オンライン結婚相談所の比較

1/3以下の料金で結婚相談所が利用できる

結婚相談所ランキング👑

エン婚活エージェントで会えない人が改善するポイントをプロが解説

返信、line、スマホ 婚活のノウハウ

リーズナブルなオンライン結婚相談所で人気のエン婚活エージェント

毎月紹介があっても出会えない人もいる

エン婚活エージェントはエン・ジャパングループのオンライン結婚相談所です。今でこそペアーズエンゲージなどいろんな結婚相談所がありますが、エン婚活はその先駆けでした。

パートナーエージェント、ペアーズエンゲージ、ゼクシィ縁結びエージェント等様々な結婚相談所とも会員を相互紹介しているため会員数もどんどん増えています。

利用者も多いのですが、「エン婚活に登録したけど会えない」と思う会員もいます。

水曜日に紹介状が届き毎月条件に合う人が6名以上紹介されます。でも、紹介状は双方が「YES」を選択しないと会えません。だから紹介されていることは間違いないのですが、自分が断っているか、相手から断られていることになります。

写真で会いたいと思われていない

失恋、スマホ、メッセージ

写真と聞くと「顔で選ぶのか」と勘違いされることもあるのですが、そうではありません。実際に結婚相談所の写真を見ているとサイズが合わないぶかぶかのスーツを着ている男性や、痛々しい若作りすぎるぶりっ子の女性もいます。

男性の場合、笑顔がなく真顔でただ突っ立っているだけの方も多いのですがこれは人気がないでしょう。結婚相談所の写真は免許証の写真のように、本人確認するための写真ではないのです。いろんな男性の中から「会ってみたいな」と思われることが重要なのです。

特に女性は見知らぬ異性に合うことに対し、男性以上に警戒心が強いです。優しい人、安全な人であることを相手に写真で伝えることは必須です。

エン婚活の場合、最寄のパートナーエージェントの店舗で写真撮影できるプランもありますが、好印象な写真を撮りたいならもう少し婚活写真撮影が得意なカメラマン(写真スタジオ)を探した方がいいでしょう。

またいくらいいカメラで撮影しても、スーツがぶかぶか、若作りすぎであれば印象がよくないのです。服装から改善したほうがいい場合もあります。

エン婚活は専任コンシェルジュのサポートがないため、スマホで撮ったスナップ写真で登録している方も見受けられます。いろんな写真が並んだ場合、そういうスナップ写真の方は見劣りするので選ばれにくいでしょう。

サブの写真もあるほうが印象はよいです。

特に男性の場合、会えない理由はほぼここです。

自己紹介文が残念過ぎる

プロフィールというとスペックと思われがちですがそういうことではありません。エン婚活はこのようなプロフィール項目があります。

  • 自己紹介文(400文字以内)
  • 趣味のこだわり(60文字以内)
  • 好きなこと もの(60文字以内)
  • 嫌いなこと もの(60文字以内)⇒避けたいデートプラン
  • 今後やってみたいこと(30文字以内)⇒やりたいデート
  • 理想の夫婦・家庭像(60文字)

ここでも「そんなことを書かなきゃいいのに」ということを書いている方が大勢います。

実際に私が見たことがあるのは元カノと別れて登録したとか、元妻の悪口を書いている男性がいました。女性ならば「海外旅行が好き」と金がかかりそうに思われる趣味をたくさん書いている方もいました。

意外にみられているのが「きらいなこと もの」の欄です。これは避けたいデートプランや苦手な食べ物を書いてはいかがでしょうか。

「自分勝手でわがままな人は嫌いです」と書いている方と「パクチーが苦手です」と書いている方、どちらの方が包容力がありそうに見えますか?

誰だってわがまますぎる人は好みませんが、自分が絶対に自分勝手には見られない自信がある方もいないものです。

この辺はエン婚活のコンシェルジュに「プロフィールはどう直すともっと会えると思いますか?」と質問して、改善のサポートをお願いすることもできますよ。

高望みしすぎて対象が狭すぎる

エン婚活お相手の希望条件

登録時に相手の希望条件を設定します。ここが狭すぎる方は会えません。例えば、一都三県で相手を探す方と東京限定の方では後者は対象者がぐっと少なくなってしまいます。

よく会う前から

「埼玉県は遠い」「千葉県は遠い」と断る方もいるのですが、エン婚活はマッチングアプリと異なり相手が住んでいる市区町村まで分かります

東京に通勤圏内の川口、川崎、船橋、つくばもアリにするために神奈川、埼玉、千葉、茨城もありにしてその中で市区町村を見て選んでいくこともできます。

絶対必要条件とできたらの条件があると思いますがその辺をもう少し結婚相談所側で選別して紹介して欲しいのであれば、エン婚活よりパートナーエージェントのような仲人型の結婚相談所の方がオススメです。

パートナーエージェント公式ホームページ

写真も自己紹介文も見直し、希望条件見直しまでできたけれど、まだ会えない場合が以下のステップになります。

お気に入りを活用しきれていない

エン婚活お気に入りページ
写真は2017年ごろ撮影。現在はどこの結婚相談所の会員は非表示です。

エン婚活エージェントは紹介が月6人以上、月10人まで申込ができます。

それとは別に「お気に入り」という機能があり20人まで登録ができます。迷ったらここにいったん登録しておきましょう。

お気に入りに入れているということは、その人から申込が来たら断らない可能性が高いということです。お気に入りに入れておくことで、その登録者から申込が来る場合もあるのです。

意外とお気に入りを知らず、誰も登録していない方もいるのでもったいないのでこちらは20人登録しておくことをお勧めします。

オンライン不可で直接会うことにこだわっている

オンライン婚活

今はオンラインでお見合いすることもできるようになりました。エン婚活エージェントでもオンラインお見合いはやっております。

でも、オンラインではなく直接会うことに拘り相手がオンラインがよいのに柔軟に対応できずご縁をつぶしてしまう方もおります。コンタクトが成立しても、お見合い日程が決まらず期日が来てそのお見合いが無効になることもあります。

コロナ感染者が増えているだけではなくオンラインを希望する方はこんな事情があります。

  • ちょっと遠いからオンラインなら会ってもいい
  • 会社から会食禁止と言われているので、カフェよりオンラインがいい
  • 他の予定があるので、出かけていくのなら会えないけれどオンラインなら対応できる

実家暮らしでオンラインお見合いはしにくいという方もいらっしゃると思うのですが、リモートワーク対応のカフェ等も増えました。何か探して工夫しましょう。そういう一生懸命さは結婚生活にも必要です。

オンラインお見合いにも応じる姿勢を見せる場合、自己紹介文に「オンラインお見合い対応いたします」と追加するだけで大丈夫です。

それでも会えないのは人気がある異性にだけ申込している

笑顔、美人

結婚相談所に登録さえすれば結婚できると思っている方は多いのですが、スタート地点に立ったにすぎません。

エン婚活も加盟しているコネクトシップでは人気がある方は男女とも登録と同時に3桁の申込が殺到します。3桁まで行かなくても30代前半の女性でも、キレイにメイクをしてもらって笑顔の素敵な写真を登録すれば50~60人申込がくるとかはザラにあるのです。

でも60人から申し込まれても、合ってみようと思うのは5~6人でしょう。みんな働いているので婚活に使える時間は限られているのです。

自分は「多くの異性が会いたい」と思えるほどじゃないのに、多くの同性が「会いたい」と思うような人気がある人にしか申込まなければコンタクトは成立しません。

エン婚活のサービス不行き届きではなく、自分の身の程知らずなのです。

結局、釣り合う人にしか会えません。40代男性がアラサー女性を狙うのは高望みです。30代年収300万円台女性が年収1000万円男性を狙うのも高望みです。

会えない原因は自分を知らなすぎるからです。

「妥協してまで結婚したくはない」と結婚できない人は受け取ります。

条件を変えることは妥協ではなく、成長です。

婚活を成長の機会にしてください。