CAN
婚活のノウハウ

ここまで頼っていいの?親身になってくれる相談所ブライダルサロンCAN(キャン)に取材しました!

東京都杉並区上高井戸にある親身に相談に乗れる結婚相談所CANを取材しました。毎晩会員と飲みに行っている距離が近いフレンドリーな相談所でした。

ほぼ毎晩会員と飲む!?究極にアットホームな結婚相談所

会員様へのサポートはLINEより電話、電話より直接会う

CAN

ブライダルサロンCAN(キャン)

会員様1人1人に親身になってくれる結婚相談所……このような謳い文句はあちこちで聞くかもしれません。しかし、今回紹介する東京都杉並区にある「ブライダルサロンCAN(キャン)」は、「親身になっての相談」を究極まで極めたような結婚相談所です。

「婚活での悩みを本音で聞いて欲しい」「カウンセラーの人に徹底的に頼りたい」……そういう方こそ入会を検討する価値のある相談所です。詳しい話を聞いてきましたので、ブライダルサロンCAN(キャン)の取材レポートをどうぞ。

編集部

「さっそくですが……ブログの方を読ませていただきました。ほぼほぼ毎晩、会員様とお会いされていますよね」

後藤さん

「はい。毎晩のように飲みに行っていますね。実は今日もこの後、会員様と飲みに行きます」

編集部

「仕事とはいえ、ものすごく多くの時間を会員様のために費やしていますよね」

後藤さん

「実は、飲み会だけではないんですよ。野球観戦に行ったり、男女数名の会員様と熱海に温泉旅行に行ったり、男性会員様とは麻雀をしたりもします」

編集部

「すごいですね。やはり、会員様と親しくなることが目的ですか?」

後藤さん

「実は、私自身に不器用な面がありまして……LINEやメールではうまく伝わらないことも多いんですね。文字のやり取りだけだと、お互いの気持ちが伝わりにくい部分も多いと思うんです。だから、LINEよりも電話、電話よりも直接会って話を聞く。そういうスタンスで婚活のサポートをしています」

編集部

「やはり、一緒に飲みに行って話すと変わるものですか?」

後藤さん

「親しくなると、やはり本音で話してくれますね。だから、私も本音でアドバイスできます。ときには怒ることもありますし……会員様との距離が近いことが、弊社の最大の強みだと思います」

冒頭でブライダルサロンCAN(キャン)のことを「親身になってくれる結婚相談所の究極系」だと述べましたが、後藤さんはそれぞれの会員様と友人のように関わるそうです。「いい兄貴分のような存在ですね」と私が言ったところ謙遜なさっていましたが、実際にサポートされる会員様には、かなり心強いのではないかと感じました。

悩みを話すことで自己解決される会員様は多い

CAN

編集部

「実際、一緒に飲みに行ってどのような話をするのですか?」

後藤さん

「一般的な婚活のアドバイスや反省点を挙げたりもしますけど、意外と話をしているだけで自己解決される会員様も多いですよ。やはり、婚活中は誰かに話を聞いてもらうことが大切なんだと思います。だから、私がそういう役割を担っています」

編集部

「話は変わりますが、御社の婚活サポートプランは1つだけですよね?」

後藤さん

「そうですね。一応、31歳以上の方と30歳以下の方で料金は変わりますけれど、基本的にはワンプランです。お試しプランとか複数のプランがある結婚相談所も多いですけれど、プランによって対応が変わってしまうような気がして……だったら、最初から1つのプランの方が良いのではと思い、今の形になりました」

編集部

「なるほど。サイトで拝見しましたけれど、お見合い相手と真剣交際にまで発展すると月会費が半額になるとか……」

後藤さん

「それは、新たなお見合いのセッティングの必要がなくなるからですね。私の労力が減りますから、安くなるのは当然です」

編集部

「なんか、ものすごく誠実に婚活のサポートをなされている気がします」

後藤さん

「あんまり褒められると、『はい』って言いづらいです(笑)」

照れたように笑って誤魔化されてしまいましたが、実際に後藤さんの会員様へのサポートは手厚く親身です。夕方から夜にかけては、会員様と飲みに行くだけではなく相談のLINEや電話にも対応するそう。

編集部

「会員様から電話やLINEでの相談は頻繁にあるんですか?」

後藤さん

「私が起きている限りは対応しますから、遅い時間に電話がかかってくることもありますよ。夜中の1時とか2時とか。どうやら、女性は夜中に悩むらしいんですね。デートに行って帰ってきて、その後少しして悩んでしまう方が多いです。だから、どんな時間であろうとできる限りの対応はしますよ」

深夜を過ぎての電話はさすがにそう多くはないようですが、LINEや電話を通じた相談はほぼ毎日だそうです。

私が、「カウンセラーに徹底的に頼りたいという方におすすめ」と言ったのもわかっていただけるのではないでしょうか。なお、新規の会員様は既存の会員様や過去に在籍していて今は成婚された元会員様からの紹介が多いとのこと。この点から見ても、会員様達の後藤さんへの信頼はかなり厚そうです。

女性カウンセラーからファッションのアドバイスも

編集部

「松戸と足立にもサロンがあるそうですが……」

後藤さん

「私の他に女性のカウンセラーがいまして……実は両方とも彼女が経営しているブティックなんですよ。そこで、彼女が婚活ファッションのアドバイスをすることもあります。ファションに限らず、女性目線のアドバイスが必要なこともありますしね……」

編集部

「なるほど、そういうことでしたか。そういえば、ホームページに載っていた医療従事者への成婚実績が豊富という点に触れていませんでした。医療関係の会員様が多いのですか?」

後藤さん

「そうですね。会員様の30〜40%が医療従事者です。彼らは動ける時間に制約があるため、若い時に結婚しなかった人も大勢います。もちろん今でも忙しくしている人がほとんどですね」

編集部

「時間がない人達にとっては、どんな時間でも相談できる後藤さんの存在が心強いでしょうね。医療関係者の方達にだけ、送るアドバイスというものはあるのでしょうか?」

後藤さん

「高給取りの方がやはり多いのですが……入会前の段階で『自分と同じようなハイスペックの人は求めない方が良い』と言ってしまいます。やはり、自分と同じようなレベルの人を求める人が多いですから。でも、なかなかそういう人と結ばれることは稀です」

編集部

「では、どのような人と結ばれることが多いのでしょうか?」

後藤さん

「税理士や公認会計士、コンサルタントなどですね」

編集部

「充分にハイスペックな人達のように聞こえますよ」

後藤さん

「そうなんですよね。なんだかんだで釣り合いが取れるものですよね(笑)」

会員様同士で結ばれることも

CAN

編集部

「これまで婚活のサポートをしてきて印象的なエピソードがあったら教えてください」

後藤さん

「そうですね……今年の正月に会員様達と初詣に行きました。そしたら、女性会員の1人が男性メンバーの1人を気に入ったようで、私に報告してくれたんですよ。

実はその男性会員は、私の麻雀仲間でして(笑)。

後日、麻雀をした後にその女性会員様の意思を伝えたところ、最初は渋っていたんですよね。

でも、私も同席するからと、3人で飲みに行ったんです。もちろん、私は途中で消えましたよ。結局、その2人はうまくいきました。今は、成婚して退会しています」

会員様同士が大勢で初詣に行かなければ、成婚されたお二人も出会わなかったかもしれません。また、その男性会員様が後藤さんと麻雀をしていなかったら結ばれなかったかもしれません。このようなエピソードを聞くと、カウンセラーが後藤さんだったからこそ生まれた夫婦は他にも大勢いるような気がします。また、これからも新たに生まれることでしょう。

編集部

「最後に、今、結婚相談所への入会を迷っている方達に向けてメッセージをお願いします」

後藤さん

「今が一番若いのですから、なるべく早く行動を起こすべきです。厳しいことを言ってしまえば、待っていても出会いなんてありませんよ。

結婚相談所の出会いを『作られた出会い』だと考えている人もいるようですが、そうではありません。結婚相談所に入っても、結局は自分が動かなければ出会いはありませんから。出会える場所ではあっても、作られた出会いではないです」

「後藤さんに婚活をサポートしてもらいたい」と少しでも考えた人は、是非ブログもチェックしてみてください。

ほぼ毎日更新されていますし、自分の時間をほぼ会員様ために使っていることがわかると思います。今回の取材を通して、まさに親身になってサポートしてくれる結婚相談所だと、私は感じました。

ブライダルサロンCAN(キャン)

  • 電話:080-2022-7780
  • 住所:東京都杉並区上高井戸1-30-7
  • 最寄駅:京王線 芦花公園駅
  • WEB:http://www.aloha-can.co.jp
編集部
婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部