やっぱり面白い男はモテる!デートで彼女を笑わせる10の方法

3376
面白いオトコ

思い出して見て下さい、自分の少年時代を。小学校の頃にクラスで女の子にモテるタイプの男子生徒は主に3種類に分かれていました。顔がいい、足が速い、面白いです。その中でも面白い話が出来る男性は、大人になった女性の目から見て今でも大変魅力的に映ります。


面白い男は永遠不滅だ

彼女を逃がさないために魅力的になる努力が必要

気になったあの子とやっとデート出来た!そんな将来の奥様候補と是非とも末永く幸せに過ごしたいものです。

しかしながら、ただそう願うだけで何かのアクションをあなた自身が起こさないなら、どうでしょうか?ご想像に難くなく、悲しい恋の結末を辿る事は明らかです。

そんな悲惨な事態を避けるためにも、また彼女が「わたし、絶対にあなたから離れないから!」と思わず思ってしまう男性になるためにも、常に向上心を持ち自分の魅力を最大限に伸ばす努力をしてみましょう。

少し思い出して見て下さい、自分の少年時代を。

DSC_0661
DSC_0661 / mxmstryo

小学校の頃にクラスで女の子にモテるタイプの男子生徒は主に3タイプに分かれていなかったでしょうか?

その3タイプとは、顔がいい、足が速い、面白いです。

その中でも面白い話が出来る男性は、大人になった女性の目から見て今でも大変魅力的に映ります。

誰でも人生楽しく過ごしたいと思っているので、パートナーにするなら面白い人が一番良いに決まっています。では、彼女に一緒にいたいと思って貰える様に、まずはデートで彼女を楽しませる事から始めてみましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

デート時に自分のユーモアで彼女を楽しませてあげる10の方法

方法その1:流行のギャグは時々交えるぐらいが良い

Model of Tamori DSCN0424 2050807
Model of Tamori DSCN0424 2050807 / Ogiyoshisan

一発ギャグは時代の移り変わりが恐ろしく早いので、もしもずっと前に覚えたフレーズを今でも使用しているなら、それが自分的には史上最高に面白いギャグであったとしても、即刻封印しておいた方が良いと言えるでしょう。トレンドに敏感な女性なら、ギャグのセンスも今風にしなくてはなりません。

しかしながら、テレビを見て最新流行の一発ギャグ芸能人の持ちネタをマスターしたからと言って、得意げにデートや婚活時に女性の前でそれを頻発するのはいけません。もしもそうするなら、彼女はあなたの事を底の浅いコピー人間だと思ってしまう恐れがあります。

ですからあくまでも、トレンドに敏感である事を証拠づけるための最新の笑いというスタンスで、さりげなく会話に交える程度に収めましょう。

方法その2:空気を読む笑い

080614 会社の人の家にお邪魔してきた。
080614 会社の人の家にお邪魔してきた。 / woopsdez

笑いのセンスは人それぞれ違います。ブラックの人もいればノーマルな人もいる事でしょう。女性であるならば、毒舌系の笑いを好む人は少ないのではないでしょうか。元来の慈しみ深い女性らしい性質から、人を攻撃し虐げる様な攻めの笑いは気質に合わないという人が多いのです。

ですから、大切なのは彼女がどんな笑いが好きなのかよく知る事です。自分の持ちネタを少しずつ披露し、彼女の動向を見守りましょう。少しでも彼女の眉が曇ったら、即刻そのネタは撤回するべきです。

方法その3:ほっこりするおかんネタはテッパン

2008-11S 025
2008-11S 025 / Osamu Iwasaki

面白い家族というのは大変貴重でありがたいものです。何故ならネタ探しに困らないからですが、特におかんという生き物は、最高にユニークでソウルフルで笑わせてくれる存在です。そんな心がちょっとほっこりする面白いおかんネタを彼女に披露してあげましょう。

しかしいくら面白いからと言って、おかんネタばかり頻発するとマザコンと勘違いされますので、ご注意下さい。

方法その4:フライング笑いしないで話す

laughing eyes
laughing eyes / 2493™

人馴れしていない男性諸君によくありがちな、フライング笑い。これは絶対に止めた方が良いです。

「あのさ、この前めっちゃ面白い事があってさ・・・ぐふふふふ」。

前をよく見えてください。あまりのキモさにドン引きしている彼女がいるはずです。

話す前に話者が笑っている様では、最高のエンターテイナーにはいつまで経ってもなれません。ですから自分を制し、自分の使命は自分を笑わせる事ではなく大切な彼女を楽しませる事にある事に注意を集中しましょう。

方法その5:ほどほどの自虐ネタはやはり面白い

It Is To Laugh
It Is To Laugh / eschipul

世間は未だに草食系男子やらヌクメンやらの女性の母性に訴える男性を求めている傾向にありますが、もしもあなたが彼女の母性に訴えかけるタイプとは少し違っていたらどうしたら良いのでしょうか。

そこで使えるのが自虐ネタです。ちょっと自分を蔑むネタは、面白いという事に加えて女性の母性本能を刺激します。ちょっと自虐ネタを会話の中に入れて、彼女のハートをきゅんきゅん言わせてしまいましょう。

方法その6:ミスター・ビーンにならない

Rowan Atkinson / Mr Bean
Rowan Atkinson / Mr Bean / Jack Pearce

「ドタバタコメディ イズ デッド」です。言い換えれば、「ノーモア ミスター・ビーン」。

確かに時々観るミスター・ビーンは面白いですが、実際にあんな人が傍にいたら逃げ出したくなるでしょう。

方法その7:彼女の笑い話にも耳を傾ける

Tokyo street photography - The laughing lady
Tokyo street photography - The laughing lady / kevin dooley

彼女を楽しませなくては、との強迫観念から自分ばかりがネタを披露していませんか?

それでは二人でその場を楽しむ事にはなっていません。時々、「なんか面白い話ある?」と彼女に聞いてあげると良いでしょう。

たとえ彼女のその話が面白くなくても一緒に笑ってあげるなら、あなたの温かい人柄にメロメロになる事間違いありません。

方法その8:幼少時代の面白ネタは効く

Heiwa elementary school 平和小学校 _17
Heiwa elementary school 平和小学校 _17 / ajari

婚活中や、お付き合いしている時はお互いの事をよく知りたいと思っている時期ですが、そんな時に場の雰囲気を和めて二人の仲を一気に親密にする、幼い時に経験した面白い話をするのはとても効果的です。

ただし、下品な類の幼少時代の面白ネタは封印しておきましょう。

方法その9:出来れば友人の面白ネタは控える

always laughing.
always laughing. / melody.gates

あなたの友人があなたよりも面白いとしましょう。

しかし一体全体、それを面白おかしく彼女に伝える事にどんな利益があるでしょうか?

確かに彼女は笑ってくれるかもしれませんが、それはあなたが笑わせたのではなく、忌々しくもその友人の手柄となってしまうのです。

方法その10:トリビア風ウィットに富んだ笑いをマスターしよう

Laughing
Laughing / LaurenDaveyx

ただ面白いだけではなく、彼女に自分が知識人である事も印象付ける事が可能なウィットに富んだ笑いを提供しましょう。

気の効いたパーティージョークとまでは行かなくても、世界中のニュースの中から風代わりな面白い話や笑える話を提供できるなら、彼女のあなたを見る目が尊敬の眼差しになっている事を体感できるでしょう。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

面白い男はやっぱりモテる

常に笑顔でいて欲しいから

婚活が効を奏して、その縁あってお付き合いを始める事になった彼女にいつも幸せでいて欲しいと願うのは男性として当然の事です。しかし我々男性が彼女たちにしてあげられる事の中で一番素晴らしい事とは何でしょうか。

そう、それは笑いを提供してあげる事です。

健康を促進する笑い、暗いご時勢を乗り切るための活力となる笑い、そんな凄いパワーを秘めた笑いでいつも彼女がハッピーな気分でいられるなら、まさに男冥利に尽きると言えるのではないでしょうか。そんな、面白い男を目指してみませんか?

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


世界各地を旅する文筆家、時々翻訳家。 勝手に師匠と仰ぐ大御所作家、P.G.ウッドハウス氏を敬愛している。 いずれは師匠の様にストレスフルな職業に従事している人々や、文学をこよなく愛する人々の心を癒せる様なハートフルな文章を書ける様になりたいと思っている。