婚活パーティーの服装で魅力を120%アピールする4つの法則【女性編】

婚活パーティーに何度出席しても、イマイチ素敵な出会いに恵まれない。その原因は、あなたの服装かもしれません!第一印象で「話してみたい」「素敵な人」と思わせる、失敗しない服装選びをマスターしましょう!

4468

服装選びは、幸せを呼び込む最大のカギ

婚活歴2年、アラサー女子。婚活パーティーに何を着ていく?

取材で出会ったアラサーの玲子さんは、婚活を始めて、そろそろ2年。
週末ごとにあちこちの婚活パーティーに顔を出し、熱心に活動していますが、いまだにこれといった成果はなし。

「婚活パーティーには、これまでたくさん出席したけれど、〝話してみたいな”と思った人には、なかなか声をかけてもらえなくて……。今度こそ、素敵な出会いを見つけたいんです」

同じような悩みを持っている方、多いですよね。

でも、あなたが婚活パーティーでイマイチうまくいかない原因は、もしかしたら、服装にあるのかも!
だとしたら、これまでの服装をちょっと変えるだけで、出会いのチャンスがぐっと広がる可能性が大なのです。

キーワードは「奥さんにしたい」と思わせること

shutterstock_384874204

婚活パーティーは、将来、家庭をいっしょに作る相手を探しに来る場所。

そう考えると、服装選びでいちばん大切なのは、男性陣に「セクシーだな」「デートしたいな」と一瞬のときめきを感じさせるのではなく、「この人と家庭を築いてみたいな」「奥さんにしたいな」と思わせ、安らぎや癒しを感じてもらうことです。

あなたはこれまで、どんな服装を選んでいましたか?

服装やコーディネートのせいで、せっかくの出会いを逃していたとしたら、本当にもったいないことです!さっそく、婚活パーティーの服装であなたの魅力を120%引き出す、4つの法則について、マスターしていきましょう!


[取材レポート] 250万人が登録した婚活サイトの実態を独自調査!

婚活パーティーは、第一印象が勝負!

【その1】出会ってから、わずか3秒でイメージが刻み込まれる

20161212_01

婚活パーティーは、なんといっても第一印象が勝負!

なんと、初対面の人に会ってから、たったの3~5秒で、自分の印象が相手に刻みこまれてしまうといいます。そうなれば、「実際に話をしてから、フィーリングが合う人を探そうかな」な~んて、悠長なことを言っている場合ではありません。

もちろん、表情や髪型に気を配るのも大切ですが、何よりも人の印象を左右するのは、やっぱり服装。「素敵な人だな」「この人と話がしたい」と印象づけられるように、男性に好感度の高い服装を心がけましょう。

先日取材した、大手結婚相談所のベテランコンサルタントさんからも、貴重なアドバイスをいただきました!

「服装や身だしなみは、その人の魅力を決める、とても重要な要素です。
これまで婚活パーティーに出席してもあまり声をかけてもらえなかったという方で、アドバイスによって服装を変えたら、たくさんの異性からアプローチされるようになった、という例は多いです」

むむむむ、服装ひとつで、好感度が上がったり、下がったり、人の印象ってガラリと変わってしまうのです!これはすぐにでも実践するしかないでしょう!

では実際に、どのような服装を選べばよいのか、考えていきましょう!

【その2】パステルカラーが恋を呼ぶ!

shutterstock_373249837

まず、あなたに似合う色を探すことからはじめましょう。

基準は、すっぴんやナチュラルメイク状態のときに、あなたを明るく元気に見せてくれる色。
でもね、どんな色でもOKというわけではありません!

婚活パーティーに基準を合わせるなら、白、ピンク、水色、淡い黄色やオレンジなど、パステルカラーの中からチョイスしましょう。
黒、紫、赤など、濃い色はNG!使うなら、メインではなく、差し色として使いましょう。

ふわふわとやわらかなイメージのパステルカラーは、第一印象で男性の心を和ませ、話しかけやすい雰囲気を作る効果バツグン!
実際に、多くの男性が、パステルカラーを着ている女性について、「やさしくてかわいらしい印象」 と答えています。

「私には、パステルカラーは似合わない」なんて言っているあなた、まずはお試しを!あなたの新たな魅力を、どんどん開発していきましょう。

パステルカラーを身に着けると、まわりに安らぎや癒しを与えるだけでなく、着ている女性自身の心やしぐさも柔らかくなり、女性の愛らしさがキラキラと輝きます。

何度も言いますが、第一印象はたった3秒で決まってしまうのです!


参考1)婚活パーティで女性の服装、色使いで差がつく秋冬編

参考2)色使いで差がつく春・夏のコーデ30選

【その3】ワンピースやスカート選びは油断禁物!

shutterstock_426670183

あなたに似合うカラーをがわかったところで、次は洋服選びへGO。

そう、あなたもご存じのとおり、ワンピースは今も昔も、男性陣にウケがいい。

しか~し、どんなワンピースでもいいというわけではありません!胸元が大きく開きすぎていたり、丈が短すぎるといった、セクシーな印象のワンピースは、婚活パーティーでは好感度ダウン! 下品な印象を与えかねません。

洋服選びの合言葉は「清楚」&「かわいらしさ」。

この合言葉に沿って選べば、ワンピースだけでなく、ブラウス&スカートの組み合わせもOK!例えば、ふわふわしたシフォン素材やツルンとしたシルク、サテン素材などで、女性らしさを演出するのもいいですね。


参考)婚活パーティーで女性の服装、定番のワンピース活用術15選

【その4】がんばりすぎに要注意!

Looking like the Black Swan
Looking like the Black Swan / Alaskan Dude

大ぶりのアクセサリーやブランド品、結婚式に着ていくようなパーティードレス、かっちりとしたスーツ、時間をかけて着付けやヘアセットした和服姿――。

どれも、頑張っているのはわかるけれど、はりきりすぎの過度なおしゃれは、逆に男性に退かれてしまい、話しかけにくい印象を与えてしまうもの。

メイクやネイルはナチュラルに、アクセサリーは小ぶりのものをさりげなく。香水もふんわり品よく香る程度に。

ストッキングやタイツに汚れや破れはないか、パンプスの先が剥げたりしていないか、細かい部分も必ずチェックを!洋服がバッチリ決まって、第一印象がよくても、細部まで気が回らない女性に、男性はガッカリしてしまうことも多いのです。

また、バーベキューやスポーツがテーマのアウトドアな婚活パーティーの場合は、カジュアルだけど女性らしいシャツワンピやショートパンツがおすすめ。TPOに合った服装を身につけましょう。


参考)婚活パーティーで女性の服装、絶対に外さないコーデ30選

【その5】20代と同じ「かわいい服」を着ると幼いおばさん

とても残念なことに頑張りすぎと似ているのですが、年齢を受け入れず20代の時と同じ店で服を買いオシャレをする30代婚活女性がいます。大人っぽく品よくみせるべきところを一生懸命若作り。こんなストラップシューズは絶対にはいちゃダメ

出展元

同じ女性ですが、賢そうに見えるのはどれでしょう?左ですよね。右はカワイイ服を頑張ってきているのがかえっておばちゃんに。真ん中は大人しそうに見えます。大人しそうに見せたいならいいのですが、誰にどう見られたいかというゴール不在で婚活していると昔の無難なモテ服をきてしまいがち。

出展元

丸エリブラウスも30代が着てはおかしい。20代のころの「かわいい」を手放して「キレイ」を目指してください。30代では品よくは必須です。

出展元


★割引クーポン付★ゼクシィ縁結び&恋結びで出会いを探すコツを取材!

まとめ :あなたの魅力を服装で表現しましょう!

合言葉は、「清楚」と「かわいらしさ」

あなたの魅力をたっぷり引き出す、婚活パーティーで失敗しない服装選びの4つのポイント、覚えていただけましたか?

冒頭で登場した婚活中の玲子さんは、さっそく婚活パーティーに、淡い水色でシフォン素材のワンピース、白のカーディガン、水色のパンプスという、品のよいさわやかな装いで出席。もちろん、ナチュラルメイクを心がけて。

すると、「いいな」と感じていた男性からアプローチされ、その後もステキなお付き合いが続いているようす。

決戦は、たったの3秒で決まるのです。

4つの法則を頭に入れて服装を選び、男性陣にあなたの魅力的なイメージを刻み込みましょう!健闘を祈ります!

実際のコーディネート画像を見たい方はこちら

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪ランキング発表≫異性と出会う方法

社会人になると「出会いがない!」悩みを持つ人は多いのでは?

職場や友人とのつながりの中でも出会いがないと、なかなか新しい出会いを見つけるのは大変ですよね。

定番の合コンや友達の紹介は、あまり期待できないし、婚活パーティーに行くのもちょっと勇気がいる・・・

そこで異性と出会う方法トップ10をご紹介しますので、どんな方法があるか見てみませんか?

☆ランキングを見る☆

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


元新聞記者で、「書く・飲む・しゃべる」が何より好きな、自称人情派の文筆家。コラムニスト。 婚活、結婚、子育て、教育、生き方など、現代人のライフスタイルについて、さまざまなメディアで取材・執筆活動を展開中。ブライダル司会者として多くのカップルの披露宴を演出した経験多数。絵本研究家、童話作家の顔も持つ。