出会いがない人が異性と出会うために必要な6つのこと

237
出会いがない

「結婚したいけどいい出会いがないんだよね」と、周りにこぼしている人がいます。もっともらしく聞こえるかもしれませんが、実は言い訳に過ぎないなんてことも。シングル脱出の近道は、とにかく異性と出会うことです。出会いがないのなら、いますぐ出会いのチャンスを作りましょう!

どうやって出会えば良いかわからない!

恋愛を後回しにしてきたツケを払う羽目になる?

恋をするにも結婚をするにも、対象となる相手がいなければ何もはじまりません。

ところが、恋もしたいしいずれは結婚だってしたいと思っている人の中にも、どうやって実行に移せばよいかわからない人たちがいるようです。

恋愛なんていつでもできると後回しにしてきた結果、気付けばまったく出会いがないなんてこともあるのでは?

婚活を成功させるには積極的に出会いを求める態度が欠かせませんが、具体的にどのようなアクションを取る必要があるのでしょうか?

出会いがないと嘆くなら挑戦すべき6つのこと

1.とにかく異性を誘ってみる

20160731_01

「軽いヤツと思われたらどうしよう?」と、異性に声を掛けられない人は多いでしょう。しかし、実際にはそんなことはただの思い過ごしに他なりません。

異性を誘って断られるのが怖いですか?もちろん、自分を受け入れてもらえないことは、辛いことかもしれません。ですが、一生独りで寂しく老後を過ごすことを思うなら、いまが「あがきどき」です。

「いつか自分に自信がついたら異性を誘おう!」と心に決めている人もいますが、手遅れにならない内に、自分磨きをしながら異性に声を掛ける器用さを身につけるべきでしょう。

2.自分をモテる人に似せてみる

20160731_02

ありのままの自分で勝負したいという人がいますが、ありのままでモテないのであれば、予定を変更する必要があるでしょう。

時間は待ってはくれません。いつかモテるようになると信じていても、いま結果が出ていないのであれば、モテ期がくるのを自分で繰り上げるべきです。

どうすればモテ期を繰り上げて、いまの出会いがない状態を打開することができるのか?

一番簡単な打開策は、異性との出会いが有り余る人の真似をしてみることです。容姿にしろ行動パターンにしろ、モテる同性からはなにかと学べることがあるはず。

「このままじゃダメだ!」と思うのであれば、いけすかないモテる同性から謙虚に学ぶ姿勢を培うようにしましょう。

3.出会いはすぐそこに!婚活サイトを活用する

20160731_03

自分で出会いの可能性を広げることに限界を感じているでしょうか?

もしもそうであれば、婚活サイトを利用してみましょう。ネットでの出会いなんてピュアな出会いにふさわしくない!断固として言語道断だなんて、時代遅れもいいとこです。

ガラケーからスマホへの切り替えが増加傾向にあるいまの時代、せっかく便利なネットが身近にあるんですから、これを賢く利用しない手はありません。

実際、婚活サイトなどネットで出会ったカップルも増えてきており、海外同様にネットでの出会いが日本でも一般的になりつつあると言えるかもしれません。

実際のところ日本でもネット婚活に積極的な方は少なくありません。まりおねっとの独自アンケート調査(337名が回答)によると、約50%の回答者は婚活サイトやアプリを実際に使ったことがあり、30%の人は使ったことはないが興味があるという結果が・・・。例えば、187万人も登録会員がいるマッチドットコムなどが人気みたいです。

4.人との関係を築ける場所に出向く

20160731_04

婚活サイトでいい出会いを探しつつ、自分の足でも出会いを探す努力をしてみてはいかがでしょうか?

「時間がない!」「コミュ障だから」を言い訳にせず、いままで時間があっても出会いを作る努力をしてこなかった自分の不甲斐なさをいまこそ回収しましょう。

婚活サイトの中には、誰もが参加しやすい雰囲気のアウトドア婚活のイベントを開催しているものもあります。

もちろん、選り好みせずにどんどん婚活イベントに参加できれば言うことはありませんが、それが難しい人であるなら、自分が参加できそうなイベントを探すようにしましょう。

5.人見知りのバリア機能を解除する

20160731_05

対人恐怖症とまでは行かなくても人見知りするタイプなら、自分と他人との間に見えない壁のようなバリアを築いてしまうこともあるのではないでしょうか?

自分が傷つかなくても良いようにバリアで防御しているつもりでも、いつまでも他人を遠ざけたままでは、たとえ婚活していたとしてもなんの効果もありません。

人を容易に近づかせないオーラを解除すれば、出会いがない人生とおさらばできる可能性は高くなるでしょう。

人見知りのバリア機能をオフにするには、聞き上手を目指すことなども助けになりますが、堂々とカミングアウトするのが一番おすすめです。

「人見知りなんです」と先に伝えておけば、多少のミスコミュニケーションや盛り上がりに欠ける点も見過ごしてもらえる可能性があります。

6.自分を変えたいなら旅に出てみる

20160731_06

初対面の人間に対して、非常に警戒心が強い日本国民。すべての人がそうだという訳ではありませんが、仕事以外で知らない人と話すことに苦手意識を感じる人もいるでしょう。

中には、一言も人と会話せずに一日を過ごすという人もいるようですが、これが習慣化してしまうと、ますます出会いがない人生を歩むことになってしまいます。

そのため、出会いのチャンスを掴みたいなら、隣人はおろか、あかの他人と会話することを恐怖とさえ考える環境から身を引いてみてはいかがでしょうか?

出会いを求めて旅に出るのも良いでしょうし、人見知りを克服するため、もしくは他人に話しかける勇気を培うために修行の旅に出るのも良いでしょう。

人との距離が近い国で過ごせば、いつかしか自然と人と会話できる自分を取り戻すことができるかもしれませんよ。

出会いがないなら即行動に!

焦りは禁物など言ってるヒマなし

「未婚じゃなくて非婚です」と言える余裕があれば別ですが、もしも出会いがないことに焦りを感じているのであれば、即なんらかのアクションを取るべきです。

待っているだけでは待ちぼうけを食らうだけのいまの時代、自分から積極的に行動できない人が夢を掴むのはとうてい無理な話です。

上記の提案をすべて実行に移せる人は少ないでしょうが、少しでも結婚したいという気持ちがあるのなら、自分ができることからはじめてみるのはいかがでしょうか?

いま婚活を頑張れないのなら、将来頑張ることはもっと難しいはず。ですから、気力も体力もまだ十分あるうちに、素敵なお相手にめぐり会えるように努力したいですね。

すぐに始められるのはネットでの婚活

出会いのチャンスを増やしたいと思った方はまずは婚活サイトを利用してみてはいかがでしょうか?例えば、先程ご紹介したマッチドットコムでは187万人も登録会員がいて、マジメな交際を考えている男性や女性が多数登録しています。

会員登録は無料なので、まずはどんな人が登録しているのか検索してみてください。

タグ 出会い

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。