これが現実。お見合い結婚の割合はなんと○%!

1710
Fotolia_67108343_XS

「お見合い結婚」と言うと「古い」イメージを持つ方も多いかもしれません。親通しで勝手に話をつけて、実際に合うのは結婚式当日、あるいはお見合いとは形式的なもので実際には断ることができないと言った封建的な印象を持つ方も多いと思います。ですが、実はよく分析すると案外良いものでは?ということが分かってきます。


お見合い結婚はわずかに6%

恋愛結婚市場の席捲と結婚弱者の発生

最近のデータでお見合い結婚の割合を見てみましょう。お見合い結婚は約6%、一方で恋愛結婚は約87%を占めます。もう圧倒的に恋愛結婚です。1960年代にお見合い結婚と恋愛結婚の比率が逆転し、以降両者の差は広がるばかりです。

理由については当たり前のことですが、
・封建的な価値観の変化
・女性の社会進出
・地域コミュニティの衰退

などが挙げられます。要は親によって無理やり結婚させられる女性が減り、また、地域で結婚適齢の男女に結婚のお世話をするような人が減ってきたことが背景に挙げられます。

好きでもない人と無理やりくっつけられることは決して好ましいことではありませんので、この傾向は歓迎すべきでしょう。しかし、負の側面も存在します。

かつて生涯未婚率(50歳までに独身、結婚歴がない人の割合)が男女とも数%(5%未満)でしたが、現在は男性20%、女性10%まで増加しています。

このことは何を意味するかと言いますと、結婚したくない人が無理やり結婚させられる圧力が減り、独身でも生きていける世の中になったことでもありますが、かつてはお見合いで救われていた人たちが結婚できなくなっているのです。

誰でも恋愛できるスキルがあるわけではないのです。

昔はそうした人たちを救済する意味でお見合いがありましたが、現在は完全に放置され、どうすることもできないわけです。結婚したいのに相手を見つけられないのはこうした人たちです。「恋愛弱者」には非常に生きづらい世の中になりました。

お見合い結婚は6%と非常に少なくなっていますが、逆に考えるとまだ6%はお見合いで結婚しているということです。こうした現在のお見合いを取り巻く話を見ていきましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

お見合いをめぐる色々な現状

お見合い仲介人の減少

Zack Pakin Pre-Teen IT Support Whiz
Zack Pakin Pre-Teen IT Support Whiz / IntelFreePress

恋愛弱者の人が結婚したい場合、ともかくお見合いにこぎつけないといけませんが、誰でもお見合いをセッティングできるわけではありません。

近所の人や職場の上司が下手に「結婚しないの?」聞けばセクハラになる世の中です。そうなると、職業的に仲介人をしている人を探さないといけません。こうした「お見合いおばさん」の絶対数が減っています。

お見合いの数が減っている→お見合いをセッティングする数が減る→人的コネクションがなくなる・・・、の悪循環に陥っています。

そうはいっても現在でも、有償・無償は別にしてお見合いをさせることを生きがいにしている人は存在します。そうした人を見つけることができれば、お見合いをすることが可能です。

親戚など意外と近くにそうした人がいる可能性があります。探してみると良いでしょう。お世話を焼きたいと思っている人は意外と多いかもしれません。

ただ、「最近の若い人は怖い」というイメージを持っている人もいるようです。警戒感を解いてもらえるよう、真摯にお願いしてみましょう。

お見合い結婚は離婚率が低い

Wedding Photos
Wedding Photos / Katsunojiri

これは統計によって明らかです。一般的に3組に1組が離婚しますが、お見合い結婚の10%です。「好きではない人と結婚したのになぜ」と思われる方もいるかもしれませんので、その理由を以下で書きます。

・恋愛結婚の場合

相手のことが好きで好きで仕方がなくて結婚する恋愛結婚の場合、結婚時がお互いの好感度MAXと言えるでしょう。つまり、それ以降は下がることしかありません。

恋愛していた時には見えなかった(見ないようにしていた)お互いの欠点や短所が一緒に暮らしているのですから、嫌でも見えてきます。

つまり、恋愛結婚は「減点法」になります。お互い100点からどんどん減点していきますので、最終的には点数がなくなり離婚にいたるカップルも多いのです。

・お見合い結婚の場合

相手への好意が全くない状態での結婚は現在では考えられませんが、恋愛結婚に比べると好感度はそれほどでもありません。

勤務先、学歴、年収…と言った社会的ステータスを知ったうえでお見合いをするので、相手へ求めるハードルはあらかじめ一定割合はクリアしています。その後、交際をし、結婚をする中で、相手の良いところ、長所を見つけていくパターンが多くなります。

つまり、お見合い結婚は「加点法」です。最初が低くても、最終的に70点~80点になれば離婚することはありませんよね。もちろん絶対に離婚しないと言うわけではありませんが、その可能性はかなり低いものになります。

「婚活」ブームとお見合い

WEDDING 529
WEDDING 529 / The Missouri Kintner Clan

昨今の「婚活」ブームによって未婚率が大きく減少、あるいは平均結婚年齢が下がっているというデータはありません。ただ、婚活と言う言葉が認知されたことで、大手を振って結婚相手を探しています!と周囲に知られても問題なくなりました。

結婚相談所やお見合いパーティなども盛んになっています。ただ、パーティなどは自由恋愛の機会を提供するものであり、かつてお見合いによって救われていたような人たちは、やはりここでも厳しい戦いを強いられてしまいます。

しかし、結婚相談所の中には1対1の「お見合い」のセッティングまで行ってくれるところも増えてきています。「お見合いおばさん」が減少している中では、その代わりにこうした結婚相談所のサービスを利用すると良いと思います。

ただし、通常の見合いの場合、家族や親戚が「外堀」まで埋めてくれるのに対して、結婚相談所はそこまではありません。最初のお見合いをした後は、やはり本人同士の取り組みが必要になります。

結婚相談所の規模によっても違い、小さなところ、地域密着のところだとかなり懇切丁寧にお世話をしてくれるため、恋愛が苦手な人はそちらを選択すると良いでしょう。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

動かないと始まりません

婚活の多様なメニューを選択できるのが現在

「お見合いおばさん」が減っているので、かつてのように恋愛弱者でも自動的に結婚まで持って行くことができる可能性はやはり減っています。

もっと言うと、お見合いおばさんであっても結婚圧力をかけることはできなくなっています。お互いに断ることが当たり前になっていますので、「絶対に結婚できる」と言う可能性はやはり低くなっています。

でも、代わりに婚活サイトや結婚相談所が増えていますので「婚活」のステージに上がるのはそれほど難しくありません。その人によって向き、不向きがありますので、婚活サイトが合っている人もいますし、地域密着の結婚相談所が合っている人もいます。

1つだけ言えるのは、自分から行動を起こさないと、周囲がお膳立てしてくれることはないと言うことです。「お見合いおばさん」がいないか探してみることも行動の1つです。

結婚は1人だけで行うものではありません。恋愛結婚が難しそう、と自分で思ったら恥ずかしがらずに周囲の人、家族に相談してみると良いと思います。恋愛結婚ではない方法を模索する場合、現状ではこれしかないと思います。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。