婚相談所へ

「相手は私のことどう思っているのかな?」
「悪い人じゃないけれど、この人と結婚するイメージが持てない」
「ピンとこないけれど、お断りしていいのかな?」
ぐるぐる考えて何も決められない。断るのもエネルギーを消耗する。

そういう方は、結婚相談所を使う婚活がおすすめ。お断りは結婚相談所のシステムを通じて相手に伝えることができますし、話し相手になってくれるアドバイザーもおります。

その2:結婚する気がない人と付き合うことが最も時間の無駄

カラダ目的・ヤリ目の男性

年齢が上がっていくと、出会いが減っていくのは仕方のないことかも知れません。そんな方たちが陥ってしまうのが、今の出会い・恋人に必死にしがみ付いてしまうこと。例えば、恋人はいるけれど浮気性だったり、デートもドタキャンが多かったり。

ひと度出会いがあると、たとえその出会いに将来はなくても、スッポンの様に食らい付いて離さない人がいます。確かに、「もうこんな出会いはない!これを逃したら、結婚できないかも知れない!」と必死になる気持ちも分かります。

ですが、別れを怖がることは実際には逆効果です。先のない恋で時間を無駄にするよりも、むしろ別れを選んだほうが効率的に婚活をするめることが出来ます。

そのため、是非とも別れにポジティブになりましょう。別れは終わりではなく、新たな出会いへのはじまりであることを覚えておくなら、無駄に時間を過ごすことはなくなるはずです。

その3:妥協したくないなら、たくさんの出会いが必要

男女のお見合い

婚活で妥協したくないなら、多くの人との出会いが必要になります。出会いと別れのプロセスを面倒がっていたようでは、いずれは妥協で結婚してしまう結果になるでしょう。

それでそこそこ幸せになれればいいですが、「こんなんだったら、独り身のほうがよっぽど良かった。」なんて後悔することにもなり兼ねません。

ですから、当面の間は自分の趣味に割く時間を削ってでも、婚活パーティーに行ったりして出会いと別れのプロセスを多くすることに注意を集中してみてはいかがでしょうか。

その4:婚活を楽しむのもいいけどブレては駄目!

男性がきれいな、かわいい女性に憧れる

婚活疲れなんて他人事。婚活が楽しくてしょうがない、という男性がおられます。結婚相談所に5年以上いて、婚活がライフワークになっているという方も。

要は、婚活サイトや結婚相談所で色んな女性と出会ってデートすることを楽しんでいる訳ですが、そういう男性こそ将来的には一生独身になってしまう恐れがあると言えます。

「モテているのに、なんで婚活難民になるの?」と思いましたか?そう、普通は婚活難民になる人というのは、なかなか出会いもなくて婚活に費やす時間だけが無駄に過ぎる、そんなタイプの人たちのことを指しますよね。

ですが、現時点でモテている婚活者は、婚活本来の目的が「結婚」であることを見失っている可能性があるのです。つまり、婚活が目的になってしまっているのです。

そのため、婚活を楽しんでいる人は、自分がなぜ婚活をしているのか、今一度思い起こしてみるようにしましょう。

残念ながら、婚活をエンジョイしすぎる方はなかなか気が付けない。そう思うと、婚活疲れで立ち止まってしまっている方の方が、冷静になり婚活のやり方を見直せるので結婚に近いでしょう。

その5:自分に向き合う時間も必要

モテない女性の外見

先にも述べましたが、出会いと別れを軽々しいものとしてしまうのは、危険です。実は、出会いと別れから学べることはたくさんあります。

どうして別れることになってしまったか、深く考えてみるなら、自分の婚活における弱点を知ることができるでしょう。

この自分の弱点を知る、自分と向き合うのはものすごく勇気がいることです。多くの方はこういうことをしたくないため「まだ本気を出していないだけ」と強がります。

30代以上の方が男女ともに見落としがちなのが、外見面です。20代の頃と同じようなお店で、同じような服を買っていないでしょうか?ご自分では毎日同じような服・身だしなみなので気が付かないかもしれませんが、同年代できちんとした格好の方から見たらかなり見劣りするのです。ズバリ言えば女性ならブス、男性ならもっさりして清潔感がないのです。

なかなか一定の年齢を重ねたら、誰も指摘はしません。今、自分と向き合って何が原因なのかを逃げずに見極めましょう。

いつかは出会いと別れに感謝する日が来る?

傷ついても諦めない!

婚活疲れで傷つくのが怖くて、出会いから遠のいてしまう。そんなこともあるでしょう。ですが、その痛みをいつまでも引きずっていたままでは、素敵な人にめぐり逢うことは出来ません。

別れは、自尊心を粉々にしてしまうことだってあるでしょう。自分に自信がなくなり、婚活にも後ろ向きになってしまうかも知れません。でもこれも全て、経験。

しかし、自分を庇って婚活に積極的になれないのであれば、それはただ時間の浪費に過ぎないのです。

一生独り身で生きていくと決めたのであれば、婚活から身を引くのもありでしょう。ですが、そんなに潔く諦められないのであれば、もう一度出会いと別れに本気に取り組んでみてはいかがでしょうか?

そうすれば、きっと出会いと別れを繰り返した日々に、いつか感謝するようになる日が訪れるかも知れませんよ!

有島ユウキ
世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。