もしかして私も?こんな婚活は無駄になる5パターン

394
婚活が無駄になる

もしもあなたが異性を捕まえに行く狩人であるのであれば、そのために様々な準備やノウハウが必要なことは分かると思います。そこで、やみくもに獲物を探しに行く前に、まずは「無駄な婚活」を避けるために重要なポイントを紹介していきます。

重要なことは「効率!」無駄な婚活は避けよう

婚活も転職と同じで最初のほうで決まらなければやってもずっと結果は同じ、 やり方を変えてもほとんどが無駄。
- 発言小町より -

あなたも似たような言葉をどこかで聞いたことあるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか?やり方が間違っていたという可能性はないでしょうか?

もしもあなたが獲物を探す狩人だったとします。その場合、獲物をとるためにありとあらゆることを考えることでしょう。

例えば、「どんな道具を使うべきか」、「一緒に獲物を探す仲間は誰にするか」など、いくらでも思いつくと思います。しかし、例えば仲間に最初から獲物を捕まえる気が無かったり、あるいは獲物のいない狩場をずっと歩き回ったとしても、得るのは足の痛みと空腹だけでしょう。

そこで今回は、「無駄な婚活」を避けるために、婚活を狩りに見立てて準備を行う方法について解説します。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

こんな婚活は無駄になる5パターン

1)まず「登録しただけで満足」を避ける

Laptop
Laptop / nlnnet

…人間基本的に「準備を整えた」ことで満足してしまう心理があります。

例えば、参考書を揃えただけなのに、「ああ、よく頑張ったな」と思って試験勉強を横に置いてTVゲームや雑誌に手が伸びた人が、この失敗を良く行うことでしょう。これは狩りで例えるなら、獲物が沢山いそうな狩場を見つけたことに満足して、夕方までお昼寝をしてしまうのと同じです。

婚活もこれと同様に、婚活サイトや結婚相談所に登録しただけで「ああ、これで大丈夫だろうな」と思って行動を辞めてしまう人は数多くいます

しかし、獲物を最終的に捕まえなければ意味がないので、まず登録した後に「次の目標」を作って、それに向けて行動するようにすると上手くいくことでしょう。

2)「狩場」は一つに絞る!

Duck Hunting kurzhaar
Duck Hunting kurzhaar / Silice Glow

不安が強い人の多いのですが、様々な「〇〇かもしれない」と言う不安を持ってしまうことが原因で、問題行動をしてしまう人は良くカウンセリングの場にはいます(例えば『バイ菌が付いているかもしれない』と不安になって手を洗い続けてしまうなど)。

これと同じで、婚活をする場合には「もしここで良い相手が見つからなかったらどうしよう」と考えて複数のサイトに登録する方は多くおります。

しかし、これは狩りで例えれば、「獲物が居なくなったらどうしよう」と考えて毎回狩場を変えているのと同じです。これをするとその狩場の特性や、どんな獲物が居るかが分からず、結局のところ何も得られない結果となってしまいます。

そこで、「ここが一番!」と思えるような婚活の場があれば、そこで腰を落ち着けてじっくりやってみると良いでしょう。

3)自分の『武器』だけじゃなく、『扱う時の構え』にも注意する!

The right moment
The right moment / colinlogan

良くも悪くも人間は直感で物事を判断することが多いです。

そして認知心理学の世界で、この「直感」は確率論的に「間違い」であったと証明されても、納得できずに信じ続けてしまうということが証明されています。

その心理を逆手に取ると、まずは相手に直感的に「ちょっと良い人かも」と思ってもらうことは、一番重要です。

その為に重要なのは見た目、つまり『装備』に例えることができます。装備と言われると服装や髪型などは気にしている人が多いのですが、意外と多いのが装備の「構え方」即ち、「姿勢や目線」をきちんと考えないため損をしている人です。

会話の時に目を合わせなかったり、無意識に足を広げたり、背筋が曲がっていたり・・・女性にもこういう方は多かったりします。

これは狩りで言えば、武器防具をきっちり揃えているけど、武器を使う時のフォームがおかしいので獲物に攻撃が当たらないようなものです。そこで、普段の生活からきちんと姿勢や仕草については心掛けるようにすると良いでしょう。

4)あまりに大きな獲物を狙わない!

@mammoth, ca
@mammoth, ca / Benny(I am empty)

もしも人間が特別な訓練を受けているか、武器を所有しているのでなければ、恐らく同じ体重の野生動物を倒すことは不可能でしょう。

しかし、婚活の場ではそのことを考慮せずに、手斧一本でマンモスに立ち向かおうとするような人が意外と多いものです。また、自分をヒョウだと勘違いして、大物狙いに走る人も多いことでしょう。(ちなみに、心理学的には、自分に自信がない人ほど無茶な獲物を狙う傾向があることも覚えておくと良いでしょう)

とは言え、ネットの住民は否定的な物言いを好む傾向が強いもの。

なので「自分の理想は高すぎますか?」と聞くと、ほぼ100%「高すぎる」と返ってくると思うので、まずは自分の同年代の既婚者に話を聞いて、自分の「市場価値」から見た相手のスペックを考えるようにすると良いでしょう。

5)信頼できる仲間と獲物を探す!

Portrait of a female executive
Portrait of a female executive / International Information Program (IIP)

これが恐らく一番重要なことです。

基本的に狩りは一人ですることは困難です。よほど能力のある人なら話は別ですが、基本的には仲間と一緒に行う方が上手くいく確率は高くなります。

カウンセリングなどでも重要なことは「信頼できるカウンセラーに出会うこと」です。その為、自分が使おうとしている婚活サイトや結婚相談所の職員さんがどの程度信頼できるのかを考え、その人の得意なことや不得意なことについて理解を深めておくと上手くいくことでしょう。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ

婚活に疲れたら一度立ち止まってみましょう

婚活と言うのは正直なところ「運」の要素が大変強いものです。

狩りなどでも、入念な準備をして、適切な狩場で信頼できる仲間と一緒に行動したとしても子ウサギ一匹手に入らないということはよくあります。

しかし、そのような時には一度座って休めば、「今日はこれだけ歩いたんだな」「このルートを通っても獲物は出ないんだな」など、達成感が湧いてきたり、次につながる知識を得られることになるでしょう。

婚活で疲れたら、無理せずに一度その場で「今まで頑張ってきたこと」を見直すと、また新しい考えが生まれると思います。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


心理学ライター。企業で数年ほど働いた後、大学院にて臨床心理学や社会心理学に関する勉強を行っている。著書に、ドラえもんに学ぶダメな人の伸ばし方、「ブラックジャックによろしく」から読み解く 面倒くさい人と上手につきあう心理学。