1年以内に結婚する方法!最初に確認しておきたい5つのステップ

84
shutterstock_110099771

そろそろ婚活も本気出す!と気合いを入れるなら、目標とする期間設定も大事ですよね!1年以内に結婚する!と決めた場合には、どんなステップを踏んでいけばいいでしょうか?着実におさえていきたい5つのステップについてご紹介します。

1年以内に結婚する方法とは?

おさえておきたい大事なステップ!

婚活をするときに、目標となる期間設定はとても大切です。たとえば多くの結婚相談所では、結婚までの目標期間を1年間と設定しています。

1年後のいま、結婚している・・・なんて実感がわかないかもしれませんが、実はとんとんと進むと、初めて会ってから結婚するまでが3ヶ月〜半年ということもよくあります。

大切な5つのステップを意識して、効率よく婚活しちゃいましょう!


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

結婚する方法の具体的な5つのステップ

第1ステップ.出会う

20161102_01

まずは何をさておき、ファーストステップは「出会う」ということです!さて、ただ異性と出会えば良いというわけではありません。ここで押さえておきたいことは、次の3つの条件です。

条件1.その人には、「良い人がいれば結婚したい」と考える強い結婚願望があること

条件2.その人のことを、あなたも、「この人、なんだかいいな」と思えること

条件3.その人にも、あなたのことを、「この人、なんだかいいな」と思ってもらえること

簡単に言ってしまうと、この3つの条件が整った人と出会うことが大切です。ここさえ乗り越えてしまえば、あとはとんとんと行ってしまうくらい、大事なところです。

第2ステップ.付き合う

20161102_02

そんな3つの条件が合う相手が現れたら、お互いの特別な相手になりましょう!

告白の目安は、デート3回目〜5回目までの間です。まずは出会い、食事に行き、そして一日デートをしましょう。そして、おつきあいを始めるのです。

さて、「付き合う」と書きましたが、ここの口約束にはあまりこだわらなくて良いでしょう。特に女性の方から多くいただくお悩みのひとつに、「彼とお付き合いしているのか分かりません」というお悩みがあります。「付き合ってください」、「はい」というセリフのやりとりがあったほうが安心するかもしれません。

しかし、ここでの言葉による約束はあまり重要視しなくても良いでしょう。言ってもらったほうが安心ではありませんが、言われてないからといって傷つくこともありません。

大事なセリフのやりとりは、「結婚してください」「はい」のやりとりのほうです。大人なので、結婚を意識している男女が、おつきあい同然の関係であればそれは「お付き合い」なのです。そこはさらっといきましょう。

第3ステップ.プロポーズをする(プロポーズをされる)

20161102_03

さて、おつきあいして3ヶ月〜半年経ったら、そろそろプロポーズの段階へと進みたいですね。出会ってから1年以内に結婚と思えば、交際から10ヶ月の時点ではプロポーズへと進みたいものです。

プロポーズについては、男性は特に主導権を握りやすい部分ですので、女性をリードしてあげましょう。

プロポーズというと、指輪を用意しておいてプロポーズ・・・というイメージが一昔前に定着していますが、イメージにこだわらなくても良いのです。

ずっと一緒にいたいという気持ちを伝え、結婚しようという気持ちを誠実に伝えることが大切です。彼女はあなたの言葉を待っているかもしれません。早く安心させてあげたいですね。

また、この点も「彼からプロポーズをなかなかしてくれない」というお悩みが女性には多いですが、彼からプロポーズをしてくれないのであれば、選択肢は3つです。してくれるまで待つか、自分からするか、させるか。

私のおすすめは、ニコニコと笑顔で可愛らしく、「◯◯くん大好き!結婚しよ?」と言ってしまうことですが、そこは自分の相手のタイプを見極めながら行いましょう。

「男らしいタイプだから向うから言ってくるのを待ってみよう」とか、「優しいけど優柔不断なタイプだから、ここは私からリードしよう」とか、戦略を練りましょう。

第4ステップ. お互いの親に挨拶をする

20161102_04

プロポーズがおわれば、もうゴールまで目前です。最後の難関となるのは、お互いの両親への挨拶です。

ここがなぜ難関なのかと言うと、プロポーズ後に破局するケースとして大きい原因が、「親からの反対にあったから」ということだからです。

男性も女性も、プロポーズまでは気分が盛り上がっていますが、プロポーズのあと〜結婚までの間というのは、「マリッジブルー」になる期間でもあります。

多くの人が通る道ですが、「この人でいいのかな」、「これでいいのかな?」という、もやもやした気持ちになっているこの時期に、身内から「あんな人やめときなさいよ」なんて言われると、心が揺れてしまうのです。

そんなわけで、第4ステップは上手にこなす必要があります。

お相手の家族の好きなものを調べ、きちんと手土産を用意しましょう。男性はスーツ、女性もフォーマルな格好にしましょう。お互いの名前を呼び捨てにせず、礼をわきまえ、「こんな良い人と出会ってくれてよかった」と親御さんを安心させてあげる必要があります。男性は、帰宅後にお礼状を送ることも大切ですね。

ここまでが結婚までに立ちはだかる4つの壁です。ひとつひとつ乗り越えましょう。

最終ステップ.婚姻届を提出する

20161102_05

そして最終ステップは、婚姻届の提出です。

結婚記念日を選び、どこの役所に提出に行くか調べます。婚姻時間も教えてもらえますから、「11月22日11時22分」なんて提出の仕方もいいですね。

最近では婚姻届も、とてもおしゃれな記念に残るものも多くあります。ネットで販売されていますから、チェックしてみましょう。婚姻届を提出するにあたり、会社関係などの各手続きも抑えておきたいですね。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

1年以内に結婚するための5つのステップ

ひとつひとつ着実におさえたい!

ここまで、1年以内に結婚する方法として、最初に確認しておきたい5つのステップをご紹介してきました。1年以内に結婚するために最も大事な部分は、ファーストステップの「出会う」という部分です。

結婚願望がある相手と、お互いに良いなと思い合えること、これさえクリアすればもうこっちのものです。あとは、お付き合い、プロポーズ、両家挨拶、婚姻届の提出と、とんとんと進んでいきたいですね。

タグ 婚約

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活アドバイザー。お見合いパーティーの運営を行う中で、婚活の現場で起こる悩みや葛藤を目の当たりにした。その後、結婚相談所のカウンセラーとして就任し、月に50人以上の方の恋愛相談にのり、たくさんの方の婚活の苦しさに寄り添いながら、成婚をお手伝いしてきた。