結婚したいと思われる女性が密かにやっていること10選

200
結婚したいと思われる女性

結婚したいと思われるような女子は、陰でどのような努力をしているのでしょうか?モテる女子、成婚に結びつく女子は何も容姿や年齢だけで決まるのではありません。内面から輝く美しさに勝るものなし!されど外見の要素もやっぱり重要!では、男子に結婚したいと思わせる女子の努力とは!?10の努力を見ていきましょう。

最初に「いいね」してみましょう

男子が「結婚したいな」と思う女子とはどんな女子?どんな努力をすればいい?

みんな密かに何をしているの?

結婚したい!と決意した女子の覚悟は固いものです。あらゆる人脈を利用し、情報収集を欠かさず、一日でも早くウェディングドレスを着るために猪突猛進!それまでぽわーんとしていた女子でも、結婚したいと一旦火が点いたらまるで別人のように陰で努力を重ねるものです。では、男子に「結婚したい」と思わせる女子はどのような努力を日々重ねているのでしょうか?主たる10選をご紹介致します。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

1) 食事制限

14. diabetic-diet
14. diabetic-diet / TipsTimesAdmin

まず結婚したい女子が最初に始めるのが食事制限です。今までランチをお腹いっぱい食べていた女子も、いきなり腹八分以下に制限し始めます。自分の体重が標準より上回っていても本気で気にしなかったのに、結婚したい!と決意した途端、自分磨きに精を出し始めるのです。

ちょっと制限したくらいでは効果がないのは過去の経験から知っている彼女たちは、かなりストイックに食事制限をします。ここで2~3キロは落とすようです。

2)仕事を一生懸命する

Women Who Code
Women Who Code / @alaina

それまで「なんとなく」仕事をしていた女子でも、結婚を意識するようになると社内の全ての男子の目を気にするようになります。頑張っている女子はやっぱり素敵。仕事で一生懸命自分の担当をこなし、成果を出している女子は輝いていきますし、自分に自信を持つものです。

男子が「こんな子と結婚したいな」と思うトップ10には、必ず「仕事を頑張っている子」という項目が入っているものなのです。

3) 男友達とのデート

タイトルなし
タイトルなし / TiffanyMichelle Photography

旧知の男友達と疑似デートをして、自分の女子としての魅力が輝くよう努力をしています。男子が女子のフェロモンやオーラを感じるのは、やはり「動き」が常にある女子です。男子と一切関わりがない女子はフェロモンその他が陰っており、男子に「魅力的」だと感じさせることが出来ません。

「結婚したいな」と男子に思わせるには、女子としての女らしい魅力が常に満開である必要があるのです。男子と言えど、オスはオス。メスが発するフェロモンには本能的に反応するものだとお忘れなく。

4)笑顔で皆に挨拶

Rita Garcia
Rita Garcia / pedrosimoes7

普段から挨拶をきちんと出来ていなかったな…と反省する女子は、近所のお爺ちゃんも含め、会う人皆に「お早うございます!」や、「こんばんは!」など、元気に笑顔でご挨拶することを心掛けています。これは笑顔の練習、心の清浄化を目指してのこと。今までの無精を反省し、挨拶をすることで人々と関わり、気持ちの良い日常を送ることが大切です。

笑顔で心が濁っていない女子にはご縁が回ってきやすいものですし、男性からも「いいコだな!」と評価高し!あなたも今日から積極的に挨拶を取り入れてみては?

5) ウォーキング

Walking
Walking / Moyan_Brenn

食事制限で数キロ落ちると、停滞期に入ります。食事制限だけでは限度があり、それ以上はやっぱり有酸素運動。それを知っている女子はウォーキングで体重コントロールを始めます。恋をしていない期間に身に着けてしまった脂肪をすっかり落とした女子は、男子からも「あのコ最近キレイになったな…」と注目の的になること間違いなし。男子はやっぱり太っている女子よりすっきりした女子が好き。

この何年かで着込んだ脂肪をすっかり脱ぎ去るには、早朝の朝ごはん前のウォーキングがいちばん。少し早起きして毎朝歩くこと、始めてみませんか?コツは早歩きで腹筋とお尻の筋肉を意識して、大股で歩くことです。あっという間にスッキリ体型が手に入りますよ。

6)料理の修行

Juliet cooking old TMX 4x5
Juliet cooking old TMX 4x5 / Jay DeFehr

結婚後の主婦としての最たる仕事は家事です。その家事の中でも食事の支度は最重要。胃袋を掴むという言葉がありますが、これは本当で、夫の胃袋を掴んでおきさえすれば、本気の浮気などは皆無と言えるでしょう。それを本能的に知っている女子は料理の修業を始めます。手始めに自分のお弁当を作って会社に持参したり、夕食を手作りしたり。

料理は慣れですので、回数をこなしたものが料理上手になれます。付け焼刃は通用しない世界、女子たちは結婚に向けて料理の修業を毎日コツコツとしているようです。

7) 勝負料理の選定

ハンバーグ
ハンバーグ / gaku.

結婚したい彼に振舞う最初の料理を何にするか、ある程度料理ができるようになった女子は勝負料理を選定し始めます。男子が好むらしい「肉じゃが」や「ハンバーグ」などを一工夫した豪華な手料理に仕立ててみたり、意外なところを突いてインド料理風のスパイスから作るカレーなどを選ぶ女子もいます。

好みは人それぞれですが、男子ウケのいい料理を選ぶことが大切です。男子は結局「おふくろの味」に近い味を好むものですので、初めて手料理を振舞う前に味付けの好みや好き嫌いなどのリサーチは必須です。

8)話し方や自分の魅せ方の研究

タイトルなし
タイトルなし / ^@^ina (Irina Patrascu Gheorghita )

鏡の前で自分研究をしっかり行い、声のトーンや笑顔、角度などをチェックします。自分がどう笑えばいちばん綺麗に見えるのかの研究や、話し方本などを参考に他人に不快感を与えず、好感を持ってもらえる話術の研究に励んでいます。

普段から人見知りしないタイプはいいのですが、「初対面では緊張してしまう」という女子が殆どなので、人見知りしない研究や、好印象を残す笑い方など自分の魅せ方を身に着ける努力をしています。

9) 自己との対話

Wedding Photos
Wedding Photos / Katsunojiri

結婚したい女子は、自分がどんな男性と結婚して幸せになりたいかをじっくり研究します。そして、今までなぜ失恋してしまったのかを分析。自分の欠点や短所をしっかり紙に書き出し、それを向き合います。

そんな自分に真摯な女子は人間力がアップ。男子から、「あのコと話していると面白い」「勉強になる」と人間性を評価され、付き合ってみたい女子のリストに入ることに。結婚したいなと思わせる女子は、自分としっかり向き合っているのです。

10)過去との決別

143/365  Come Sail Away With Me
143/365 Come Sail Away With Me / martinak15

結婚したいなと思わせる女子は、過去を引きずっていません。いつまでも昔の彼を思っていたり、過去の傷で臆病になっていてはオドオドした雰囲気が出てしまいます。そんな女子には男子も雰囲気で感じ取り、明るいイメージを持ってくれません。

結婚したいと思わせる女子は、過去をすっかり棚卸して、総決算。過去は過去、これからのことを考えていこう、前を見て進んで行こう!という勢いがあります。そんなプラス思考の女子は男子に結婚をイメージさせるのです。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ

今までの人生の大掃除をしてしまいましょう

結婚したい女子がしていることは、一言で言えば今までの人生の大掃除と、あらたな生活への準備です。心の奥底に眠っている痛い過去を整理し、お別れをして、新たなる一歩を踏み出す準備を整えています。過去に縛られた女子では男子に選ばれないと本能的に感じ取っているので、自然と過去を整理し、結婚という目標に全力で邁進出来るよう自分で自分を生まれ変わらせるのです。

このコと結婚したい!と男子に思わせるためには、それなりの努力は必要となってきます。今までのような「何となく」な生活に規律を作り、しっかり着実に結婚への第一歩を踏み出しましょう。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


東南アジアを中心に放浪の後、バンコクで就職。欧米人と長く付き合ったものの、やっぱり日本人のサムライと結婚したいと結論し、帰国。 独自の方法で婚活の後、特別国家公務員の妻となる。バンコクでは主にコラムニストとして活躍。恋に悩むアラサー男女を真実の幸せに導きます。公式サイト