嫌われる?アピールする方法が間違っている女の7つの特徴

145
Fotolia_93439377_XS

恋に一生懸命な女性は素敵ですが、アピールする方法を一歩間違うと痛い女になってしまう恐れがあります。「頑張ってるのにモテないんだよね。」という女性たち。もしかして、アピールする方法が間違っているのかも知れませんよ?

モテる女になりたいならアピール方法の見直しから!

実は勘違いアピールが原因だった?

「彼ったら、こっちが一生懸命アピールしてるのに全然振り向いてくれないんですよ。」と嘆く女性がいるかも知れません。 

ですが、ちょっと待ってください。本当に彼はそのアピールに気付いていないのでしょうか?それとも、間違ったアピール法のため、わざと気付かないふりをしているだけなのでしょうか?

モテない女からモテる女になるためには、美容に力を入れるよりも何よりも、まずは男性へのアピール方法を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか?


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

アピールする方法が間違ってる女の7つの特徴とは?

1.セクシーさで男を落とそうとしている

My wife on the beach. The beautiful woman.
My wife on the beach. The beautiful woman. / leandrogmuller

「ほら、男ってセクシーさに弱いでしょ?」と、セクシーさを振りまこうと頑張る女性たち。はっきり言ってしまって良いのであれば、分かりやすいセクシーさに男が真のセクシーさを感じることはありません!

確かに、露出の高い服装をしている女性がいれば、視線は釘付けになってしまうかも知れません。ですがだからと言って、それがすぐに恋に結びつくかというと、実はそうでもないのではないでしょうか?

ふとした瞬間の色気が良いのであって、露出バーン!のいかにもなセクシーさは、ドン引き反応しか引き出せないのが実情です。

2.えこひいきをする

CL Society 201: Woman profile
CL Society 201: Woman profile / francisco_osorio

どうしても好きな男には、ついついえこひいきしてしまう女性もおられるでしょう。ですが、男からしてみればラッキー!と思ってそこで終了です。

そこから恋に発展する可能性は、女性が期待するほど高い訳ではありません。むしろ、自分にガツンと厳しくしてくれる女性に心引かれる男のほうが多いかも知れませんよ。

3.パーソナルスペースを軽く越えてくる

Woman portrait thick hair
Woman portrait thick hair / Helmuts Guigo

話す時の距離がすごく近い女性がいます。無意識なのか、それとも男をドキッとさせているつもりなのかは分かりませんが、パーソナルスペースを軽く越えられると、不快感を覚える男性もいることを理解しておきましょう。

逆に、お互いのパーソナルスペースを尊重できる女性は、常識のある女性として魅力的に感じます。そのような場合、男のほうから「もっと近づきたい!」という欲望が生じる場合があります。

いずれにせよ、装った無防備さには不信感しか生まれませんが、ナチュラルな無防備さにはコロッとなるのが男という生き物なのでしょう。

4.ボディータッチが多すぎる!

Women, White Pants
Women, White Pants / kohlmann.sascha

やたらめったら触ってくる女性も、間違ったアピール方法をしていると言えるでしょう。二人の距離をもっと近づけるために、もしくは異性として認識してもらうために、ボディータッチは有効だと常々言われてきました。

王道のモテテクとして有名なボディータッチ。ですが、あまりにボディータッチを頻繁にし過ぎると、女性として意識すると言うよりも、とうとう大阪のおばちゃん化してきたな、という残念な印象しか受けません。

ですから、どうしてもボディータッチをしたいのであれば、バシバシ背中を叩くようなアクションではなく、話し掛ける時などに、そっと肩に手を触れるくらいがベターでしょう。

5.変な唇をして可愛さアピール

A woman with personnality
A woman with personnality / pedrosimoes7

一時期アヒル口という、唇が筋肉痛を起こしてしまいそうな、なんとも珍妙な形態の唇をすることが流行っていました。鏡の前で一生懸命に練習した女性も多いのではないでしょうか?

また、最近では唇をハムッと噛むハム口が流行っていますね。今度は、ハム口で男心をキュンキュンさせちゃうから!と意気込んでいる女性の方もおられるかも知れません。

でも実際には、変な唇で可愛さアップというのは、男性側からするとよく分からないアピール法だったりします。

普通にしているほうが可愛いよ?と思うのですが、女性たちの美意識からすれば、へんな唇アピールは可愛い女への近道ということになっているのかも知れません。

6.会話する時はいつでもオーバーリアクション

Young woman portrait
Young woman portrait / Yuri Samoilov Photo

正直、誰かから褒められて悪い気がしたり、嬉しくならない人はいないでしょう。ですが、どんな褒め方をしても良いアピールができるという訳ではありません。実は、思った以上に褒め方も大事なんですよ。

時々、オーバーリアクション気味で褒めてくれる女性がいます。「すごい!」「カッコイイ!」「ホント?!」の連発をして、いかにもちゃんと話を聞いてくれているような雰囲気を醸し出す彼女たち。

ですが、男性側としては、馬鹿の一つ覚えではなく、もう少しつっこんだ合いの手を入れて欲しいな、と思ってしまう訳なんです。そろそろ落ち着いても良い年齢の女性であれば、もう少し落ち着いて話を聞いて欲しいな、と思ってしまう訳です。

好きな男性と会話している時に、自然とテンションが上がってしまうのは仕方のないことかも知れません。しかし、ちょっとリアクションを落ち着けてみるだけで、いい女度はグーンとアップするはずですよ。

7.サバサバ感をアピール

Young Woman (Ana Martinez) in Downtown Santo Domingo - Dominican Republic
Young Woman (Ana Martinez) in Downtown Santo Domingo - Dominican Republic / Adam Jones, Ph.D. - Global Photo Archive

「ほら、私サバサバしてるから。」とサバサバアピールをしたがる女性がいます。しかし、ほど良いサバサバ感を演出するのは、実際には恐ろしく難しいものなのではないでしょうか?

一歩アピール方法を間違うと、サバサバ感あるいい女ではなくガサツな女か、おっちゃんみたいな恐い女の人としか認識されない恐れがあります。

サバサバ感あるいい女を目指すよりも、包容力あるいい女を目指したほうが、意外と男ウケは良いかも知れませんね。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

ついついやってしまう間違ったアピールを払拭!

アピール法を変えればモテる女になれるかも?

「どうしてモテないか、自分でも分からないんです」という悩める女性の皆様、いかがでしたでしょうか?

これまで最強のモテテクと信じて行っていた行動が、実はあなたをモテなくしていたことに気付いた人もいたかもしれませんね。

今からでも遅くありません。間違ったアピール方法を払拭して、真にモテる女へと変身してしまいましょう。意外なほどすぐにモテるかも!?

タグ 失敗 焦り

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。