恋愛したい人におすすめのマッチングサイト
比較

恋愛したい人におすすめのマッチングサイト7選!女性無料でも安心

マッチングサイトの有料と無料は何が違うの?

まず婚活をやってみよう、ということであれば無料サイトでOK!

  • マッチングサイトって出会い系みたいで怪しくない?
  • 女性無料のサイトは有料のサイトとどう違うの?

このようなご相談を頂くことがあります。

マッチングサイトの場合、男性は基本有料ですが女性は無料のものと有料(男性と同じ料金を支払う)ものがあります。無料ならお金がかからないからお得!と思いがちですが、タダで活動できるということはやる気がない人でも幽霊会員として登録できるということです。

少しでも早く結婚相手を探したい!というのであれば、やはり有料のマッチングサイトのほうがいいでしょう(もっと言うとマッチングサイトよりもお見合いや結婚相談所です)。

じゃあ無料のマッチングサイトはダメなのかというとそうではありません。「お試し」として婚活初心者が始めるには経済的なリスクが少なく、どんなものかを体験できます。

そこであわよくばいい人が見つかれば・・、そのくらいの気持ちでまず「婚活」を始めるのが大切です。サクラなどはいないわけですから、いい人がいるかもしれません。

女性無料でも安心して使えるサービス7選を比較

Pairs(ペアーズ)

日本最大の会員数を誇るマッチングサイトになります。累計会員は600万人(日本以外も含む)。女性は完全無料で活動できますので、安心してください。まりおねっとの編集部が選ぶ総合ランキングでも1位、運営しているのはアメリカの上場企業の子会社「エウレカ」です。

20161216_01

Facebook連携型といって、入会する際にはFacebookのアカウントを持っていることが条件になります。それは男性側も同様なので「実名でFacebookをしている」=「素性がはっきりしている」=「交際ステータスが『既婚』ではない」など、二重三重にも本人であることを確認できますので安心して婚活ができます。

使い方

  1. プロフィールを見て、「この人いいな」と思ったら「いいね!」を押します。Facebookのいいね!と同じ感覚なので慣れている人には問題ないでしょう。
  2. 男女双方が「いいね!」をするとカップリングが成立します(以降のサイトも大体同じ流れです)。
  3. 以後は専用のシステム上からメッセージのやり取りをしていき、実際に会って交際につなげましょう。この段階で遊び目的の人を見極めて切るのが大切です。

また共通するプロフィールから、コミュニティを作ることも可能です。mixiを思い出していただくと分かりやすいですね。共通する趣味があれば出会いにつながりやすいですよね。

ペアーズ公式ホームページ

AppDownload※クリックするとストアアプリが立ち上がります

Omiai

Omiai(オミアイ)もFacebook連携型のマッチングサイトになります。ペアーズよりもできたのは古くて、老舗のマッチングサイトといえます。運営会社の(株)ネットマーケティングは2017年にJASDAQ上場した企業です。

20161216_02

女性無料と書きましたが、20代までは完全無料、30歳からは男性と同じ料金を支払うことになります(Facebookで年齢はバレますのでごまかせません)。

Omiaiの特徴

異性とメールができるのは身分証明書の画像を送った人だけ。不審なユーザーがいないか24時間365日監視しています。

男女ともに会員の年齢が高いことが特徴なのですが、逆にこのサイトに無料で活動できる20代の女性が登録すれば申し込みは殺到するでしょう。

自分の客観的な「市場価値」を判断して、最も高く評価されるマッチングサイトで活動するのも1つの上手なやり方になります。

OMIAI 公式ホームページ

ゼクシィ恋結び

ウェディング雑誌『ゼクシィ』を発行しているリクルートが運営する恋活サイトです。同じようなものに「ゼクシィ縁結び」がありますが、こちらは婚活に特化していて結婚相談所に近い仕組みになっています。男女ともに有料です。

この「ゼクシィ恋結び」は登録時に100円ほどかかりますが、以降女性は無料で利用することができます。また、Facebook連動型なので、Facebookのアカウントが必要になります。

20161216_03

結婚はあまり意識していないけど、まず恋人がほしい、しっかりと恋愛してから結婚を考えたい、そういう人には婚活ではなく恋活にターゲットを絞ったサイトで男性を探すのもいいと思います。

20代~アラサーが会員のメイン層になるので、そこまで結婚を焦っていないけど何かやってみたいという人にはおススメです。

ゼクシィ恋結び 公式ホームページ

AppDownload※クリックするとストアアプリが立ち上がります

youbride

mixi系列会社が運営するマッチングサイト。Facebook連携型でもなく、またmixiのアカウントも必要ありません。

オーソドックスに検索をして気に入った人がいれば「いいね」を送り「ありがとう」が返ってくればマッチング成立になります。

20161216_04

「女性無料」というわけでは実はなく、有料会員とやり取りする場合は無料会員でも大丈夫、というものなのです。実際のところ、男性は多くが有料会員なので、女性がわざわざ有料会員にならなくてもほとんどの男性とやり取りができるということになります。もし、「本気度」を示すのであれば有料会員になってもいいのかな、程度ですね。

累計会員数130万人を突破と、人気のマッチングサイトの1つです。

AppDownload※クリックするとストアアプリが立ち上がります

Yahooパートナー

ご存知の方がほとんどYahoo(ヤフー)が運営する女性無料のマッチングサイト。スマホ用のマッチングアプリもあります。利用するにはYahooアカウントは必須ですが、Facebook連動はオプションです。

20161216_05

何かが良いかと言えば、やっぱりブランドネーム。男性会員も真剣に出会いを探している方が登録していて、どちらかと言えば30歳前後のアラサー世代に人気のマッチングサービスになっています。

<マッチングはかんたん3ステップ>

  1.  「いいね!」
    気になる相手に「いいね!」ボタンを押してアプローチ!
    コメント付きいいねは効果的!※
  2.  「マッチング」
    相手から「ありがとう!」が返ってきたらマッチング成立!
  3.  「メッセージ」
    マッチング後はメッセージのやりとりができます!

会員数も累計300万人とかなり多いので、婚活したいのならば他のマッチングサイトと掛け持ちして試してみるのもいいと思います(無料ですからね)。

Yahooパートナー公式ホームページ

YYC

20161216_06

こちらもmixiのグループ会社が運営しております。昔ながらのマッチングサイトです。検索をして気に入った人がいれば直接メッセージを送ります(「いいね」などではなくメッセージが送れます)、ここで男性のみ料金が発生します。

メール一通○○円といった感じで、女性は時間と気力が続く限り、いいなと思った男性に対して無料でアクションを起こすことができます。

男性が課金してしまうサイトということで、サクラがいるのでは?とのうわさもありますが、その中で本気で婚活していることが伝われば、他のどのマッチングサイトよりも男性側の評価は高くなると思います。

AppDownload※クリックするとストアアプリが立ち上がります

マリッシュ

20161216_07

2016年11月リリースの新しいマッチングサイトです。女性は無料で活動できます。会員数は15万人(2017年11月時点)と急増中で、「再婚、シンママ婚、シンパパ婚」などどちらかというと今まで婚活では避けられていた(条件が悪い)人たちに焦点を当てて、彼らを優遇するようなシステムを作りたいようです。

色々な人がこのマッチングサイトに参加できれば、従来あまり出会いの機会がなかった層にもチャンスが出てきます。2017年をめどにオプションの「プレミアムプラン」(男女向け)も用意されています。あくまでオプションなので女性の場合、無料で基本的な婚活はできるので安心してください。

従来光が当たっていなかった人たちに焦点を当てた新しい試みですので、どこまで成功するかはこれからですが、女性無料なので登録して損はないと思います。もちろん、バツイチなどではない人でも大丈夫です。

マリッシュ 公式ページ

「マッチングサイト」は出会い方のスタンダード

無料と有料の判断は皆さんでしてください

ここで挙げたマッチングサイトは、全て法に沿った運営を行っているところなので、「悪質な出会い系サイト」ではないことは確かです。

しかし、女性無料と女性有料どちらがいいかは皆さんの判断によります。女性有料のマッチングサイトもいくつもあるということは、会費を払ったほうがいいと判断している女性も多いということです。

婚活、結婚ですので「縁」の要素もあり、有料が絶対にいい、無料はダメとも言い切れません。ただ、女性無料サイトならば経済的なリスクはないわけで、まずここからやってみてダメだったら有料サイトへ移行する、という感じでいいのではないでしょうか?

実績があるところならば大きなトラブルもないということです。まず婚活を始めてみましょう!

松田謙太郎
旧姓松本。婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。かつては、お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆。研究の甲斐あり、2017年に見事に結婚。