ここがポイント!?結婚するにはどこで男を出せばいいのか?

128
Handsome male model posing in front of a luxury yacht during sum

結婚できる男と結婚できない男との違いは、いったいどこにあるのでしょうか?どうやら良いお相手に巡り会うことや、そのお相手に「いい人」と認定されるだけが条件というわけではないようです。結婚するには男らしさをアピールすることも大切ですが、どうやって実践することができるのでしょうか?

最初に「いいね」してみましょう

結婚するにはやはり男らしさが決定打になる?

相手から尊敬される男性になるために

ジェンダーレス男子や、ボーダーレス男子が街を闊歩しているいまの時代。

うっすらメイクをしていたり、スキンケアを欠かさないきれいな男子を支持する女性も多いですが、結婚するとなると躊躇する女性もいるようです。

となると、結婚するにはやはり男らしいマッチョさを強調したほうが良いのではないでしょうか?

女性に「この人と結婚したい!」と思わせるため、さらには結婚した後も良い関係を続けるためには、相手から尊敬される必要があります。

男らしさで相手の尊敬を勝ち得ることができれば、結婚をすることもそう遠い未来の話ではなくなるでしょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

結婚するにはどこで男らしさを示すべき?

1.デート代の支払いで男らしさを示そう

20160807_01

男らしさの定義にはいろいろありますが、大人の男の余裕を示すなら寛大な態度と広い心が欠かせません。

例えばデート代については、全額男が出すかそれとも割り勘にするか、それぞれのカップルによって違いはあるでしょうが、どちらにしても男らしい心の広さを示すチャンスです。

たとえ割り勘だったとしても、男なら大目にお金を出すようにすれば、彼女から感謝のまなざしを向けられる場合もあるでしょう。

もちろんデート代を全額払うことができれば言うことなしですが、いまの時代それを嫌がる女性もいるでしょうし、男の側の負担は想像以上に大きいものです。

金銭的に女性に頼っていてはどうしても男らしさに欠けてしまうのは、言うまでもないことかもしれません。

2.さりげない気遣いを常に示そう

20160807_02

結婚するには、とにかく優しい男になりましょう。優しい男ほど男らしさとは相反すると思われがちですが、いまどきの女性は男性が示す優しさの価値を高く評価しています。

いますぐイケメンになれと言われたら「そんな無茶な!」と思うかもしれませんが、優しく女性に接するだけなら、たとえ付け焼刃だとしてもそれほど難しくはないはずです。

仮にその優しさが付け焼刃だったとしても、それが板についてさりげない気遣いを示せるようになれば、優しさのエキスパートになるまではあともう少し。

甲斐甲斐しく彼女のお世話をするまでは行かなくとも、ヒールを履いた彼女の歩調に合わせて歩いたりするだけで、あなたの株はグンと上がるでしょう。

3.彼女が発するサインを見逃さない

20160807_03

仕事が忙しかったり、自分のことで手一杯ということもあるでしょう。そんなとき、彼女のほうも順風満帆とはとても言えない状況に身を置いているなら、いったいどうすれば良いでしょうか?

「大丈夫?」と声を掛ければ、恐らくあなたに心配を掛けたくない彼女は、「大丈夫」と答えるはず。それを鵜呑みにしてはいけません。

「大丈夫と自分で言っていたから大丈夫なんだろう」と放っておくと、いつの間にか彼女の気持ちはあなたから離れていくことになります。

男らしさをアピールするなら、「大丈夫!」と彼女が返事をしたとしてもそこで引き下がらないことが肝心です。たいていの場合、女性が発する「大丈夫」は、大丈夫ではないことの証拠です。

もしも結婚したいと望んでいるのであれば、女性が発しているサインを見逃さないようにすべきでしょう。「この人ならなんでもわかってくれる」という、女性が結婚に求める安心感を与えてあげることができるのではないでしょうか。

4.彼女の意見も進んで聞き入れる態度を示す

20160807_04

いまどき、男らしさを亭主関白と勘違いする人は少ないでしょう。しかし、自覚なしにモラハラ男になって、彼女に逃げられてしまう男性も中にはいるようです。

結婚するには男らしい態度を示す必要がありますが、横暴に振舞って良いというわけではありません。なんでも自分の思うように決めてしまうのではなく、彼女の意見も進んで聞く態度はとても大切です。

実際には、相手の意見を尊重することは、とても男らしいことなのではないでしょうか?

どんなことでも二人で話し合ってから決定するようにすれば、結婚後に二人がどんな関係を築いていくことができるか容易に想像できます。「この人とならうまくやっていけるかも」と、彼女が結婚を意識しやすくなると言えるでしょう。

5.ここぞというときは迷わず決断する

20160807_05

結婚するなら、男らしくリーダーシップを発揮してくれる男性がいいという女性もいます。

昔に比べればはるかに男女平等の社会になってきているとは言え、やはり男性にリードしてもらったほうが安心するという女性も多いのでしょう。

なにかを決定するときには、お互いの意見を出し合う関係が理想でも、最後の最後に決断するのは男性の仕事だと考えておいたほうが良いようです。

その際に、少しでも優柔不断な様子を見せないことが重要です。よくよく考えたうえでなんらかの決定を下すことは大切ですが、優柔不断な態度は彼女を不安にするだけ。

「一生この人について行こう!」と彼女に決意させるためには、ここぞというときにバシッと決断力を見せることができる男性なのではないでしょうか。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

結婚するには彼女にとって頼れる男であるべき

昔もいまも結婚の決め手は変わらない?

未婚率の上昇がみられる現在、それら未婚者の中からいち抜けするためには、自分が男であることを最大限に活かしましょう。どんなに時代が変わったとしても、結婚するには男としての特性に磨きを掛け、いつでも頼れる男であることが求められるでしょう。

アピールポイントを間違わずに、うまく男らしさをアピールすることができれば、結婚というゴールに辿り着くまであとちょっとです。

男らしさをアピールして彼女にとって魅力的な男になるためにも、アピールのタイミングをよく見計らうことは重要なのではないでしょうか。

タグ 自己PR

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。