もうダメ?アラフォー男女が結婚をあきらめる前にしたい6つのこと

56
shutterstock_93560818

男女ともに、アラフォーともなると「この年齢になると、もう結婚は無理かな」という気分になってきます。でもあきらめるのはまだ早い! ここでは、結婚をあきらめてしまう前にアラフォー男女が絶対やっておくべきことをご紹介します。

アラフォーだって幸せな結婚ができる!

年齢を理由に、自分に見切りをつけてしまわないで

婚活市場において、若さというものは圧倒的な強みを持つ要素であることは厳然たる事実です。その点においてアラフォー男女はいささか不利な立場にあることは否めません。

しかし、あきらめてしまってはそこで試合終了です。一度きりの人生なのだから、幸せな結婚に向けてできるだけのことをやってみませんか? 悔いのない婚活をし、幸せな結婚をつかむために必ずやっておきたいことをチェックしていきましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

アラフォーならではの強みを生かし、一発逆転を狙え!

1 NGリストに当てはまらなければ許容範囲と考える

20161109_01

アラフォー婚活では対象をいかに設定するかが非常に重要です。ハードルを上げすぎると相手を見つけにくくなりますし、対象を広げすぎると今度は選びきれなくなります。

結婚相手を探す上ではよく、「相手に求める条件を3つに絞れ」と言われます。しかしその言葉通りに「年収800万円以上、身長170cm以上、40歳以下」などという条件を掲げてしまうとどうでしょうか。

自分では高望みしているつもりはなくても、現実にはそんな人はなかなかいません。アラフォーに結婚をあきらめさせてしまう落とし穴はここにあります。

結婚相手は選び放題というわけにはいかないアラフォーの場合は、求める条件ではなく「お金使いが荒い人や女性が働くことに理解がない人はダメ」など、こういう相手は即却下というNGリストを考えるべきです。

NG項目をクリアする相手は合格とし、とりあえずお付き合いを考えるという作戦をおすすめします。

2 あきらめる前に、アラフォーこそ結婚相談所を活用すべし

20161109_02

結婚相談所なるものに拒否感をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。しかし実は結婚相談所こそ、結婚したいアラフォーの強い味方なのです。

出会いを探す際には、合コンや街コン、婚活パーティー、婚活アプリなどの気軽に利用できるサービスに目が向きがちです。ただ、低価格で利用でき気分的にも敷居の低いサービスの場合、利用者によって結婚に対する温度差にばらつきがあるのが問題です。

結婚に対する意識の違いがあるとなかなか真剣交際に発展せず、あきらめモードに陥りやすくなってしまいます。時間的にのんびり構えている余裕のないアラフォーには無駄打ちをしているヒマはありません。

その点、入会時に本人確認書類や収入証明、卒業証明書などの提出を求められる結婚相談所には本気の男女しか集まらないので、精度の高い婚活ができるというメリットがあります。

また、結婚相談所では婚活市場における自分の価値が否応なく思い知らされるので、結婚に対し現実的な視点を持てるという副次的な効果もあります。

3 がんばって自分のスペックをもう一段階上げる

20161109_03

惚れた勢いで突っ走る結婚とは異なり、大人の結婚には「スペック」というキーワードがつきものです。

優しさや誠実さなどの長所をあふれるほど内面に持っていても、プロフィールシートでチェックされるのはルックスや収入であるのが現実です。スペックが低いと、内面の良さを見てもらうところまでたどり着けすらしないのです。

男女とも、婚活市場で高評価を得るための条件はどんなものかよく理解しているはずです。女性なら見た目の良さや家事能力、男性なら見た目プラス経済力、将来性です。

若さというものはあらゆる欠点をカバーしてくれますが、アラフォーはスペックで勝負するしかありません。若さを失った分、得られたものはあるはずです。年齢で自分を卑下し結婚をあきらめてしまう前に、もう一度自分を磨く努力をしてみませんか?

ダイエットしてより美しくなる、資格を取って収入アップするなど、自分のスペックをもう一ランク高めることを考えてみましょう。

4 すでに結婚している友人と積極的に接するようにする

20161109_04

仲の良かった友達でも、シングルと既婚・子持ちといったようにライフステージが異なってくるとどうしても疎遠になってしまうものです。

その結果、よく会う友達は独身ばかりということになっていませんか? 独身同士だと何かと気楽ですし、婚活の悩みやグチを共有することもできます。

ただ、独身友達は結婚というゴールに向けたスタートラインに立っている者同士。互いの傷をなめ合いがちになり、結果としてあきらめの境地に安住してしまいがちです。

どんなに心地よくても、いつまでもぬるま湯に浸かっていては現状を変えることはできません。結婚にたどり着きたいなら、先にゴールに達している既婚友達と積極的に交流すべきです。

先輩カップルと接する中で結婚における落としどころが見えてきますし、良い人を紹介してもらうこともできるでしょう。

5 思い切って「数字」にまつわる条件を撤廃する

20161109_05

背水の陣から一発逆転でアラフォー婚を決める究極の作戦があります。それは年収・年齢・身長など数字に関する条件をすべて取り払ってしまうことです。

年収や身長は高く、年齢は若いのが一般的には望ましいのでしょうが、身長も年収も年齢はその人の内面性とは関係のないものです。婚活をあきらめたくなってしまうのは、数字の条件にとらわれるあまり先へ進めないのも一因ではないでしょうか。

ひとまず数字を忘れることで、相手を先入観のない目で見ることができるようになります。アラフォーともなるとそれなりに人生経験を積み、人を見る目も養われているはず。数字という即物的な指標に頼らず、相手の内面を正面から見つめてみませんか? 

6 自分が相手に与えられるものを考えてみる

20161109_06

アラフォー婚活ではとかく、自分が相手に求めるものばかりに目が向き、自分のほうでは相手に何を与えられるのかということを忘れがちです。一方的に求めるだけではマッチングは絶対にうまくいきません。

自分と結婚したら相手にどのようなことをしてあげられるか一度書き出してみましょう。

  • 毎日おいしい料理を作ってあげられる
  • 安定した生活の基盤を提供してあげられる
  • 相手が仕事に専念できるよう家事をがんばる etc.

書いているうちに、自分が提供できるものはそれほど多くないことに気づくかもしれません。それなら自分も相手に多くを求めることはできないということになります。自分を客観視できるようになれば、幸せなゴールインまであともう一歩です!


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

年齢であきらめない! 最後は人間力で勝負

ネガティブな風潮に流されず、自然体の婚活をしていこう

アラフォーの婚活では、自分を客観視することが成功の秘訣です。既婚の友達と積極的に交流し、情報を得ることをおすすめします。

自分が相手に求めるものだけでなく、自分のほうは結婚によって相手に何を提供できるのか一度考えてみるとよいでしょう。NGリストにあてはまらない相手はとりあえず合格とする、数字にまつわる条件を撤廃するなど、出会いの間口を広げることも大切です。

タグ 焦り

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


都内在住ローンウルフ型webライター。得意分野は人間関係やライフスタイル、カルチャー情報などなど。現在は女性向けメディアを中心に執筆中。男女の複雑な心理の綾を明快に解き明かす手腕には定評がある。