クリスマス、冬、デート
婚活のノウハウ

【調査報告】女性に質問、婚活デートでは相手におごってほしい?

まりおねっとのアンケート調査第3弾、質問はずばり

「婚活デートでは相手におごってほしい?」(回答は女性限定)

さっそくですが、調査結果を見てみましょう。

婚活デートでは相手におごってほしい?

第1位:できればおごって欲しい (51%, 51 票)

Money Wallet
Money Wallet / 401(K) 2013

過半数の51%の女性が、「できればおごって欲しい!」というのが女性のホンネのようです。

婚活ですから、ほんどの男性は3,4回目には「付き合ってください!」と告白します。なので、婚活デートは最初の3,4回となりますので、心を鬼にして「今日は僕が払います!」という男らしい言葉をかけてお会計をしましょう!

ここで数千円をケチると、あなたの印象がガタ落ち。婚活しているので、「この女性なら!」と思ったら、お会計は自分持ちにするのが得策です。

第2位:少し多めに出して欲しい (28%, 28 票)

続いて、28%の女性が「少し多めに出して欲しい」を選びました。年齢が近かったり、お互いが若かったりするのであれば、男性が少し多めに出すのでもアリみたいです。

一般的に「少し多め」というのは、7:3ぐらいでしょうか。男性としては「多めに出しているんだから良いじゃないか!」という気持ちも分かりますが、全額払わないとあなたの印象は悪くなる可能性があることを心得ておきましょう。

第3位:ワリカンにしたい (15%, 15 票)

約8割の女性がおごって欲しい、多めに出して欲しいと考えているなか、ワリカンでもOKと答えたのは15%。

「お互い婚活で頑張っているんだから、対等な立場だし、割り勘でも良いんじゃないの?」というのは、男性側の勝手な理屈のようです。

会計時にワリカンを切り出すなら、80%の確率で悪い印象ということを覚悟してください。

第4位:自分がおごりたい (6%, 6 票)

自分がおごりたいという人も少なからずいるようです。

全体の6%とかなりレアケースだと思いますので、あまり期待しないようにしましょう。

まとめ

さて、婚活男性が考えているよりも、女性は婚活デートでおごって欲しい、または多めに出して欲しかったのではないでしょうか?

約8割の女性は、ワリカン会計を望んでいないということは忘れないようにして、婚活デートに臨んでください。

 

編集部
婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部