ネット婚活のすすめ!プロが教えるメリットとデメリット

180
CIMG0432

東京の新宿で6月12日に行われたイベント「ネット婚活事業社5社大集合!澤口珠子新刊出版記念イベントin東京」で、著者の澤口さんが自分の実体験をもとに、ネット婚活のメリット・デメリットや活用術、さらには心構えをお話しされていました。今の女性に何が足りないのかがよくわかる大変面白いお話を皆様にもご紹介いたします。


婚活の方法は全部で10パターンある!?

澤口さんおススメの婚活方法とは?

まず、婚活には全部で10のパターンがあると、澤口さんは言っていました。それは下記のとおり、

  1. ナンパや偶然の出逢い
  2. 友人・親戚の紹介
  3. 少人数の集まりや少人数のパーティでの出逢い
  4. 大人数の集まりや大人数のパーティでの出逢い
  5. お見合いパーティでの出逢い
  6. ネットでお見合い(ネット婚活はこれ
  7. 結婚情報サービス会社、結婚相談所で見つける
  8. SNSを介して知り合う
  9. 趣味・習い事・セミナー・勉強会などでの出逢い
  10. 社内・仕事関係での出逢い

この中で、特にオススメなのはどれだと思いますか?答えは、2,3,6,9,10の5つのパターン。特にいい男を探したいのであれば、6のネット婚活が一番いいと言います。それはなぜでしょうか?

人は、どうしても自分と同等かちょっと上、ちょっと下のレベルの人としか出会わないものです。ですから、友人や親せきの紹介も、趣味や習い事などでの出会いも、社内や仕事での出会いも、同じレベルぐらいの人としか出会いません。ですが、ネット婚活では、そのレベルの垣根を簡単に超えることができます。

これまで出会ったことのない職種の人や職業の人とも、簡単に仲良くなれるそうです。さらには、

いい男=仕事命の男…つまり、時間がない男

そのため、時間を気にせずにちょっとした隙間時間で活動できるネット婚活に参加している人が多いというのです。

これは目から鱗の話ですよね!

これがネット婚活のすべて

ネット婚活のメリットとは?

CIMG0486-2
  1. いい男が多い
  2. 普段出逢えない業界職種の男性と出逢えるチャンス
  3. 効率がいい。自分のペースで空き時間に活動できる
  4. 気軽な気持ちでトライできる/電車の中でも簡単にできる
  5. 毎月かかる会費が安い(結婚相談所に比べて)
  6. 条件で好みの男性を検索できる
  7. 匿名で参加できるので個人情報が漏れにくい
  8. 直接会う前に好きなだけメールでやり取りできる

ただし、8番に関しては、あまりダラダラとメールをしていても仕方がないと澤口さんはおっしゃっていました。

メールをしあうことで、相手の品性品格を判断することはできるものの、実際に会ってみたら「違う」と感じることもあります。違うと感じてしまったら、会うまでにメールでのやり取りをしていた時間が無駄になるからです。

皆さんがもっとも大事にするべきものは「時間」。アクションするなら明日よりも今日、今日よりも昨日です。

無駄なところで時間を使ってしまってはもったいないので、もっと自分の時間を大事に考えて、なるべく早い段階で相手と会うことをオススメしていました。

ネット婚活のデメリットとは?

  1. 身分証明のみで参加できるので、既婚者の可能性がある
  2. プロフィールを詐称している可能性がある
  3. 結婚に対するモチベーションが人によって違う(とりあえず恋人がほしいだけなど)
  4. メールで盛り上がっても直接会うと違う人が多い
  5. プロフィール写真と違う
  6. 色々な人がいるので男を見る目がないと失敗する
  7. 共通の知り合いがいないのでトラブルが起きた時に不安がある

ただ、プロフィール写真と実物が違うのは、男性よりも女性の方が多いとおっしゃっていました。ですが男性側もその辺りはわかっているので、写真はしっかりと盛った方がいいそうです。

男性が詐称することが多いのは身長だそうですが、それくらいは大目に見てあげてと笑いながら話していました。

婚活で大事な自己紹介の仕方

  1. 必ず自分から先にお声がけをする
  2. 「名前」を呼ぶ
  3. 共通点を早く多く見つけること

縁というものは、循環させる必要があるそうです。そして動かすためには、まず自分が動かなければいけません。自己紹介の時も同じ。まずは自分が話しかけることで、縁を循環させていい出会いを引き寄せるのだとおっしゃっていました。

また、自分が誰かに何かを与えるような行動をすると、それが巡り巡って誰かから何かを与えられるようになるという、自然の摂理についても説明していました。

2については、例えば初めてのデートの際に、ちゃんと名前呼びができるようになることが重要だそうです。

澤口さんの場合には、デートで飲みに行く際には、乾杯をしたら「仕事ではなくプライベートなので、下の名前で呼び合いませんか?敬語で話すのもやめましょう」と言うそうです。

心の距離というものは、「言葉」でいかようにも変えることができます。砕けた口調で話せるようになるだけで、例え初対面であったとしても、相手との距離は縮まります。

ただ一つ注意点が。男の人はプライドが高く縦社会が身にしみついているので、いきなり下の名前で呼ぶのではなく、「何と呼ぶのがいいですか?」と聞くことが大事だそうです。

その後で「○○さんですね。じゃあ、私もその呼び方をさせていただきますね」というのが、ベストな回答とおっしゃっていました。

3については、ネット婚活であれば、共通の知り合いがいないので、二人で盛り上がれる話題を早く見つけることが、次のデートにつながるキーだそうです。

女はもっとずる賢く生きるべき!?

本気で結婚をしたい女子におくる言葉

婚活をしていて中々相手が見つからない人は、真面目に考えすぎているのだとおっしゃっていました。どんな男性と自分が合うのかがわからないのであれば、とにかくたくさんの男性と知り合う必要があります。

例えば、引っ越しをしたいと思っているなら、ネット婚活で不動産会社で働いている男性にアプローチをしかけます。不動産会社の人とデートをし、自分が引っ越しをしたいということを伝えて、無料で相談に乗ってもらうのもありです。

さらに、東京に住んでいる人が名古屋に旅行に行くことが決まった時には、名古屋在住の人にアプローチをしかけて、今度旅行に行くんだとメールで連絡をして、無料で観光案内をしてもらったり、美味しいご飯を奢ってもらったりするのもありだそうです。

それぐらいの気楽な気持ちで、婚活をしながらたくさんの男の人と出会うのが、結婚への近道とおっしゃっていました。

そして講義の最後に、イベントに来ていた女性たちに喝を入れていました。

ネットもリアルも同じ。
30歳過ぎたら受身は卒業!
ネットはあくまで出会いのきっかけに過ぎません。
最後は自分の人を見る目しだい。

だそうです。さらに秋までにネット婚活で彼氏を作ってくださいと言っていました。

目安は1か月で10人の男性に会い、3か月で30人の男性と会えば、1人ぐらいは彼氏にしたい人が現れると言っていました。

これからの女性は、図太くほしいものを手に入れていくハンター精神が、何よりも必要のようですよ。

澤口珠子さんについてもっと知りたい方

澤口珠子さんについてもっと知りたい方は以下のサイトへどうぞ。婚活の参考になるコラムや動画が多数あります!
澤口珠子オフィシャルサイト

タグ サイト

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部