花嫁、ウエディングドレス
婚活の心構え

結婚に不安を感じてしまう6つの理由と対処法

婚活していて「不安」を感じない人はいないもの。自分だけが「結婚出来ないのでは…」と不安に陥っているのではありません!あなたの抱えた不安は考え方次第で解消できることが殆どなのです。勇気を出して婚活をして、幸せになりませんか?結婚出来ないのでは…と悩んでいる時間がもったいないというものです!

自分は結婚出来るんだろうか…そんな不安、抱えていませんか?

大丈夫!誰だって不安を抱えながら婚活をしているのです

結婚はしたい「けど」…。本当は結婚して幸せになりたいのに、不安を感じて最初の一歩が踏み出せない。そんな方は多いものです。いろいろな不安がありますが、具体的にどんなことが結婚への不安となり、それらを解決するにはどうしたらいいか考えてみたいと思います。不安を解消して、結婚して幸せになりませんか?

それぞれの不安の種類を一緒に見ていきましょう

彼氏ができても嫌われそうで不安

30代男性の告白

彼氏はできるけど、いつも短命の恋で続かないという方もいらっしゃいます。熱心にアプローチしてくれたはずの男性が、ある時から急に自分に興味を持たなくなっていく。そんな恋愛を何度か繰り返したら、「男性はみんないつか冷めて離れていくもの」って男性を信じられなくなるかもしれませんね。

過去のパターンを振り返ってもらいたいのですが、恋愛しているときはものすごくドキドキしていませんでしたか?

結婚生活にドキドキは不要なのです。恋愛の延長に結婚がある方もおりますが、刺激が多い恋愛ほど長続きはしません。あなたにとって続く結婚生活をおくれるパートナーってどんな相手でしょう?

結婚と恋愛は違います。どちらがしたいのでしょうか?もし、ドキドキすることが重要なら思う存分恋愛を楽しんでしまえばいいと思います。

結婚したいのであれば、結婚向きの真面目で女性慣れしていない男性を探しませんか?

自分の容姿に自信がなく不安を感じる

モテない女性の外見

この自分の容姿に自信がない…というタイプは非常に多く、婚活をしようとしている男女の9割以上はこの不安に苛まれています。今までの恋愛での心の傷や、悲しいトラウマが原因となって恋愛に臆病になってしまうのです。自分の容姿に自信がある人などほんの一握りなのですが、自分の容姿に自信がない人は、他人はみな普通に自信を持っているように感じてしまい、余計自分を鏡で見ては不安に陥ってしまうのです。

不安の解消法

この容姿に関する不安の解消法ですが、まずは自分の容姿のパーツでどこにいちばん魅力があるか考えてみましょう。

男性の場合

男性なら床屋さんではなく美容院へ行き、自分がいちばんサッパリと素敵に見える髪型にイメージチェンジしてもらいましょう。勇気を出して、美容師さんに相談するのがベストです。

女性の場合

メイクでまるで別人になれるもの。メイクの研究を一生懸命してみませんか?一重でも二重にすれば突然美人さんになったり、眉の形を変えるだけで第一印象がパッと明るいものになったりも。

女性で自分の容姿に自信がない方は、どうしても地味になりがちです。髪型も綺麗な人に美容室を教えてもらいヘアスタイルに変え、髪のブローも美容室で教えてもらいましょう。メイクは化粧品売り場ではなく、きちんとプロに教わりましょう。

勇気を出して自分を変える!と第一歩を踏み出せば、女性はガラリと別人になってしまうものなのです!

自分の収入に自信がなく不安を感じる

デート会計時の割り勘

結婚生活する相手であればお金の問題は出てきます。ただの彼氏ならば気にならないけれど、彼氏がフリーターならいくらイケメンでも結婚をためらう女性は多いですよね。

男性の場合

容姿よりも収入の面で結婚に不安を感じる方がとても多いようです。婚活をしている女性の希望する年収に満たないと結婚出来ないのではないかととても不安になり、結婚に対して臆病になってしまうのです。

女性の場合

男性ほどではありませんが、それでもやはり共働きを希望する男性は多いので、自分の仕事が正社員でなかったり、アルバイトやパートなどで不安定なことを引け目に感じてしまう方も多いようです。

不安の解消法

男性の場合

この収入に関する不安ですが、自分が思うほどに女性のハードルは高くないことを知るべきです。年収が350万円以上あれば、女性と共働きで十分暮らしていけますし、女性が妊娠出産で働けない時期のために貯蓄をしておけば難を乗り越えることが出来ます。

今の時代の女性は結婚してからも社会と関わりたい人が多いので、そのような女性と結婚するよう婚活に励んでみて下さい。

試しに転職サイトに登録して、自分の仕事・経歴の市場価値を知っておくのは一つの方法かもしれません。

女性の場合

「デートは男性が出すのが当たり前」とおごってもらうのが当たり前というような金銭感覚がずれていると男性から結婚相手として見られにくいです。

収入に関しては、あなたがどんな男性と結婚したいかによって変わってきます。古いタイプの男性であれば女性の年収は気にしないでしょう。しかし、結婚がゴールではありません。結婚生活がうまくいかず離婚するカップルも大勢おります。また、収入が低いから離婚できずに苦しい結婚生活をしている女性も大勢おります。

何のために結婚したいのか、もう少し整理してみましょう。もちろん、これを機会にキャリアアップを目指すのもいいでしょう。収入を上げることで、釣り合う男性のタイプも変わってきます。

自分の年齢に自信がなく不安を感じる

若い女性を羨ましがる30代

男女ともに年齢が上がるにつれて結婚の道が狭まるのは事実です。男性は仕事に忙しくしているうちに40代も半ばになってしまった、女性も仕事や趣味に没頭していたら30代半ばになってしまっていた…など、婚活のスタートが少し他人より遅れてしまった方々が、20代のライバルに気後れして不安を感じてしまうというものです。

誰でも若く輝いている年代に惹かれるものですが、全員ではありません。どうすればこの年齢に対する不安は払しょくできるでしょうか。

不安の解消法

男性も女性も、自分の年齢は年輪でしかなく、自分の価値を決めるものではないとハッキリ認識する必要があります。あなたの価値はあなた自身の中身で決まるものです。決して見た目や年齢ではありません。あなたの内側から染み出る人柄を愛してくれる人を探す必要があります。

年齢に不安を感じている人ほど、若い相手を選ぼうとする傾向があります。これも自分の年齢に対するコンプレックスから来ているものです。そこをしっかり受け止め、自分の年代のお相手を選ぶようにすると婚活もまた違った局面を見せてくれるでしょう。

自分の条件(学歴・家柄など)に自信がなく不安を感じる

待ち合わせ

例えば親が離婚していることや、家庭が裕福でないことなどを理由に結婚出来るか不安な場合もあります。地方に多いのですが、家柄の違いや、極端な例を挙げますと、江戸時代の職業を訊ねられたケースも耳にしたことがあります。このような家柄や家庭環境を理由に結婚出来ないのではないかと不安を感じて行動に移せない男女は思っている以上に多いのが現状です。

不安の解消法

結論から言いますと、一切気にする必要はないということです。人の価値は家柄ではありません。結婚は家同士のものとはいえ、結婚するのは一人の男性と一人の女性です。家柄の違いなどは親を説得していけば解決するパターンが殆どです。片方が裕福で片方が貧しいとしても、正直に家庭の事情を話し、結婚したい事を双方の親に相談しましょう。

結局は人柄を見て親は結論を出すものです。親の望みは家の釣り合いよりも、我が子が幸せになることだということを忘れないで下さい。臆病になってしまう気持ちは重々理解できますが、勇気を出して婚活をし、幸せを掴んでやる!という気持ちを振り絞ってみて欲しいと思います。苦労をした人こそ、人一倍幸せになる権利があるのですから。

結婚してくれる人なんていないと漠然と不安に思う

会話・話が弾まない

自分に自信がない男女が漠然と陥りやすい、理由がハッキリとしない不安感というものがあります。これは今までの恋愛での傷も含め、あまり幸運な人生でなかった男女に多いものだと言えます。今までが不運だったから結婚も無理だろうや、モテたことがないから結婚なんてムリ…と決めつけてしまっているパターンです。

不安の解消法

これは思い込みを取り払う必要が多大にあります。恋愛でモテなかったタイプは、実は夫、妻としてはとても良い場合が非常に多いのです。「恋愛と結婚は別」とはよく言ったもので、恋愛では見た目の容姿やおしゃれなことなどが優先され、異性にモテますが、結婚は二人で人生を歩み、家庭を築いていくことが大切です。

恋愛経験が少ないタイプの方でも、婚活してみると意外にモテることに驚くでしょう。地味で清楚なタイプを好む男性は多いですし、堅実で真面目な男性を夫に、と願う女性もまた多いのです。

不安を払拭して積極的になりませんか?

第三者に相談するのもひとつの選択肢です

以上6つの理由と対処法を一緒に考えて参りましたが、いかがだったでしょうか?

人は様々な人生経験から未来を予測して不安になるものです。ですが、その不安に立ち向かっていく勇気と行動力が自分を幸せに導くのだということをどうか忘れないで下さい。幸せな結婚をするためには、不安感に負けない強い意志が必要なのです。

とはいえ、不安になるのは当然の事。上の6つの不安をお持ちの方は別に珍しいわけではなく、よくあることです。一人で抱え込まず、プロに相談しながら婚活するのがいいでしょう。おすすめの方法は結婚相談所を利用すること。リクルートが運営するゼクシィ縁結びカウンターはオリコン顧客満足度1位を獲得しており、話しやすい雰囲気のマッチングコーディネイターが親身にあなたの話を聞いてくれます。

ゼクシィ縁結びカウンター公式ホームページ

 

椎名うらら
東南アジアを中心に放浪の後、バンコクで就職。欧米人と長く付き合ったものの、やっぱり日本人のサムライと結婚したいと結論し、帰国。 独自の方法で婚活の後、特別国家公務員の妻となる。バンコクでは主にコラムニストとして活躍。恋に悩むアラサー男女を真実の幸せに導きます。