今度こそ幸せに!再婚で失敗しない相手探しの5つの法則

199
Pretty woman hugged by her muscular boyfriend

3組に1組が離婚するといわれている時代。いまどきバツありは珍しくありませんが、いざ再婚となるとなかなか難しいのが現実。結婚生活にまつわる良いこと悪いことも、一度結婚して知っているからこそ、再婚は失敗したくない。そんな思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は再婚で失敗しない相手探しの法則をご紹介します。

最初に「いいね」してみましょう

再婚の相手探しのコツは?結婚経験者におすすめ5つの法則

再婚だからこそ相手探しは慎重になる

離婚経験者は珍しくない時代になりました。最初の結婚は若さと勢いで出来たのに、離婚後いざ再婚となると、今までの経験や、思い出が邪魔してしまってそんなに簡単にはいきません。

子供がいたりすると、自分の都合だけでは再婚はもとより、恋愛もできないという人も実際いらっしゃるようですね。今回はそんなバツありの再婚希望者におすすめの相手探しについてご紹介したいと思います。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

再婚の相手探しに大事なこととは?

【法則その1】まずは気持ちの中で過去の精算をする

medieval woman next to fire
medieval woman next to fire / hans s

再婚相手を探す前にまずは過去の精算をしておくことをおすすめします。離婚の原因は様々。浮気や金銭問題、価値観の違いなど。また離婚の際も、円満に離婚した人もいれば、別れるのに時間がかかった人、もめた人、様々です。

しかし、共通しているのは、「結婚をして、離婚を経験した。」ということ。離婚というのは、どんなに円満であったとしても、愛した人との「別れ」です。

多少なりとも傷ついているはずですし、自分では吹っ切れているつもりでも、案外引きずっている可能性もあります。中には、離婚がトラウマになっている人もいます。

しかし「別れ」は次の「出会い」への扉です。離婚しなければ、今のあなたはいないはずですし、新しい出会いを求めていい立場になっているのです。過去は過去。これからはこれから。気持ちの中でしっかりと過去を生産することが、再婚の相手探しを楽にしてくれますよ。

【法則その2】バツがついている事を誇りに思う

タイトルなし
タイトルなし / Julio Greff

あなたは、離婚によってバツがついてしまったことを後悔していますか?また、離婚=失敗だと思っていますか?特に男性は、女性を幸せにしてあげられなかった。という思い、また、子供のいる人は子供を傷つけてしまったという思いから、離婚したことを後悔したり、失敗したと思っている人が多いようです。

しかし、果たして、離婚はいけないことでしょうか。離婚そのものはとてもパワーのいることです。自分の気持ちに正直になり、また相手の気持ちを受け入れ、何度も別れなくていい方法はないか考えて、それでもダメで、だからこそ最良の選択が離婚だったはずです。

一生懸命考えた結果が離婚だったのであれば、バツがついてしまったことを恥じる必要はありません。むしろ誇りに思ってもいいでしょう。再婚をしたいのであれば、離婚をネガティブに捉えないことが相手探しにプラスになります。

【法則その3】同じ経験をしている人を探す

woman orange
woman orange / delicategenius

再婚の相手探しの法則として、おすすめなのは「同じ経験をしている人」を探すこと。同じ離婚経験者や、シングルマザーの場合は、シングルパパなど、状況が似ている人同士なら、気持ちが分かり合える利点があります。

特に子供がいる場合は、子育ての大変さや、子供がいながらにして離婚をした気持ちなど、子供がいないとわからないことが多いのでおすすめです。相手が初婚の場合は、結婚したことがない人を相手にするため、どうしてもその間に温度差が生まれます。

いけないことではありませんが、それがネックになってしまうことも。確実に再婚の相手探しをしたいのであれば、同じ経験をしている人がおすすめですよ。

【法則その4】親の顔は一旦忘れて恋をする

Woman and Dizzy Bird
Woman and Dizzy Bird / johnynek

自分に子供がいた場合、「恋人」より「親」の顔が出てきてしまって、どうしても一人の大人として接することができなくなってしまう時があります。人にはいろいろな顔があって「仕事の顔」「親の顔」「仕事でも親でもない顔」があります。

再婚の相手探しをしている時に気をつけなくてはいけないのは「仕事でも親でもない顔」を大切にすること。そして、まずは知り合った相手に「恋」をすることを忘れないように。

初めての結婚の時も、恋をして、そして結婚を意識して、結果、結婚したはずです。親であるあなたも、恋をしてもいいのです。まずは恋愛をしっかり楽しんで、ゆっくりと再婚へ進んでいきましょう。

【法則その5】再婚条件にあまりこだわらない

couple
couple / josh.greentree

再婚の相手探しをしていると、どうしても条件を考えてしまいがちです。最初の結婚で失敗してしまった部分を、次の結婚で改善しようと思ってしまうのはわかりますが、あまり条件に縛られてしまうと、再婚の相手探しの妨げになってしまうことも。

たとえば、元旦那さんが仕事をあまりしない人だった場合、次は仕事をバリバリしている人。また、元奥さんが家事をしなかった場合、次は家庭的で料理が得意な女性、など。

失敗したくないあまり、相手探しをこうした条件で固めてしまうと、本来見るべき「相性」や「性格」に目がいかなくなってしまいます。再婚の相手探しの際は、心の目で相手を見るようにしましょう。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

再婚の相手探しも普通の恋愛と同じ

心の目で見て、ちゃんと恋をするのがポイント

いかがでしたか?離婚を経験しているとどうしても失敗したくないので、再婚の相手探しをするときに条件をつけてしまったりしがちです。また、自分自身に対しては、離婚したことをネガティブに捕らえてしまって、再婚の相手探しに積極的になれなかったりして、いざ再婚となると何かと二の足を踏んでしまいがちです。

しかし、再婚への一番の近道は、最初の結婚の時と同じく、一人の人間として恋愛をして、相手をよく知って、愛をはぐくんでいくこと。再婚の相手探しのポイントは、過去や条件に縛られることなく、ゆっくり焦らずちゃんと恋をすることです。あなたにピッタリな再婚相手はきっといるはずですよ。

タグ 失敗 婚約

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部