オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

新規事業として結婚相談所ビジネスは儲かるのか

ポイント解説

少子高齢化時代に注目のビジネスモデル結婚相談所

結婚相談所のビジネスモデルを解説します

プロポーズ、指輪

新規事業で結婚相談所に参入する企業が増えています。専従者が一人いればスタートできますし、初めは店舗を構えなくても初期費用少なく始めることができます。

売り切りではなく会員は毎月の月会費を支払うストック型のビジネスモデルなので、会員が集まれば安定した売り上げを見込めます。

ただし、スポーツジムと違って会員は結婚相手が見つかれば卒業していくので他のストック型ビジネスモデルと比較すると会員の出入りは激しいでしょう。

結婚相談所の収益構造

目安備考
入会金(初期費用)10,000~30,000円結婚相談所連盟への登録手数料として。
登録料(初期費用)30,000~70,000円活動サポート費などという名称のところもあります。結婚相談所のプロフィール作成など。相談所によって内容は異なります。
月会費5,000~15,000円前後結婚相談所によっては年齢ごとに月会費を変えている場合も。
お見合料0~10,000円首都圏の結婚相談所はほとんどお見合料0円。地方の結婚相談所は月会費が安くお見合料があることが多い。
成婚料10~30万円結婚相談所で出会ったお相手と結婚前提の交際が始まり結婚相談所を卒業するタイミングで頂く。

結婚相談所は低額で初めてロイヤリティが0円

お金

コンビニオーナーと言えば毎月のロイヤリティの支払いが大変というイメージがあるかもしれません。

エステ、学習塾、飲食チェーン店などは定額制・歩合制いずれかロイヤリティがありますが、結婚相談所はそうしたロイヤリティがなく利益率が高いのです。

法人が結婚相談所を開業する場合の加盟金は100~300万円ぐらいで、毎月連盟本部に払う月会費は8,000~30,000円程度です。担当者の人数や加盟する連盟によってコストが変わります。

収支モデル・結婚相談所の会員が20人で成婚者月1人の場合

海、デート、水着

結婚相談所の収支モデルをご紹介します。

会員20人、成婚者1名、新規登録1名の場合
  • 入会金 50,000円
  • 月会費 10,000円
  • 成婚料 200,000円

収入

入会金50,000×1¥50,000
月会費10,000×20¥200,000
成婚料200,000×1¥200,000
合計450,000円

支出(連盟毎に料金は異なります)

新規会員登録料¥3,000×1¥3,000
システム使用料¥1,000×20¥20,000
加盟店への月会費¥20,000¥20,000
合計45,000円

月間売上 405.000円

もし2か月に1人ぐらいの成婚退会者がいると仮定すると年収は450~500万円ほどです。

結婚相談所は粗利益も高く家賃がなければ利益率9割ぐらいです。

ここで

「あ、そんな利益率が高いんだ!じゃ開業しよう!」

と思うのは要注意。次の章ご覧ください。

会員が20人超えは結婚相談所全体の5%だけ⁉

会員が20人いる場合の年商をお伝えしました。では20人会員がいる結婚相談所は全体のうちどれぐらいだと思いますか?

  1. 60%
  2. 30%
  3. 10%
  4. 5%

さあ考えてみましょう。

正解は全体のわずか5%ぐらいと言われております

詳しくはこちらの結婚相談所のチャンネルをご覧ください。

こちらのYouTubeチャンネルによると10人ぐらい会員がいる結婚相談所も全体の10%ぐらいだそうです。副業であれば10人ぐらいでもよいかもしれないななんて思っている方もいるかもしれませんが、開業して9割の結婚相談所は10人も会員がいないようです。

開業して軌道にすぐ乗るわけでもないですし、軌道に乗る前に資金ショートしてしまう可能性もあります。

結婚相談所をゼロから始める場合は、まずは友人知人のカウンセリングから始めるなど、2年間は無収入でやる覚悟が必要だと思います。

https://news.yahoo.co.jp/byline/toyoomiya/20190924-00143926
結婚相談所は新規参入しやすいですが、安易な参入はオススメしません。続いて失敗する例をご紹介します。

新規事業で結婚相談所に参入して成功と失敗を分ける原因は?

結婚相談所で失敗する人がみおとしていたこと3つ

スマホを持つ20代女性
こんなに結婚相談所の集客が大変だとは思わなかった

失敗する最大の要因はこれです。結婚したいけれども結婚できない人が多いから需要があるはずと思って安易に始めると失敗しやすいのです。

見落としがちなことはこの3つです。

1.結婚したい=婚活ではない

基本的に婚活をしたくて始める方はおりません。結婚したいけれど相手がいなくてしぶしぶ始めます。「婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)」によるといつか結婚したいと考えている独身者のうち婚活サービスを活用しているのは4人に1人と言われております。

独身で結婚願望がある方がみんな婚活をするわけではないのです。

2.手軽で安い婚活方法がたくさんある

今は一番利用者が多い婚活方法がマッチングアプリです。かつては「出会い系」と呼ばれたこともありましたがアプリはそんな怪しい存在ではなくなりました。

安くて登録者も多い婚活サービスがある中で結婚相談所のメリットを伝えていかなければ入会者は増えません。

3.結婚相談所の数が多い

結婚相談所を開業する方は増えており、日本結婚相談所連盟(IBJ)の加盟店は2009年は500店、2015年は1000店、2021年は2,700店と増えています。結婚相談所間での競争が激しいのです。

新規事業で結婚相談所を成功させる秘訣は三つ

結婚式、神社

しかし結婚相談所を開業して成功している企業もあります。年収が1000万円を超える方もいるのは事実です。

ではどういう結婚相談所が儲かっているのでしょうか。解説します。

1.SNS集客が上手であること

ブログやTwitterは無料で始めることができます。0円で集客できる結婚相談所は売上も高いでしょう。アメブロで有名な結婚物語。やTwitterで人気のイノセントなどが有名です。

2.明確な差別化ができている

競合が多いことは解説しましたが、他のかぶらない特徴がある結婚相談所は競合が多くても入会者が増え続けています。オタク向け結婚相談所で有名なとらのあなが運営するとら婚は有名です。

3.本業と相乗効果がある

歴史ある築地本願寺がIBJに加盟して結婚相談所を始めました。「お寺の結婚相談所」という意外性からメディアでも取り上げられ話題になりました。

お寺にすると若い方もお寺に足を運んでもらうきっかけになります。築地本願寺がやるために安心感があって相談しやすいと感じる方もいます。

社会貢献したい気持ちだけで開業して廃業しないために

金遣いが荒い、お金

結婚相談所は素晴らしいビジネスモデルだと思って開業したけれど廃業してしまう方も多いです。

廃業しないために簡単にできるのは、開業にお金をかけすぎないことです。

  • 加盟金が安い結婚相談所連盟で開業する。軌道に乗ってから他の連盟を使用することもできます。
  • お金をかけてホームページを作るのではなく無料ブログで始める。
  • 店舗を借りず自宅で開業し、相談はカフェなどを使う

例えばこんなことを心掛けるだけで、失敗のリスクは減ります。

まとめ

結婚相談所の収入はピンキリです

結婚相談所は儲かるとは言い難い仕事です。やりがいはある仕事ですので、始めたら続けていけるように小さく始めてはいかがでしょうか。